新卒学生のためのインターンシップ・採用情報サイト

    ログイン/会員登録

    ログイン/会員登録をして、企業からのメッセージやキャリタス就活からのお役立ち情報を受け取ろう!

    東京都テレビ・放送

    株式会社TBSテレビ

    • 4.17
    • 3,738 フォロワー
    企業データ
    資本金: 1億円(TBSホールディングス100%出資)
    株式上場: 非上場
    受付状況

    本選考エントリー受付中

    すべて見る

    インターン・キャリア受付中

    すべて見る

    放送の枠を超え
    コンテンツを無限に拡げよう
    あらゆる「最高の“時”」へ

    目次

    私たちの事業

    最高の”時”で、明日の世界を作る。

    TBSテレビは「さまざまなフィールドで心揺さぶる時を届け、社会を動かす起点となること」を目指しています。報道機関として強い責任感を持ち、時代を超えて世界の人々に愛されるコンテンツとサービスを創りだし、多様な価値観が尊重され、希望にあふれる社会の実現に貢献していきます。

    私たちの特徴

    事業・商品の特徴

    「最高の“時”」にいつもTBSコンテンツがある

    我々の最大の武器は“コンテンツ創造”の力。それは時代がどう動こうとも変わらない。
    メディア環境が激変していく中でも我々は今まで以上に人々の“信頼”に応え、心や生活を豊かにする素晴らしいコンテンツを“創り”、さらに放送の枠を超えて“拡げる”。
    「心揺さぶるもの」すべてをコンテンツと定義し、その価値を最大化する。
    メディアグループからコンテンツグループへ。
    「最高の“時”」にいつもTBSコンテンツがある

    職場の雰囲気

    「心揺さぶるもの」すべてをコンテンツに

    TBSテレビにはコンテンツを発信する役割と、報道機関としての役割があります。デジタルデバイスの普及やインターネットサービスの発展で、膨大な量のコンテンツや情報が、様々な形で発信されています。その中で、TBSテレビだからこそ伝えられるものを常に意識しながら仕事をしていかなくてはなりません。
     また、コンテンツといっても映像だけに限らず「心揺さぶるもの」すべてをコンテンツと定義し、今まで以上に人々の信頼に応え、心や生活を豊かにする素晴らしいコンテンツとは何か、TBSテレビとしての付加価値をどのようにつけていくのか。日々模索しながらコンテンツを制作しています。
     さらに、コンテンツをつくるだけでなく、それをデジタルの力でより多くの人に見てもらい、ビジネス化することもテレビ局にとって重要な仕事です。
     テレビ局の役割を踏まえつつ、新しいことに貪欲にチャレンジし、多様化する世の中の声に応える真摯な姿勢で、魅力あるコンテンツをつくり、拡げていくべく、全社員が日々奮闘しています。

    事業戦略

    60年の節目を迎え、さらに「その先へ」

    TBSテレビは、2015年にテレビ放送開始から60年の節目を迎え
    現在、さらに「その先へ」と着実に歩みを続けています。

    バラエティ・情報番組では「ラヴィット!」「水曜日のダウンタウン」「マツコの知らない世界」などオリジナリティある斬り口で、高い支持を獲得しています。
    ドラマでは、2022年度も「クロサギ」「ユニコーンに乗って」など多くの視聴者から共感と支持を得る番組を制作しています。
    ベルト番組では「THE TIME,」や「ひるおび」など世の中の「今」をわかりやすく伝える番組作りが好評です。
    「Nスタ」「NEWS23」は取材力と多様性のある報道で信頼を得ています。報道・情報系では、「サンデーモーニング」をはじめ、調査報道で他を圧倒する「報道特集」、1週間のニュースをわかりやすく伝える「新情報7DAYSニュースキャスター」、さらには「サンデージャポン」「王様のブランチ」や「アッコにおまかせ」など、様々なジャンルで視聴者の皆さんに信頼され、愛される番組を作り続けています。「世界陸上」など、世界的なスポーツイベントの放送にも力を入れています。

    一方、TBSテレビは常に新しいことにも挑戦し続けています。大型スポーツエンターテイメント番組「SASUKE」の海外販売は、およそ160の国と地域で展開中です。事業部門では、東京・豊洲に新劇場「ステージアラウンド東京」を展開。客席が360度回転する、世界で2番目の斬新な仕掛けが話題を呼んでいます。また、TBS開局70周年を記念して、世界中で大ヒット上演中の舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』をTBS赤坂ACTシアターで上演。ロンドン、ニューヨークなどでロングラン中の本公演が、アジア圏で上演されるのは初めてのことです。さらに、赤坂に新たなエンタテインメント施設や、最先端の文化発信機能を拡充し、赤坂を「世界最高の感動体験を届ける街にする」、赤坂エンタテインメント・シティ構想も進行中です。

    私達は長年培われたTBSテレビの伝統を受け継ぎつつ、常に時代の風を感じ、先を目指し、未来へつなぐ放送局であり続けたいと考えています。

    私たちの仕事

    仕事内容

    心や生活を豊かにするコンテンツとは何か、TBSテレビとしての付加価値をどのようにつけていくのか。
    日々模索しながらコンテンツを制作しています。また、コンテンツをつくるだけでなく、それをデジタルの力でより多くの人に見てもらい、ビジネス化することもテレビ局にとって重要な仕事です。
    多様化する世の中の声に応える真摯な姿勢で、魅力あるコンテンツをつくり、拡げていく、そんな仕事をしていただきたいと思っています。

    福利厚生・研修・社内制度

    福利厚生・社内制度

    社会保険完備(雇用・健康・労災・厚生年金)、健康保険組合、住宅融資制度、厚生会貸付金制度、財形貯蓄制度、持株会制度、慶弔見舞金制度、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)、社内診療所、社員食堂、保養所(箱根・下田・赤倉・山中湖)、産前・産後休暇制度、育児・介護支援など

    研修制度

    TBSグループには、働くすべての人間に開かれた「学び」の場所があります。社内外の各種講座、eラーニング、他社との合同研修など、仕事をしながら学べる環境があります。

    自己啓発支援

    ・資格取得のための助成制度あり

    メンター制度

    ・先輩社員が新入社員をサポートする制度あり

    キャリアコンサルティング制度

    ・人事担当者とのキャリア面談を実施

    職場環境

    • 育児休業取得者数/対象者

      男性:取得者6名(対象者32名)
      女性:取得者16名(対象者16名)

    最終更新日:

    社員について

    • 新卒採用者数の男女別人数(過去3年間)

      2022年度:男性22名、女性11名
      2021年度:男性20名、女性11名
      2020年度:男性21名、女性14名

    最終更新日:

    会社概要

    創業/設立 設立2000年3月21日
    本社所在地1 〒107-8006
    東京都港区赤坂5丁目3番6号MAP
    事業所 本社
    代表者 代表取締役社長 佐々木 卓
    資本金 1億円(TBSホールディングス100%出資)
    従業員数 1173名(2022年3月現在)
    上場区分 非上場
    LINE QRコード

    QRコードでLINEの友だちを追加

    LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン
    >[QRコード]をタップして、コードをスキャンしてください。