金融を目指すすべての学生へ キャリタスファイナンス 金融ビジネスの価値・魅力が見つかる!就活生のためのサイト

金融ビジネスの価値・魅力が見つかる!就活生のためのサイト

  • articles 注目記事
  • Column 識者によるコラム
  • Guide 就活ノウハウ
  • Special 特集
  • Event イベント

会員登録

Login

注目記事2018.5.9

ソーシャルレンディングとは何か

クラウドファンディングという言葉はだいぶ一般に浸透してきました。では、ソーシャルレンディングはいかがでしょうか。

SLと略されることもあるソーシャルレンディング。個人投資家と企業を結びつける新しい手法として、欧米に続き日本でも急成長してきています。その仕組みなどについて考えてみましょう。

ネット時代のマッチングサービス

最近の金融業界のホットな話題と言えば、ビットコインを中心とする仮想通貨。上がったり下がったりと賑やかです。その陰に隠れるような感じであまり目立ってはいませんが、実はソーシャルレンディングも昨年から今年にかけて一気に盛り上がっています。

ソーシャルレンディングとは、個人投資家から集めた資金を企業や起業家に投資する仕組み。個人投資家と企業をマッチングするサービスです。

ご存じのようにマッチングサービスはネット時代ならではの新しいビジネスのカタチ。

自宅の空き部屋を旅行者に貸すマッチングサービスはAirbnbなどの民泊サービスですし、自家用車をタクシー代わりに使ってもらうマッチングサービスはUberが代表的です。フリーランスと仕事を結びつけるランサーズのようなマッチングサービスもあります。いわゆる“出会い系”も、マッチングサービスの一つと言えるでしょう。

ソーシャルレンディングも、こうしたマッチングサービスの一つと考えられます。
金融 + ITの「FinTech」の一種でもあります。

地域活性化につながる投資も

“金融のマッチングサービス”ということでは、多くの方がクラウドファンディングを思い浮かべたのではないでしょうか。実はソーシャルレンディングは、クラウドファンディングの一種です。

クラウドファンディングは「購入型」「寄付型」「貸付型」「ファンド型」「投資型」という5つのタイプに分けられ、ソーシャルレンディングはこの中の「貸付型」に当てはまります。



ソーシャルレンディングの具体的な仕組みは、ネットを使って個人投資家から小口のお金を集めて大口の資金をつくり、必要とする企業に融資するというもの。投資家にとっては数万円程度の金額から投資できるという気軽さが人気です。

投資を集めるのは、金融庁から第二種金融商品取引業の免許を取得した事業者。貸金業法に基づいて融資して、その利息を収益とします。

融資する案件は不動産が多かったのですが、最近では再生エネルギーなど幅広い領域にわたっており、不動産開発や小規模自然エネルギーなどと組み合わせて地域活性化につながる投資案件も増えています。

銀行とは競合するか?

ところで、企業等に融資を行うという点で、ソーシャルレンディングは銀行と競合すると言えそうです。しかし、現状ではソーシャルレンディングと銀行には大きな違いがあります。

まずは規模の違いです。銀行の企業融資となると1000億円規模のスケールも珍しくありませんが、ソーシャルレンディングはそれには遠く及ばない少額の案件が中心です。また、借入期間が短いのもソーシャルレンディングの特徴です。そして何よりも大きいのが、銀行が担保価値を重視して融資を行うのに対し、ソーシャルレンディングは担保に頼らない融資が多いということです。

簡単に言えば、少額・短期・担保なしといった銀行が二の足を踏むような案件に積極的に融資するのがソーシャルレンディングということになるでしょう。

その分、ソーシャルレンディングは金利が高く、投資家へのリターンも高いという点がメリットとなります。

もちろん課題もあります。例えば「貸付先の社名などを公表できない」というルールです。これは貸付先を公表すると個人投資家が貸金業者とみなされかねないための措置ですが、貸付先がわからない以上、個人投資家はソーシャルレンディング業者を信用して任せるしかありません。“もし悪質な業者がいたら”というリスクとは無縁とは言えないでしょう。

ただ、ネットを活用した様々なマッチングサービスが従来の垣根を越えて支持を広げていることから、ソーシャルレンディングも今後広がっていくと考えられます。金融の可能性を高める新しいサービスとして注目したいところです。

まとめ

ネット時代ならではのマッチングサービスであるソーシャルレンディング。クラウドファンディングの「貸付型」のビジネスモデルです。銀行では融資できない案件にも積極的な融資が可能なことから融資案件は広がりつつあり、高利回りの金融商品としても人気を集めています。

Articles
【編集部おすすめ】
金融業界の人気インターンシップ

Articles
【編集部おすすめ】
エントリ―受付中の金融業界のインターンシップ

Articles
【編集部おすすめ】
金融系職種を体験できるインターンシップ

Articles
【編集部おすすめ】
金融業界の注目企業

Articles
【編集部おすすめ】
エントリ―受付中の金融企業

Articles
【編集部おすすめ】
金融系の職種を募集中の企業