2025年卒以降|新卒学生のためのインターンシップ・就活準備サイト

    ログイン/会員登録

    ログイン/会員登録をして、企業からのメッセージやキャリタス就活からのお役立ち情報を受け取ろう!

    東京都警察

    警視庁

    • -
    • 1,376 フォロワー
    企業データ
    株式上場: 非上場

    私たちの使命。それは首都東京の「安全・安心」を守ることです。

    目次

    私たちの事業

    街とともに。人とともに。

    日本の政治と経済の中枢であり、膨大な情報と文化の発信基地として進化し続ける日本の首都東京。この街とそこに暮らす人々の安全と安心を守ることが私たち警視庁職員の仕事です。
    初めは、ただ「誰かのために」という思いがあれば十分です。ぜひ、警視庁の仕事を知ってください!

    私たちの特徴

    ビジョン/ミッション

    仕事と人生に誇りを。

    1400万人が暮らす首都・東京。警視庁は、
    日本一大きなフィールドの安全・安心を守り続けている。

    重大な事件や事故を未然に防ぐために。
    助けを求める人々を救うために。
    被害者の平穏な日常を取り戻すために。

    人々が前を向いて生きられるよう
    一人一人の思いに全力で応える。
    それが、私たちの使命だ。

    日本最大の警察組織の中で
    自らの個性や能力を生かして
    様々な分野のプロフェッショナルとして
    人々のために力を発揮する。
    その仕事は、人生の誇りになる。

    誰かのために、そして自分のために。
    本気で打ち込める仕事がここにある。

    キャリアに関する社内制度

    誰かのために、自分のために。

    警視庁警察官・警察行政職員になると、その第一歩として、まずは警察学校に入校します。
    卒業後は、警察官の場合、警察署に配属となります。地域課での交番勤務から第一線での仕事をスタートさせ、その後、希望、適性、能力等に応じて、刑事、白バイ、SPといった各専門分野で仕事の幅を広げていくことになります。
    警察行政職員の場合、警察署や警視庁本部に配属となり、警察事務のプロフェッショナルとして、または、それぞれが学んできた専門スキルを活かして活躍します。警視庁には、皆さんの無限の可能性を試すことができる大きなステージがあります。

    組織の特徴

    首都を守る警視庁だからこそできる仕事

    天皇陛下・皇族、国内外の要人の警衛警護を行う警備部、国際テロやサイバー攻撃に対応する公安部、犯罪組織による事件を担当する組織犯罪対策部など、警視庁でしかできない仕事が多くあります。また、人身安全関連事案総合対策本部や犯罪抑止対策本部など、組織の大きさを生かした柔軟な体制で新しい事案に取り組み、時代とともに進み続けています。
    また、世界中が注目する国際的な競技大会や、主要会議、その他イベントなどにおけるテロや事故を未然に防ぐ警備活動を担うのも警視庁の重要な任務です。また、主要国首脳会議(サミット)など大規模な警備が必要となる場合は、機動隊やSPといった専門集団を開催地に派遣し、その警備に従事します。

    写真からわかる私たちの会社

    私たちの仕事

    仕事内容

    私たち警視庁警察官・警察行政職員は、犯罪の抑止、事件捜査、組織犯罪への対応、交通違反の指導取締り、国会など重要施設の警戒警備など、首都東京の安全・安心を守る活動を行っています。

    【地域警察】
    交番やパトカー勤務を通じて、地域社会に密着し、人々に最も身近な存在として活動しています。パトロールによる犯罪の検挙・抑止や事件発生時の初動警察活動、交番での地理案内や相談受付などを行います。

    【交通警察】
    交通違反の指導取締りをはじめ、交通事故・事件の捜査や交通ルール・マナーを指導する安全教育、交通規制や交通情報の提供による交通管制などを通じ、安全で快適な交通社会の実現を目指します。

    【刑事警察】
    殺人やオレオレ詐欺などの特殊詐欺、ひったくり、空き巣などの事件捜査や事件解決の手掛かりとなる証拠を収集する鑑識など、犯罪捜査の最前線で活躍し、犯人の検挙にあたります。

    【生活安全警察】
    都民の身近で発生し、生活に影響を及ぼすヤミ金やサイバー犯罪などの事件捜査、少年の非行防止と健全育成、都民からの各種相談対応にも積極的に取り組み、人々が安心して暮らせる社会づくりを推進しています。

    【組織犯罪対策】
    暴力団や国際犯罪組織、銃器・薬物密売グループなど、不正・不当な利益をむさぼり、急速に治安を悪化させている犯罪組織の壊滅を図っています。組織の構成員の検挙や犯罪収益の剥奪など総合的な取締りを行っています。

    【警備警察】
    国会など重要施設の警戒警備や警衛・要人警護のほか、災害救助や国際テロ対策など、様々な脅威から人々を守るため機動隊やSPなどが、専門的スキルを発揮して活動しています。

    【事務職員】
    民間企業でいう総務、経理部門の役割を担います。警察署では警務や会計といった部署に、本部では総務部ほか各部署に配属され、企画・経理・予算管理・情報管理・広報などの事務を担当し、東京の治安維持に貢献しています。

    【技術職員】
    警察施設の建築・機械・電気・土木、通訳、心理カウンセラー、ヘリコプター点検・整備、科学捜査研究所での鑑定など技術、知識を活かした専門的な仕事に従事します。

    福利厚生・研修・社内制度

    • 海外研修制度あり
    • 資格取得支援制度あり

    福利厚生・社内制度

    【住居】
    単身寮、家族住宅あり
    【金融機関】
    職員のための「警視庁職員信用組合」による住宅資金・教育資金等の融資
    【保養施設】
    警察共済組合直営の宿泊施設「グランドアーク半蔵門」、直営の保養施設(奥多摩)、この他全国各地に100以上の宿泊施設あり
    【病院】
    最新の医療設備を備えた職域病院「東京警察病院」(東京都中野区)
    【レクリエーションクラブ】
    各種レクリエーション・クラブ活動を助成

    研修制度

    警察官・職員が確実にステップアップできるように、様々な教養を行っています。知識・技能を修得するために、警察学校や本部・各所属における研修はもちろん、部外の教育訓練施設でも多種多様な研修を用意し、スキルアップをサポートしています。
    【学校教養】
    初任教養、専科教養(刑事任用科、警護専科など)など
    【職場教養】
    白バイ乗務員養成講習、鑑識実務研修、情報リテラシー研修など
    【その他の教養(部外研修など)】
    外国語委託研修、企業研修など

    自己啓発支援

    「仕事に役立つ資格を取得したい」「大型特殊、小型船舶、大型自動車の免許を取得したい」など、自己啓発をサポートすることを目的とした資格取得支援をしており、提携する資格学校、語学学校、自動車教習所などを割引料金で利用することができます。また、仕事をする上で必要なスキルを身に付けることを目的とした自己啓発講座を年度内に6回以上開催しています。

    職場環境

    • 平均有給休暇取得日数
      (年間)
      13.0日

    管理職に占める女性の割合

    警察官3.1% 行政職員10.8% 【 2022年4月1日現在 】

    最終更新日:

    社員について

    • 新卒採用者数の男女別人数(過去3年間)

      2023年度:男性770名、女性330名
      2022年度:男性770名、女性330名
      2021年度:男性950名、女性300名

    最終更新日:

    会社概要

    創業/設立 1874(明治7)年1月15日
    本社所在地1 東京都千代田区霞が関2-1-1MAP
    事業所 東京都内

    【本部】
    総務部、警務部、交通部、警備部、地域部、公安部、刑事部、生活安全部、組織犯罪対策部、警察学校、犯罪抑止対策本部、人身安全関連事案総合対策本部、サイバーセキュリティ対策本部 等

    【警察署】
    東京都内102署
    代表者 警視総監
    職員数 4万6581名(2023年1月現在)
    【警察官】4万3566名/【警察行政職員[事務・技術職員]】3015名
    上場区分 非上場
    LINE QRコード

    QRコードでLINEの友だちを追加

    LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン
    >[QRコード]をタップして、コードをスキャンしてください。