東京信用保証協会

東京信用保証協会の企業情報

東京信用保証協会

【政府系・系統金融機関|その他団体】

当協会は「信用保証協会法」に基づく公的機関です。事業経営に取組んでいる中小企業のお客さまが金融機関から事業資金の融資を受けるとき、または資本市場からの事業資金調達を目的として私募債を発行するとき、当協会が保証人となって借入れを容易にし、企業の育成を金融の側面から支援しています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
信用保証を通じて都内中小企業を支える公的金融機関

当協会は1937(昭和12)年、中小企業を支援する日本初の公的保証機関として設立されました。現在、東京にある企業の約99%を占めるのが中小企業。そのうち、約5割の方にご利用いただいています。東京都や区市町村とタイアップした「制度融資」をはじめさまざまな保証制度で、東京を中心とした中小企業の資金調達をサポートしています。

私たちの仕事

融資を希望するさまざまな中小企業の方々との面談や、企業訪問、必要書類提出のための相談など保証審査業務を行います。保証が適切と判断されると金融機関に融資をあっせん。審査通過後は融資を実行、返済まで中小企業のニーズに沿った保証手続きをサポートします。創業支援、経営支援を中核とした多数の支援メニューがそろっています。

はたらく環境

オフィス紹介
勤務地は東京のみ

本店は東京都中央区八重洲。東京駅から徒歩5分と好立地です。本店を含めた12の支店はいずれも都内にあり、公共交通機関からのアクセスも良好です。

社風
先輩後輩の区別なく教え合う職場環境

職場の雰囲気はとても明るく、先輩後輩も関係なく、お互いにフォローし合える環境が整えられています。

組織の特徴
男性も女性も長く働き続けられる

出産育児休職はもちろんのこと、勤務時間を短縮できる「育児短時間勤務制度」や「子の看護休暇制度」など、子育て世代の職員を支える制度が充実しています。第1子、第2子と出産・育児をしながら着実にキャリアを重ねることができます。

企業概要

創業/設立 設立/1937年8月31日
本社所在地 東京都中央区八重洲2-6-17
代表者 理事長 山本 隆
基本財産 3225億円(2022年3月31日現在)
保証債務高 6兆7634億円(金融機関の融資残高に相当、2022年3月31日現在)
職員数 652名 (2022年04月現在)
事業所 支店/八重洲、池袋、五反田、錦糸町、新宿、千住、上野、渋谷、葛飾、大田、立川、八王子
気になる

174人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません