大成建設株式会社

大成建設株式会社の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

東証 名証

大成建設株式会社

【建設|設計|不動産】

先輩情報

稲田 健司(2020年入社)

建築本部 機械技術室  

職種 施工管理
   
出身学部 工学研究科 機械工学専攻
専攻分野 機械系

インタビュー

工事進捗度の要となるインフラを担う

  •  機械創造エンジニアは、プロジェクトに欠かすことのできないタワークレーンや、工事用エレベーターといった建設機械の組立・解体作業の事前準備や作業調整、組立後の労働基準監督署検査における対応などを行います。
     私が今所属している部署は、全国の建築現場で使用されるタワークレーンと工事用エレベーターなどの大型機械を総括する役割を担っています。若手社員は担当現場が割り振られ、私は再開発の作業所と庁舎建設の作業所2件を担当していますが、タワークレーンも工事用エレベーターも工事の進捗スピードに大きく関わる重要なインフラであり、担当者として責任感を持って取り組むことを意識しています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    ゼネコンならではの大規模なものづくり

     大学院で機械工学を専攻していたため、就職活動の初めはメーカーを目指していましたが、国立競技場の建設を目の当たりにしていたこともあり、大成建設のインターンシップに参加してみました。初めて工事現場に入ってみると、メーカーでは携わることのできない規模のものづくりが行われていることを知り、建設業を志望するようになりました。大成建設は同業他社に比べ、機械系社員が多くないのですが、その分若手のうちから重要な案件に携われるだろうと感じ、入社を決めました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    自らの計画が形となった光景

     タワークレーンと工事用エレベーターは、どちらも工事における重要なインフラ設備ですので、欠かすことができません。
     現場内における多岐にわたる作業調整や、労働基準監督署による検査対応など、緊張の糸が張り詰めている時間も多いのですが、諦めることなくやり遂げ、機械が無事に稼働している光景を見ると、大きな達成感とやりがいを感じます。これは他業界の機械系社員では味わうことのできない醍醐味だと思います。

仕事の特徴

  • リーダーシップを発揮できる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 若いうちからマネジメントできる仕事