大成建設株式会社

大成建設株式会社の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

東証 名証

大成建設株式会社

【建設|設計|不動産】

先輩情報

末田 優子(2009年入社)

作業所業務推進センター 業務推進室  

職種 建築土木企画・設計
   
出身学部 理工学研究科 海洋建築工学専攻
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

作業所業務の効率化を図ること

  •  建設業界全体の課題として、作業所における長時間労働が挙げられます。大成建設は先行して工事現場の生産性向上・作業の効率化に取り組んでおり、私が現在所属する作業所業務推進センター業務推進室は、その先頭に立つ部署です。
     主な仕事内容は、全国の作業所の抱える課題を検討し、集約可能な業務を代行して行い、作業所業務の効率化を図ることです。現場の担当者と密に連携を取りながら、仮設計画や工事計画の立案、工程検証、工事計画図の作成、施工計画書の作成などを行っています。
     作業所の作業は効率化することが難しい部分もありますが、働き方改革も進めており、働きやすい風土が徐々にできてきています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    大きなプロジェクトの現場監督を目指して

     就職活動中に大成建設の現場見学に伺い、そこでスケールの大きな仕事を目の当たりにし、将来は大きなプロジェクトの現場監督になりたいと強く憧れたことがきっかけです。
     また当時はまだ少なかった施工管理の女性社員を、積極的に採用していたのが大成建設でした。加えて、リクルーターの方が親身になって相談に乗ってくださり、現場の様々な話をざっくばらんにしていただいたのが最終的な決め手でした。

  • 仕事のやりがいは・・・

    技術者として成長すること

     建物ができるとともに、技術者としても成長できるところにやりがいを感じます。完成までにたくさんの人の手や技術、想いが加わり、ひとつの建築物を成しています。
     大成建設の仕事は規模が大きく、より多くの人と関わることができるため、得られる知識・技術も比例して大きくなります。そうした人たちの想いと技術に触れ、絆が深まる瞬間は代えがたい財産となります。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • リーダーシップを発揮できる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • モノつくりをする仕事