飯能信用金庫

この企業を「予約リスト」に追加しよう!「予約リスト」に追加すると3/1に自動的にエントリーできます。

飯能信用金庫の企業情報

飯能信用金庫

【信用金庫】

「ひと、まち、きずな大切に。」をキャッチフレーズに、人と人との「つながり」を大切にしている信用金庫です。

地元のお客さまには「はんしん」の愛称で親しまれており、合併をせず預金量が1兆円超えという全国でも珍しい信金です。

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 営業力が自慢

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
3つの「つながり力」で、地元を大切にします。

埼玉県西部と東京都多摩地区を中心に「はんしん」の愛称で親しまれている地域密着型金融機関、それが飯能信用金庫です。

1.はんしんとお客さまとの「つながり力」

2.お客さま同士の「つながり力」

3.職員同士の「つながり力」

この3つのつながり力を強化することにより、地域の活性化や地元との絆を深めていき、お客さまに信頼される良きパートナーになりたいと「はんしん」は考えております。

地元とのつながりを大切にし情熱を燃やすことが、地域密着型金融機関の使命であり役割です。
そこには必ずやり甲斐のある仕事を見つけ出すことができるでしょう。

ビジョン/ミッション
中期経営計画チャレンジ2020

お客様のライフサイクルやライフステージに応じて課題解決を行う「四次元的地域密着型金融」の展開を中心とした六つの重点施策を掲げ、法人・個人向けの金融サービスを拡充し、「最初に頭に浮かぶ金融機関」を目指しています。

六つの重点施策
(1)四次元的地域密着型金融の展開
(2)収益を柱とする経営効率・生産性の向上
(3)四次元的人財開発
(4)経営管理態勢・営業基盤の強化
(5)ブランディング化と地域貢献
(6)70周年記念活動

 地域に一番密着した信用金庫にとっては、金融機関の環境激変をチャンスと捉え、「4つのC(Chance好機・Challenge挑戦・Change変革・Collaboration協働)」を掲げ、弊金庫のDNAである「真面目」で「誠実」を強みとして、チャレンジを続けていきます。

事業・商品の特徴
私たちの強みは「営業力」です!

弊金庫の一番の商品は、「信頼」です。
”全員営業”のスタンスで、お客様との長期的な取引と信頼関係を構築して、コンサルティング営業のプロとして四次元的地域密着型金融を展開し、顧客サービスの向上を目指しています。

1.マナー・礼儀・倫理観の向上を図る基礎研修
2.コミュニケーションスキルを向上させるための研修
3.その他専門知識習得のための研修等
入庫後の研修も充実しており、自身の能力開発の為に「土曜セミナー」「任意通信教育講座」等の自己啓発に取り組む職員も多く、一人ひとりがキャリアデザインを意識して仕事に取り組んでいます。

私たちの仕事

信用金庫法に基づく金融業務(預金、融資、為替、証券、投資信託、保険募集業務)、各種代理業務、公金・公共料金の収納業務

当金庫では、営業店・本部の全職員が顧客目線に立ち業務を行い「四次元的地域密着型金融」を実現するための営業方針として「全員営業」の意識を持っています。
同じ目標を達成するためのワンチームとして全員で営業活動を行っています。


【仕事紹介】
業務担当は大きく以下の2つに分かれております。

・営業
リテール担当と事業性担当に分かれており、それぞれお客様ニーズにあわせた商品やサービスを提供しています。

・内勤営業
窓口や融資などの業務を通じてお客様のニーズにあわせた金融商品やサービスの提供をしています。

はたらく環境

組織の特徴
◆地域密着型の金融機関◆

「はんしん」は、埼玉県西部や東京都多摩地区を主な営業区域とし、地場産業となる木材・繊維業者、関連商工業者を対象に1951年に設立されました。以来、地域密着型の金融機関として、中小企業や住民を会員として預金・融資業務で信頼を築き上げてきています。

現在、預金量は1兆円を超え、一層のサービス充実を図っています。また、本店を核に市民の交流と地域文化への貢献を目指し、音楽・演劇・講演など文化芸術活動の発展に寄与する姿勢を示し高い評価を得ています。

職場の雰囲気
◆職員満足度の向上に取り組んでいます!◆

「はんしん」では、CS(お客さま満足度)を高める一方、ES(職員満足度)の向上にも取り組んでいます。

仕事の充実は社会や家庭に反映され、お客さま満足度(CS)の向上や、地域社会への貢献にも繋がります。

職員旅行や金庫全体でのレクリエーション、定期的な職員面談を実施し、上司と部下のコミュニケーションをとることで、健康でいきいきと働ける職場づくりと職場の活性化を目指しています。

また、「よりよい人材は企業の財産」と考え、四次元的地域密着型金融を支える階層に応じた人財開発キャリア形成プラン、自己啓発、OJT、研修の実施、そして信用金庫の職員としての自覚と知識を習得すべく各種制度を取り入れています。

各種制度の一覧
1.【提案制度】・・・業務に関する意見を職員から募り、「顧客サービス向上」や「業績向上」「業務改善」に繋げる制度です。
実際に職員から届いた意見を採用して令和4年度より「短期休暇制度」といった休暇に関する新しい制度が導入されます。


2.【上位職への早期雇用制度】・・・営業店では、主任、支店長代理、次長、支店長などの役職がありますが、こうした上位職の能力を既に有しており、更に挑戦意欲の高い職員には人事部長の推薦や、立候補より所定の審査を通過すると早期に上位職へ昇格することができます。

上記は一部ですが、この他にも様々な制度が導入されています。

企業概要

創業/設立 1951年7月1日
本社所在地 埼玉県飯能市栄町24-9
代表者 理事長 松下 寿夫
出資金 17億円(2021年9月末現在)
預金量 1兆3559億円(2021年9月末)
職員数 1015名(パート含む) (2021年09月現在) 男性564名、女性451名
事業所 本部・本店営業部/飯能市栄町
支店/埼玉県および東京都に44支店(2出張所を含む)