金融を目指すすべての学生へ キャリタスファイナンス 金融ビジネスの価値・魅力が見つかる!就活生のためのサイト

金融ビジネスの価値・魅力が見つかる!就活生のためのサイト

  • articles 注目記事
  • Column 識者によるコラム
  • Guide 就活ノウハウ
  • Special 特集
  • Event イベント

会員登録

Login

注目記事2018.6.27

IFAという働き方を考える

IFAをご存じですか? IFAとはIndependent Financial Advisorの略。日本語では「独立系金融アドバイザー」と呼ばれています。

特に証券業界を中心に注目されるようになってきたIFA。その意義や将来性などについてまとめてみました。

顧客本位で資産運用をサポート

IFAの“I”はインディペンデント。その名の通り、独立した存在であることがIFAの一番の特徴です。

特定の金融機関には所属せず、独立・中立の立場で顧客の資産運用のサポートを行うプロフェッショナルがIFA。複数の金融機関と提携し、それぞれから提供される金融商品の中から顧客にとって最適なものを選んで提供することができます。お客の好みと料理に合わせて最適なワインをすすめてくれるソムリエのような存在と言っていいかもしれません。

以前にもご紹介しましたが、金融業界では今「フィデューシャリー・デューティー」(fiduciary duty)という言葉が重要なキーワードの一つとなっています。これは“お客様にとって最も都合のいい業務運営をする”という姿勢を示すもの。ある意味で当然のことではあるのですが、実際に金融機関は手数料を稼ぐために自社の商品を優先的にすすめることが多いのが現実。しかし、自社の利益よりも顧客の利益を最大化するのが本来のあり方ということで、「フィデューシャリー・デューティー」が改めて言われるようになりました。

この流れもあって、特定の金融機関の利益に左右されることなく、顧客本位の姿勢で金融商品をすすめてくれるIFAが注目されるようになったのです。

日本での認知度は、いま一つだが…

バブル崩壊で日本が苦しんだ1990年代後半、政府は「金融ビッグバン」と呼ばれる金融改革に乗り出しました。そのとき掲げられたのが「貯蓄から投資へ」というスローガン。国民が自分自身で投資して資産を増やす直接金融へと転換することを促すもので、その結果、様々な金融商品が誕生しました。これがIFA誕生の背景となりました。

その後、2007年に金融商品取引法が改正されたことがきっかけで、IFAの存在が注目されるように。このとき金融商品の販売チャネルの多様化などが進められ、顧客のために独立した立場で金融商品の売買仲介ができるということでIFAが知られるようになったのです。

アメリカにはIFAが30万人いるとされますが、日本ではまだ3,000人程度。一般的な認知度もまだ低いのが現実です。 その理由の一つとしてあげられるのが、日本ならではのブランド志向。一般的に、日本人は取引の際にどうしても知名度の高い大手金融機関を選ぶ傾向にあり、個人で独立している無名のIFAにはなかなか目が向かないというのが現実です。

ただ、ネット証券が広く普及し、従来のように証券会社の営業マンに相談しなくても気軽に投資ができるようになった今、プロとしてアドバイスを行ってくれ、実際に売買仲介までしてくれるIFAの存在は欠かせないものになってきました。

今後、需要はさらに高まっていくと考えられます。

社員IFAとして活躍する道もある

IFAには個人でもなることができます。つまり自営業やフリーランスとして活躍するわけです。もちろんその際は証券会社などと業務委託契約を結んで外務員登録を行います。 会計士や税理士、保険代理店などがIFAとして活躍するケースも増えています。

また、独立せずに社員のままでIFAとして活躍する「社員IFA」制度を採用する金融機関もあります。 ある証券会社では、固定給を保証し、社会保険制度も完備することで、安定した働き方ができるように支援しており、在宅勤務も可能としています。 何よりも魅力なのは、社員IFAならば、その会社のブランド力を利用した提案活動ができるということでしょう。

金融業界でプロフェッショナルとして働く場合の一つの選択肢として、これは非常に魅力的ではないでしょうか。

まとめ

特定の金融機関に属さない独立系金融アドバイザーであるIFAが注目されています。 提携する複数の金融機関の商品の中から顧客にとって最も有利な商品を提案できることが最大の強みで、今後、存在感が大きくなっていくことが予想されます。「社員IFA」として活躍する道も開かれています。

Articles
【編集部おすすめ】
金融業界の人気インターンシップ

Articles
【編集部おすすめ】
エントリ―受付中の金融業界のインターンシップ

Articles
【編集部おすすめ】
金融系職種を体験できるインターンシップ

Articles
【編集部おすすめ】
金融業界の注目企業

Articles
【編集部おすすめ】
エントリ―受付中の金融企業

Articles
【編集部おすすめ】
金融系の職種を募集中の企業