株式会社西日本シティ銀行

株式会社西日本シティ銀行(ニシニッポンシティギンコウ)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社西日本シティ銀行

【地銀】

私たちは福岡県を本拠地とし、全国に175店舗を展開する地方銀行です。私たちは、高い志と誇りを持って時代の変化に適応し、お客さまとともに成長する”総合力No.1”バンクを目指しています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • CSR活動に積極的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

私たちの魅力

事業内容
ココロがある。コタエがある。

銀行員にいちばん大切なのはココロである。私たち西日本シティ銀行はそう考えています。プロとしてベストを尽くすことはもちろん、ひとりの人間として親身に向き合うことこそが価値ある「信頼」に繋がると信じているからです。お客さまが悩みを抱えているとき、あるいは何かに挑戦したいとき、真っ先に頭に浮かぶ存在であり続けること。そのためにココロを尽くすこと。それが、総合力NO.1の地域金融グループを目指す私たちのプライドです。

私たちの仕事

本支店(国内175店舗、海外駐在員事務所3カ所)にて、預金、融資などの業務に携わる仕事です。集合研修、ジョブローテーション、OJTにより銀行実務の基礎を学び、営業(法人・個人)、本部業務などもしていただきます。職位に上限はなく、全ての本支店所在地に勤務する可能性がある総合職と、転居をともなう転勤がない地域総合職があります。

はたらく環境

社風
継続的な研修で社員の成長を促す

新人の間に行われる新入行員研修だけでなく、階層別研修、職務別研修、コンプライアンス関連研修、通信講座などさまざまな種類の研修で継続的に行員の育成を行っています。また自身でチャレンジしたい業務や部署に手を挙げる「フリーエージェント制度」も導入しており、若いうちから専門スキルを身に着けることも可能です。

オフィス紹介
独身寮を含む充実した福利厚生施設「ココロ館」は、福岡のランドマーク

当行の地元・福岡のランドマークとして大濠公園そばに建つ「西日本シティ銀行・ココロ館」。地上12階、地下1階のこの施設は、当行行員のための福利厚生と大濠公園を中心とした地域に暮らす人々に憩いの場を提供することを目的としてつくられました。大ホール、研修用模擬店舗、学習室、図書館、郷土の歴史や西日本シティ銀行の歴史を知ることができるコーナー、アートギャラリー、育休支援室がそろい、屋外カフェのあるルーフガーデンは誰でも自由に訪れることができます。8~11階は80室の独身寮があり、福岡の街を一望できる食堂があるほかスポーツを楽しめる多目的アリーナ、剣道・柔道場、トレーニング室なども完備しています。

企業概要

創業/設立 設立/1944年(昭和19年)12月1日
本社所在地 福岡県福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号
代表者 取締役頭取
村上 英之
資本金 857億円
総資産高 【総資産額】12兆5,471億円
【総預金】9兆8,254億円
【総貸出金】7兆9,801億円
【預り資産残高】7,370億円
(2022年10月5日現在)
行員数 3,509名 (2022年09月現在) 
子会社・関連会社 長崎銀行/九州カード/西日本TT証券/NCBリサーチ&コンサルティング/九州債権回収/西日本信用保証/Jペイメントサービス/エヌ・ティ・ティ・データNCB/NCBベンチャーキャピタル/九州リースサービス/シティアスコム/イジゲングループ
事業所 本店ほか国内支店175カ店/海外駐在員事務所3カ所
沿革 1924年  8月
 福岡無尽(株)を設立
1944年12月
 西日本無尽(株)を創立
1951年10月
 相互銀行法施行に伴い、西日本無尽(株)は(株)西日本相互銀行に、福岡無尽(株)は(株)福岡相互銀行とそれぞれ商号変更
1974年 2月
 (株)西日本相互銀行、東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第一部に上場
1977年 9月
 (株)福岡相互銀行、東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第一部に上場
1984年 4月
 (株)西日本相互銀行、普通銀行に転換、(株)西日本銀行に商号変更
1989年 2月
 (株)福岡相互銀行、普通銀行に転換、(株)福岡シティ銀行に商号変更
2004年10月
 (株)西日本銀行と(株)福岡シティ銀行が合併、(株)西日本シティ銀行に商号変更
2016年10月
 持株会社「(株)西日本フィナンシャルホールディングス」を設立

採用連絡先

(株)西日本シティ銀行 
〒810-0053 
福岡市中央区鳥飼2丁目1-11
TEL:092-731-3654
担当/人事部 人財開発室