新卒学生のためのインターンシップ・採用情報サイト

    ログイン/会員登録

    ログイン/会員登録をして、企業からのメッセージやキャリタス就活からのお役立ち情報を受け取ろう!

    茨城県パチンコ・パチスロ|フードサービス|アミューズメントパーク

    株式会社ジョイパック(ビックマーチ)

    • -
    • 173 フォロワー
    企業データ

    私がジョイパックに入社した理由 私がジョイパックに入社した理由

    • ホールスタッフ

      権平 香穏[2023年4月入社]

      権平 香穏

      大学生の時、アルバイトとして働いたことがきっかけです。パチンコ店に入るのも初めてで、最初はとてもドキドキしました。ですが、社員・アルバイトの方、みなさん元気がよく、積極的に話しかけていただき、とても楽しく仕事ができました。明るいスタッフと関わりながら仕事に熱中していく中で、「この会社なら明るく元気で働ける」と思い入社を決めました。

      権平 香穏
      interview01

      入社してからは想像以上に奥が深いと思いました。主な仕事は、台の清掃、台のトラブル解消、接客になります。加えてアルバイトの教育・台の発注・管理なども行います。機械トラブルの対応なども学べ、知識が身につくことに楽しさを感じます。知らないことがまだまだあり、奥深さがこの仕事の魅力です。

    • SSスーパーバイザー

      出口 拓弥[2011年4月入社]

      出口 拓弥

      アルバイトで1年半働いて、当時のマネージャーに声をかけていただき社員として働くことになりました。入社の決め手は「人」です。同年代が多かったというのもありますが、話は合うし社内の雰囲気も明るい。でも「やるときはやる」っていう厳しさもあって、仕事に対してはとことん熱い。そんな「厳しくて熱い」人間関係が心地良かったです。
      入社から10年以上が経ちましたが、今でもジョイパックの魅力は「人」だと自信を持って言えます。

      出口 拓弥
      interview02
    • ストアマネージャー

      小澤 優太[2010年4月入社]

      小澤 優太

      学生の頃、車が大好きで車体の購入やカスタマイズ費用の為にアルバイトを始めたのがジョイパックとの出会いです。就活の第一志望は整備士。でも父親に「好きなことと仕事は違う」と言われ、将来について考え始めましたが、何をしたいか決まらない日々。そんなときに当時の店長に「社員としてやってみないか」と誘っていただき正社員として入社を決めました。長くアルバイトもやっていたので「まぁ、仕事は簡単にできる」と思っていたのですが…。

      小澤 優太
      interview01
    • 人事課長補佐

      石引 美春[2003年4月入社]

      石引 美春

      就職活動をしている時は、アパレルだったり教育関係だったり、業種を問わずに探していました。会社の説明会では眠くなったりするところもあった中、ジョイパックは説明会も楽しかったんです。それで、楽しく笑顔で働けそうだな、と思ったのが選んだ決め手です。正直なところ、親の反対はあったのですが、自分の選択を貫きました。その時の判断は間違っていなかったと今も思っていますし、親も今は「いい所に就職して良かったね」と言ってくれています。

      石引 美春
      interview02
    • 営業部部長

      沈 徳普[1996年4月入社]

      沈 徳普

      「地元を離れてみたい」という理由だけで、高校卒業のときに生まれ育った茨城県を出て、新潟県のパチンコホールに就職しました。この業界のことは小さい頃から好きでした。子どもながらに外から店舗を見ていてキラキラしているし華やかで憧れがあったのだと思います。4年ほど働いた頃に「茨城県に面白いパチンコ店がある」という噂を聞き、オープニングスタッフに応募をしたのがジョイパックとの出会いで「ここでやれるところまでやる」と決意しました!

      沈 徳普
      interview01
    • 海外飲食事業 インドネシア責任者

      向田 裕[2003年4月入社]

      向田 裕

      旅行が好きで就活時期は旅行関係の仕事ばかりを受けていました。でも「好きなことを仕事にしたら『好き』って気持ちは変わらずに続くのかな」という心配もありました。だから「1社ぐらいは地元の別業種の企業を受けてみよう」と思って面接に行ったのがジョイパックでした。そんな私がここへの入社を決めたのは「雰囲気の良さ」です。面接時の社員の表情や会話の温度感、面接後の懇談会での空気の良さ。「ここだったら仕事を楽しめる」と思い入社しました。

      向田 裕
      interview02
    • ホテル事業 支配人

      塚本 貴之[1994年4月入社]

      塚本 貴之

      アミューズメント業界に興味があって、地元で通える会社を探したのが、私とジョイパックとの出会いです。入社してすぐは本社勤務となり、売上の管理や広告戦略、店舗展開戦略などを間近で学ばせてもらいました。その後、店舗勤務となり、新規店舗の立ち上げなどにも関わりました。もともとパチンコ・スロットの遊技経験があった私にとっては、入社して全く別の角度から業界を見ることが出来て、新鮮で刺激的な経験だったと感じています。

      塚本 貴之
      interview01
    採用情報はこちら