東宝株式会社

東宝株式会社(トウホウ)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

東宝株式会社

【放送|不動産】

東宝は「朗らかに、清く正しく美しく」をモットーに、映画、アニメ、演劇、不動産を事業の4本柱としています。
映画では多数の人気作を製作(プロデュース)・配給、
アニメは「スパイファミリー」等のテレビアニメ化をプロデュース、
演劇は帝国劇場とシアタークリエを直営で運営し「レ・ミゼラブル」等を製作・上演、
不動産では新宿東宝ビル等、街のランドマークとなるビルを所有・管理をしています。

すべての仕事において「企画」の力が大切だと考え、飽くなき向上心を持って成長を続けています。エンタテインメントを通じてお客様の心を揺さぶり感情を豊かにすることが私たちの使命です。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • シェアNo.1サービスあり

  • 安定した顧客基盤

私たちの魅力

事業内容
東宝の事業の4本柱「映画・アニメ・演劇・不動産」

◆1.映画
【企画・製作】
実写映画や長編アニメーション映画の企画、立案並びに総合プロデュースを行う

【配給】
全国の映画館に上映交渉(営業)を行う

【宣伝】
作品の存在を広く世間に知らせながら、同時にその作品ならではの魅力を最高の形で伝える

【2次利用】
Blu-ray及びDVDの販促、TV局や配信プラットフォームへの番組販売、海外展開など、映画・映像作品の権利を使用したビジネス最大化を行う


◆2.アニメ
「TOHO animation」は、2022年10月、レーベルから部門になりました。

【企画・製作】
-アニメ-
映画・TVシリーズアニメの企画・製作を行う
-ゲーム-
「TOHO Games」というレーベルで、スマートフォンゲームを中心にゲームの企画・開発・運営を行う

【宣伝】
-アニメ-
「TOHO animation」TVシリーズアニメのポスタービジュアル、PV制作などクリエイティブな業務をはじめ、イベントの企画・運営など世界を視野に入れた多角的な宣伝を行う
-ゲーム-
「TOHO Games」が運営するゲームのKPI 設定から各種宣伝(SNS、イベント、パブリシティ等)まで、マーケティング・プロモーション全般を行う


◆3.演劇
【企画・製作】
東宝演劇ではミュージカルからストレートプレイまで、幅広いジャンルの作品を企画、プロデュースする

【宣伝】
東宝演劇を広くお客様に知って頂き、チケットを購入して頂くために、作品の魅力を伝える宣伝を行う

【劇場営業】
100年を越える歴史と伝統を誇る「帝国劇場」と、新しい挑戦を続ける「シアタークリエ」の2か所の直営劇場にて、チケット券売戦略やリピーター施策立案といった営業活動のほか、自ら接客も行う

【2次利用】
作品に関連したグッズやパンフレット、ビデオパッケージを制作する商品諸事業のほか、直営劇場ではない全国各地の外部劇場にて、東宝演劇を全国のお客様に届ける試みを行う


◆4.不動産
日比谷シャンテ、新宿東宝ビルをはじめ、全国に好立地、高稼働な物件を120以上所有し安定した利益を得ています。
直営の「日比谷シャンテ」では年に2回開催される「シャンテバザール」の販促統括も行います。
また、エンタメ事業を行い自社でIPを持っているからこそ、新宿東宝ビルに巨大ゴジラを建設し、観光名所化による街への集客といった「不動産」×「エンタメ」の事業展開を行うことができます。

企業理念
朗らかに、清く正しく美しく

東宝グループの経営理念
当社の創業者である小林一三の経営理念に基づき、我々は以下を定めます。

●パーパス:健全な娯楽を広く大衆に提供すること
●バリュー:我々の享くる幸福はお客様の賜物なり
●モットー:朗らかに、清く正しく美しく

創業者小林一三の「原点」からブレずに、まっすぐに。
事業の4本柱である「映画・アニメ・演劇・不動産」の全ての事業において、公明正大な事業活動に取り組むと共に常にお客様の目線に立ち、世の中に夢や感動、喜びをもたらす最高のエンタテインメントを提供し続ける企業集団でありたいと考えています。

ビジョン/ミッション
TOHO VISION 2032

当社は、「TOHO VISION 2032 東宝グループ 経営戦略」として、「長期ビジョン2032」及び「中期経営計画2025(FY2023-2025)」を策定いたしました。
創立100周年の2032年をターゲットに、「既存事業基盤の拡充」「人材・組織の強化」「サステナビリティ経営の推進」をベースに、M&Aを活用しながら成長戦略を実行します。

●長期ビジョンに向けた3つの重要ポイント
1,成長に向けた投資を推進
2,人材の確保・育成に注力
3,アニメ事業を「第4の柱」に

●成長戦略の4つのキーワード
1,企画&IPの創出と展開
2,アニメーション事業の拡大
3,デジタルの活用
4,海外市場の開拓

これらのビジョンは、1つの事業で実現させるものではありません。
映画、アニメ、演劇、不動産、コーポレート、それぞれが相互作用することにより、ビジョンの実現を目指します。

私たちの仕事

「Entertainment for You 世界中のお客様に感動を」
このコーポレートスローガンを実現させることが私たちの仕事です。

●どれか1つの事業で実現させるものではありません
4つの柱それぞれがこのスローガン実現に向かい、更にはそれぞれが相互作用することにより、
より大きな「感動」を「世界中のお客様」に届けます。

●自己満足な製作ではありません
自分たちだけが楽しい、満足な作品を製作するのではなく、あくまでその先で待っている「世界中のお客様」に「感動」してもらえる製作を行います。

●作品に詳しい必要はありません
一部の人しか楽しめない作品はヒットしません。我々はあくまで広く大衆が「感動」できる作品製作を目指しているため、様々な価値観の人で意見交換します。

はたらく環境

組織の特徴
成長を引き出す人事制度

入社後2年の間に営業系部門・管理系部門・劇場部門・グループ会社のうち2部門を1年ずつ経験する「ローテーション人事制度」を採用。2年間かけて多様な職務経験を積み、広い視野を養います。

社風
少人数でアットホーム

社員同士の顔と名前が一致する比較的少人数の組織ということもあり、アットホームな社風です。映画・演劇を扱う職場のため、日頃からアンテナを広げてエンタテインメントを楽しんでいる社員が多く、最近注目している作品やアーティストの話で盛り上がることも多いです。

オフィス紹介
オフィス外観

本社オフィス外観

職場の雰囲気
オフィス内観

本社オフィス内観

企業概要

創業/設立 設立1932年8月
本社所在地 東京都千代田区有楽町1-2-2
代表者 松岡 宏泰
資本金 103億5,584万円(2022年5月現在)
売上高 連結 2,283億6,700万円
(2022 年 2 月期)
従業員数 352名 (2022年05月現在) 
子会社・関連会社 TOHOシネマズ(株)、TOHOスタジオ(株)、東宝東和(株)、東宝芸能(株)、
東和ピクチャーズ(株)、(株)東宝ステラ、TOHOマーケティング(株)ほか
事業所 本社:東京、スタジオ:東京(成城)、
直営演劇劇場:帝国劇場、シアタークリエ
海外:ロサンゼルス、ニューヨーク
沿革 1932年
(株)東京宝塚劇場設立

1943年
(株)ピーシーエル映画製作所などを前身とする東宝映画(株)と合併、映画の製作、配給、興行および演劇興行の総合的一貫経営を行うこととなり、社名を東宝(株)に改称

1954年
「ゴジラ」公開(「ゴジラ」シリーズ第1作)
「七人の侍」公開

1966年
新・帝国劇場開場

1980年
ナビオ阪急(現・HEPナビオ)竣工
「ドラえもん のび太の恐竜」公開(「ドラえもん」シリーズ第1作)
「影武者」カンヌ国際映画祭パルムドール受賞

1984年
第1回東宝シンデレラ誕生(沢口靖子)
有楽町センタービル(有楽町マリオン)竣工

1987年
「レ・ミゼラブル」日本初演

1997年
「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」公開(「名探偵コナン」シリーズ第1作)
「もののけ姫」公開

1998年
米トライスター版「GODZILLA」全米で公開
「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」公開(ポケモンシリーズ第1作)

2000年
東宝版「エリザベート」初演(帝国劇場)
「MILLENNIUM SHOCK」上演(帝国劇場)
旧・東京宝塚劇場跡地に東京宝塚ビル竣工

2001年
「千と千尋の神隠し」公開

2003年
ヴァージン・シネマズ・ジャパン(株)を買収し、TOHOシネマズ(株)に社名変更

2007年
東宝シアタークリエビル竣工/シアタークリエ 開場

2015年
新宿東宝ビル竣工

2016年
「シン・ゴジラ」公開
「君の名は。」公開

2017年
東宝不動産株式会社を合併

2019年
「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」公開

2020年
「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」公開

採用連絡先

〒100-8415 
東京都千代田区有楽町1-2-2 
東宝株式会社 
人事部 人材開発室 人材開発課

現在新型コロナウィルス感染拡大防止のため在宅勤務を推奨しております。
個別のお問い合わせは当社HP「お問い合わせ」よりご連絡ください。
https://faq.toho.co.jp/hc/ja/requests/new?s=360002682331