東急電鉄株式会社

東急電鉄株式会社の企業情報

東急電鉄株式会社

【鉄道】

生活に不可欠な移動を担う「鉄道」。東急電鉄は100年間にわたって安全と安心、そしてお客さまへおもてなしの心を持って鉄道を運行し、まちづくりを行ってきました。
渋谷~横浜を結ぶ東横線をはじめとする鉄道ネットワークで業界トップクラスのお客さまにご利用いただき、沿線にお住まいの方、沿線を訪れる方の日常を支えています。
今日も当たり前に電車が走るために、変わらない日常のために、安全・安心を支えるエキスパートが活躍しています。

  • CSR活動に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • SDGsへの取り組みに積極的

私たちの魅力

事業内容
お客さまの安全・安心を支える仕事

東急電鉄では、渋谷~横浜を結ぶ東横線、多摩田園都市の動脈である田園都市線をはじめとする路線を運営しています。路線の特長は、東京西部と神奈川エリアに面で展開している路線網で、沿線人口500万人、その利用者数は業界トップクラスを誇ります。
当社では創業以来、鉄道ネットワークの拡充と強化に取り組み続けています。直近では2013年より東横線と副都心線の相互直通運転がスタートし、埼玉方面から横浜までが1つの路線として結ばれるとともに、東横線から乗り換えることなく新宿・池袋方面へアクセス出来るようになりました。2023年3月には東急新横浜線が開業し、相鉄線との相互直通運転や、東西交流の拠点となる新横浜での新幹線アクセスを強化していきます。
また、お客さまに安心してご利用いただけるよう、2020年3月には全駅にホームドア・センサー付固定式ホーム柵の設置を完了、同年7月には全車両への車内防犯カメラの設置が完了しています。さらには3D式踏切障害物検知装置の導入を進めています。
当社では「安全の確保」を最大かつ最重要の責務と位置づけ、経営トップから現業第一線の従業員まで一体となり、事故の再発・未然防止策に注力し、より安全で安心な東急線を目指しています。

私たちの仕事

当社では、保有する1200両を超える車両をメンテナンスする「車両技術員」、電車の動力や駅の照明、信号などの電気を担当する「電気技術員」、線路や橋梁、トンネルのほか、街の中心としてお客さまをお迎えする駅舎の改良、メンテナンスをする「土木・建築技術員」と、多くの人材が鉄道の安全を支えています。
鉄道技術の仕事は、電車や駅をお客さまに普段と変わらずご利用いただきながら、工事を進めなければならないのがいちばん難しく大変なところです。しかし、最終的に自分たちの思い描いたものが形となり、実際に線路を電車が走り、お客さまにご利用いただけることは大きなやりがいです。
鉄道を取り巻く技術は日々進化しており、様々な技術に対応するためには、常に向上心を持って新しいものを取り入れていくことが必要です。また、1922年から培ってきた安全・安心を守り続けていくことも重要です。これを実現するには、全ての社員が思いを一つすることが不可欠です。安全という目標に向かってチームワークを大切に取り組める方、一緒に鉄道の安全を築いていきましょう。

はたらく環境

組織の特徴
充実の福利厚生でワークライフバランスを実現

有給休暇取得率は約85%と、全国平均を大きく超えています。子供の学校行事やボランティアに使用できる休暇制度なども設けているほか、妊娠、出産、育児に伴う産休・育休制度なども整えています。
また、医療費補助や各種祝金・見舞金制度、東急ホテルズをはじめとする契約保養施設が利用可能な東急共済組合、独身寮、社宅など、幅広い福利厚生を充実させています。運動系・文化系のクラブ活動も充実しています。

企業概要

創業/設立 2019年4月25日
本社所在地 東京都渋谷区神泉町8番16号 渋谷ファーストプレイス
代表者 取締役社長 福田 誠一
従業員数 3731名 (2022年03月現在)
事業所 東京都、神奈川県
気になる

138人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません