金沢市役所

金沢市役所の企業情報

金沢市役所

【官公庁】

「世界の交流拠点都市・金沢」を都市像として、住む人一人ひとりの幸せをめざし、市民の方々の生活を支えるあらゆる分野において、様々な職種の職員が一丸となって取り組んでいます。まちの個性に一層磨きをかけ、魅力と活力溢れる明日の金沢市を市民の方々とともに築いていきましょう。

私たちの魅力

事業内容
私たちはこんな事業をしています

金沢市は石川県のほぼ中央に位置し、人口は約46万人、面積は約469平方キロメートルで、平成8年に中核市に移行しました。

~基本方針~
【魅力づくり】~個性をのばす~
 伝統と創造で発展するまち
 学術・観光資源を活かすまち

【まちづくり】~都市機能を高める~
 品格と機能性が両立するまち
 拠点性が高まるまち

【ものづくり】~活力を生み出す~
 グローバル・ネットワークを活かしたまち
 農林業が持続的に発展するまち

【ひとづくり】~未来を育む~
 豊かな人間性を育むまち
 次世代を担う人材を育てるまち

【環境づくり】~自然と共に生きる~
 環境への負担が少ないまち
 潤いある生活ができるまち

【くらしづくり】~安心して暮らせる~
 災害に強いまち
 健やかな生活ができるまち

【絆づくり】~協働を進める~
 地域コミュニティを支えるまち
 地方の自立を目指すまち

事業戦略
「世界の交流拠点都市・金沢」 ~市民が創る誇りあるまち~

歴史や伝統、学術、文化などの個性を守り、磨き高めてきた金沢は、他都市に類を見ない資産を有しています。その資産を大切にし、市民が誇れるまちであり続けるためには、個性ある新たな価値を創造し続けることが必要です。その具現化に向けて、人・モノ・情報の集積を図り、その交流を通じて新たな価値を創造し、持続的な発展をつづけるまちの実現をめざしています。そして、ビジネスや芸術文化など様々な面でチャンスが生まれる環境を整え、都市の品格と魅力を高めるとともに、市民協働によるまちづくりを進めています。

私たちの仕事

市役所の仕事は、経済・農林業の振興、福祉・子育て・教育の分野、都市整備・土木などのインフラや都市計画など、市民生活を支えるあらゆる分野が対象であり、地域に密着したものです。社会環境の急速な変化にスピード感を持って対応することや、市民の方、事業者の方と対話しながらともにまちづくりを進めることが、今後さらに重要になります。柔軟な発想、創造力、そしてやる気に満ちた皆さん、私たちと新たな時代を拓き一緒に知恵をしぼり明日の金沢市を築いていきましょう!

はたらく環境

組織の特徴
多様なフィールドと資源を活用したまちづくり

新たなまちの個性・魅力を磨き高めるために全庁を挙げて取り組んでいます。これまで培われてきた歴史文化に加え、建築文化やスポーツ文化といった新たな文化の振興にも力を入れているところです。また、工芸や食文化、加賀野菜など、多様なフィールドと資源を活用したまちづくりに取り組むことができる魅力が金沢市にはあります。

企業概要

創業/設立 明治22年4月1日
本社所在地 石川県金沢市広坂1-1-1
代表者 金沢市長 村山 卓
従業員数 3,188名 (2022年04月現在)
事業所 石川県金沢市広坂1-1-1
気になる

93人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません