伊勢化学工業株式会社

伊勢化学工業株式会社(イセカガクコウギョウ)の先輩社員、OB・OG情報

東証 正社員

伊勢化学工業株式会社

【化学|ガス】

先輩情報

福島 耕太郎(2020年入社)

開発本部 研究所  

職種 技術開発
   
出身学部 工学府応用化学専攻
専攻分野 農学・化学・生物系

インタビュー

一人前の開発者を目指して

  • 私は、研究所でプロセス技術開発を担当しており、挑戦の毎日です。最近では、大学との共同研究を通して、プロセスのキーポイントをテーマアップし、技術の評価やメカニズムの解析を実施しています。この間まで学生だった私が、企業という立場に変わり、大学の先生とのビジネス会話力が求められます。今は上司に同行して、先生と上司のディスカッションについていくことが精一杯な時もありますが、経験を積み重ね、一人の担当者として対等な立場でのディスカッションを目指し、テーマを通してスキルアップ習得にも取り組んでいます。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    若手社員にも活躍のチャンス!に魅力を感じて

    伊勢化学工業を含め、ヨウ素メーカーを知ったきっかけは、まさにこの就活サイトからでした。ホームページや会社説明会を通じて、ヨウ素とは日本で採取できる貴重な天然資源であり、そのような天然資源を扱った仕事ができる当社に興味を持ちました。最終的には、工場見学した際に、実際に化学プラントを目にすることができたことと、研究所を見学した際に、入社間もない先輩社員が研究テーマを任せられているなど、若手のうちから活躍されている話を聞いて、私も研究所で働きたいと思い入社を決心しました。

  • こんなときに成長を実感!

    開発セオリーの理解と達成

    実際の金属製造プロセスを、ラボスケールで再現評価する方法の検討を担当しました。これまで、スケールアップ検討の経験はありますが、実機から実験室サイズに小さくする評価は、はじめての経験でした。進めるためには、評価すべき項目や因子の特定、試験装置の構想がポイントとなりました。その結果、自前で構想した装置を組み,試験結果に基づく新規プロセスを提案するまでの一連業務を達成できました。製造プロセスの知識や実験スキルだけでなく仮説立てや課題の抽出など、私が中心となって達成できたことは、大きな自信となりました。

  • 当社のいいところ

    会社が学習を支援

    当社では、一人の会社員としてのスキルアップのための、学習環境が整っています。例えば、1.担当業務に関わるセミナー+情報収集ツールの用意、2.人材育成研修への参加推奨、3.担当外分野でもセミナー受講を希望可能、4.共同研究先など社外講師による定期的な講義開催、などがあります。年次が上がるとともに業務の幅が増えて得るべき知識も多く、「日々学習」は今も続いています。そのような中で、その時の自分が学ぶべき学習内容を相談できるため、積極的に学習に取組むことができ、自身のスキルアップにつながっている実感があります。

  • オフタイムの過ごし方

    週末にサイクリング

    学生の頃からクロスバイクを嗜み、社会人になって念願のロードバイクを買いました。週末にはサイクリングに出かけています。自転車は、自分が頑張った分だけ、速く・遠くへ行ける魅力があります。千葉県の外房地区は海と山が近く、行きは海岸沿いを、時には横風を受けながら。内陸の峠道の長い上り坂を。扱ぎ続けて登りきった先には、下り坂で風を受けたときに爽快感と、ここまで来られた達成感の両方が味わえます。まだ近場を走ることしかできていませんが、来年こそはレースイベントなどに挑戦したいと思っています。

  • メッセージ&アドバイス

    会社や自分のことを知れる機会

    就職活動期間は、学業と並行して業界や企業調査、自己分析しながら面接に備える、という体力的・心理的に追い込まれる期間だと思います。私はそうでした。しかし、振り返ると、企業調査を通して、その企業の業界の立ち位置などが読み取れるようになり、また、自己分析や面接を通して働きたい姿など、ライフスタイルもみえたと思いました。皆さんもきっと、多くを想像しながら活動されていることと思います。今は大変な時期かもしれませんが、諦めずに続けていけば、本当に選びたい会社や自身の将来像が見つかることと思います。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • コツコツ研究・開発する仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事