株式会社第一メカテック

株式会社第一メカテックの企業情報

株式会社第一メカテック

【機械】

東証プライム市場上場・第一実業グループのエンジニアリング・カンパニー。安定した基盤のもと、専門の道を極めていくエンジニア集団です。第一メカテックの事業は、第一実業の取り扱う産業機械の保守メンテナンスからスタートしていますが、今日では様々な産業機械の取り扱い、製品開発
など、その事業領域は拡がっています。

私たちの魅力

事業内容
東証プライム市場上場・第一実業グループのエンジニアリング・カンパニー。

◎プラスチック関連部門
創業以来長年にわたり数々の射出成形機に向き合ってきました。未来のプラスチック業界を支えていきます。

◎医薬品関連部門
錠剤外観検査装置。人命に影響しかねない医薬品だからこそ、常に正確に検査できることを維持し続けなくてはなりません。
そのために必要不可欠なメンテナンスを行っていきます。

◎特殊印刷関連部門
3次曲面印刷機、レーザマーカ、表面処理機等の加飾機を、販売、技術サポート、メンテナンス、資材販売など、生産における
「Total Solution」を提供していきます。

◎溶接関連部門
管端シール自動溶接機、円周自動溶接機およびお客様独自の要望による特殊自動溶接機の製造から販売、アフタ-サービスまで
一貫して行っていきます。

◎エレクトロニクス関連部門
高密度実装の世界において要求されるのは高効率、高品質、高稼働率生産。専門性の高い目で現場課題を解決に導き、装置性能が最大限に発揮できるようフルサポートしていきます。

◎自動機関連部門
日々めざましく進化し続ける産業機械技術とオートメーション化。最前線で培われた私たちの技術が、人と機械の新たな融合で創造する
社会を支えていきます。

私たちの仕事

第一メカテックは、第一実業が販売した産業機械のアフターサービスを担う会社として1970年に創業して以来、定期メンテナンスや修理を通じて技術力を高めてきました。複雑な産業機械の場合、家電品と違い、マニュアルに記載されている不具合の例と対処法は非常に限定的です。そして、現場で不具合の原因やメンテナンスの必要性を見抜き、的確に対処するには、豊富な経験と高度な専門知識を擁する
エンジニアが不可欠です。この点で、半世紀にわたって経験・知見を蓄積してきた第一メカテックには、大きなアドバンテージが備わっているのです。

国内には多種多様な製造拠点が存在するため、今後もアフターサービスのニーズは安定的に確保できるでしょう。
ただし、私たちは既存事業の枠にとどまるつもりはありません。設備の入れ替えを検討なさっているお客様からヒントを得た
中古機械の買い取り・オーバーホール・再販事業や、既存製品でカバーしきれないご要望をもとにはじめた自社製品開発など、
各従業員が現場でキャッチしてきたニーズを新たなビジネスに昇華させ、事業領域を拡張しています。

はたらく環境

組織の特徴
グローバル展開

第一メカテックでは、日本国内にとどまらず、各種産業機器の保守メンテナンス等、世界各国の様々なエリアで活躍しています。
その中でも駐在員を派遣している国は6ヶ国あります。
<海外駐在員派遣国>
中国、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、メキシコ

企業概要

創業/設立 1970年6月1日
本社所在地 埼玉県川口市領家5-8-6
代表者 下平 直樹
資本金 3億2,000万円
売上高 34億3,300万円(2020年度)
※経常利益2億1,100万円
従業員数 149名 (2022年04月現在)
子会社・関連会社 <国内>
第一実業(株)
第一実業ビスウィル(株)
第一実業ソーラーソリューション(株)
第一エンジニアリング(株)
第一スルザー(株)
(株)浅野研究所
(株)フロー・ダイナミックス
<海外>
アメリカ、上海、マレーシア、タイ、フィリピン など17社
事業所 本社/埼玉県川口市
西日本センター/大阪府吹田市
中部センター/名古屋市名東区
出張所/仙台、広島、福岡
気になる

8人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません