金融を目指すすべての学生へ キャリタスファイナンス 金融ビジネスの価値・魅力が見つかる!就活生のためのサイト

金融ビジネスの価値・魅力が見つかる!就活生のためのサイト

  • articles 注目記事
  • Column 識者によるコラム
  • Guide 就活ノウハウ
  • Special 特集
  • Event イベント

会員登録

Login

注目記事2018.1.31

キャッシュレスからカードレスへ

電子マネーの浸透に伴い、キャッシュレス社会は確実に到来しつつあるようです。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』では、身元確認から支払いまで親指の指紋一つで済ませる時代が描かれていましたが、そんな未来も絵空事ではなくなるかもしれません。これからはクレジットカードさえ不要になる時代へ。“手ぶら決済”が大きなトレンドとなってきました。

キャッシュレス化のさらに先へ

「現金が消えた国」と呼ばれるスウェーデン。

買い物はもちろん、個人間のお金のやりとりも、クレジットカードやスマホのアプリで行われています。こうした電子決済の割合は、なんと全体の98%。つまり今やスウェーデンでは、現金はほとんど使われていません。文字通り「現金の消えた国」となったのです。

街の中には「現金お断り」の店もあり、店員は「現金に触れないので衛生的。レジの締めの作業も速い」と大喜び。強盗などの危険も減りました。

こうしたキャッシュレス化は大きな流れですが、そのさらに先を行くのが、カードレス化です。

手ぶらで世界旅行できる時代に

カードレス化で先を行くのが中国です。

かつてはクレジットカードやプリペイドカード、会員カードなどで買い物をする人が多かったのですが、現在ではスマホなどのモバイル端末を使った決済が主流で、日常の買い物も現金を持たずに済ませる人が増えています。

さらに今は、顔認証システムの導入でカードさえ不要になりつつあります。ATMに組み込んだ顔認証システムで、通帳やカードを利用できるほか、買い物にも顔認証システムや指紋認証が利用できるように。

かつては「クレジットカードがなければ世界を旅することはできない」と言われていましたが、今や「スマホの電子決済ができなければ旅はできない」という時代となり、これからは「何も持たずに手ぶらで世界旅行」の時代がやってくるでしょう。

日本でも手ぶら決済が進む

治安のよい日本では現金を持ち歩いても安全であることから、キャッシュレス化は遅れていました。しかし最近になって「手ぶら決済」の導入が始まり、キャッシュレス化からカードレス化への動きが一気に広がりそうです。

ある地方銀行では全国の金融機関に先駆けて、ATMに手のひら認証システムを導入。生体情報(手のひらの静脈情報)を登録することで、カードや通帳がなくても、手のひらだけでATMの操作ができるようにしました。キャッシュカードで行う取引のほぼすべてが手のひら認証で可能ということで、その利便性の高さは疑いようもありません。

QRコードを使った小口決済も徐々に広がっています。スマホのアプリを起動し、店側のQRコードを読み取れば支払い完了。その手軽さから導入する店舗が増えています。

また、あるベンチャーが手がける手ぶら決済のシステムは、東京オリンピックに向けた外国人観光客誘致に効果的として注目されています。これは指紋認証で簡単に買い物ができるシステム。特徴は認証時間0.05秒という驚異の速度にあります。どんなサービスでもそうですが、ちょっとした待ち時間に伴う“イラッ”という感覚は、システムの普及において案外大きな障壁となるもの。この認証時間0.05秒という速さは、その意味でもカードレス普及の切り札となりそうです。

さらにユニークなのが、電話番号とパスワード登録だけで買い物ができる手ぶら決済サービスです。システムを提供する会社が支払いを立て替えることで、後払いの支払いを可能にしています。クレジットカードなし、スマホだけで翌月払いができる新しいサービスとして、こちらも注目されています。

カード会社もカードレスへ

こうしたカードレス化の動きに対しては、カード会社も対応を進めています。手のひら認証システムの導入を進めている大手カード会社もあり、加盟店側の負担も軽くなるということで期待が高まっています。カードレス化をカード会社のピンチととらえるのではなく、むしろ新たなビジネスチャンスととらえているところに注目したいものです。

“その場で現金払い”が常識だった日本で、こうした手ぶら決済が今後の主流になるかもしれません。

ただ、普及に伴っていくつもの方式が混在するのは仕方のないことでしょうが、それが商店や消費者の負担になるのは避けたいところ。フォーマットの統一などが、今後は課題になっていくかもしれません。

まとめ

キャッシュレス化は時代の大きな流れ。今やその先のカードレス化へと移ろうとしています。

現金主義が根強い日本では、世界の中でキャッシュレス化が進んでいるとは言いがたいですが、画期的なサービスも次々と登場しており、今後の展開に期待が持てそうです。

Articles
【編集部おすすめ】
金融業界の注目企業

Articles
【編集部おすすめ】
エントリ―受付中の金融企業

Articles
【編集部おすすめ】
金融系の職種を募集中の企業