九州電力株式会社

九州電力株式会社の企業情報

東証 福証

九州電力株式会社

【電力|ガス|通信関連】

ずっと先まで、明るくしたい。
「快適で、そして環境にやさしい」
そんな毎日を子どもたちの未来につなげていきたい。

  • CSR活動に積極的

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • 安定した顧客基盤

私たちの魅力

事業内容
九州から『未来を創る』九電グループ

これは私たちが掲げる、2030年のありたい姿です。

皆さまへ豊かで快適なエネルギーサービスを提供するとともに、新たな技術の活用や他社とのアライアンスなどを通じて、社会的課題の解決に貢献し、地域・社会と共に九州から未来を創っていきます。

九電グループは現在、九州電力を筆頭に約110社で構成されており、互いに連携しながら、ありたい姿の実現に挑戦しています。

グループの規模に基づく豊富なリソースを活用できるのも、九州電力の魅力の1つです。

事業戦略
『カーボンマイナス』の早期実現を目指して

近年、気候危機が加速する中、温室効果ガスの排出をゼロにすることや、化石燃料からの脱却が急務となっています。

九電グループでは2021年、「カーボンニュートラルビジョン2050」を策定し、より先進的な、『カーボンマイナス実現への挑戦』を宣言しました。

実現に向けては再エネ開発の推進が必須となりますが、当グループは国内の地熱発電の4割以上を占めるなど、従来から積極的に再エネを導入しており、設備保有量では「国内3位※」を誇っています。

今後も妥協せず、低・脱炭素の業界トップランナーとして、挑戦を続けていきます。

【※2020年2月分電力調査統計(資源エネルギー庁)に基づき、水力発電を除く出資発電所の設備量を計上した順位】

私たちの仕事

電力の長期安定供給を中核として、下記のように様々な事業を展開し、九電グループ一体となって快適で豊かな社会の創造に貢献しています。

■発電事業

■小売事業(電気・ガス販売)

■ICTサービス事業

■都市開発事業

■海外事業

はたらく環境

社風
あなたの思いが『現実』に。

九電グループでは、社員1人ひとりの「世界をよりよく変えたい」という情熱を大事にしています。

その思いを支え、推進する取組みの1つが、『KYUDEN i-PROJECT』。

グループ全体でのイノベーションを起点に、「未来の事業」を生み出すためのプロジェクトです。

『i-challenge』というビジネスアイディアの公募制度には、立場や年齢に関係なく、誰でもエントリー可能です。

現在事業化に至った案件は全部で10件以上。

最終プレゼンテーションでは、なんとビジネスアイディアを直接経営層に提案できます。

それぞれが抱えた熱い思いを、九電グループのリソースを最大限に活用し、実現していく。

あなたの情熱が、世界を変えるかもしれません。

企業概要

創業/設立 1951年5月設立
本社所在地 福岡市中央区渡辺通2-1-82
代表者 代表取締役 社長執行役員 池辺 和弘
資本金 2,373億円
売上高 1兆4,556億円(2021年度)
従業員数 約5,200名 (2022年03月現在)
事業所 本店/福岡市中央区渡渡辺通二丁目1番82号

支店その他/九州各県、東京
供給設備 水力発電所:138か所
火力発電所: 7か所
地熱発電所: 6か所
原子力発電所: 2か所
(2021年3月末現在)
グループ会社 子会社67社及び関連会社44社(2021年12月31日時点)
気になる

132人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません