株式会社クラダシ

株式会社クラダシ(クラダシ)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

株式会社クラダシ

【商社(総合)|その他商社|フードサービス】

ミッション『ソーシャルグッドカンパニーでありつづける』
ビジョン 『日本で最もフードロスを削減する会社』

クラダシは、持続的に社会課題の解決に取り組むビジネスを展開しています。「もったいない」を価値へ変え、凸と凹をマッチングすることで世界を豊かにしていきます。世の中に山積する社会課題解決を目的に設立したソーシャルグッドカンパニーとして、社会性・環境性・経済性に優れた活動をしていきます。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • CSR活動に積極的

  • 顧客視点のサービス

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 地域に密着した事業展開

私たちの魅力

事業内容
環境性・社会性・経済性に伴ったソーシャルビジネスを創りつづける

「ソーシャルビジネスを社会に広めたい」という想いで、2014年にクラダシを創立しました。これまでは、各業界からMissionとVisionに共感するメンバーが集まり、社会を巻き込む土台を築き上げ、2023年6月に上場を果たすことができました。

「ソーシャルグッドカンパニーでありつづける」社会を実現するために、先ずは「フードロス削減」基軸に社会を巻き込んでいき、日本のフードロス課題の解決を目指しています。世界に誇れる日本のフードロス削減のインフラを目指しています。

事業・商品の特徴
もったいないを価値に変えるサービス「Kuradashi」

Kuradashiは、楽しいお買い物で、みんなトクするソーシャルグッドマーケット。

フードロス削減を目指し、まだ食べられるにもかかわらず捨てられてしまう可能性のある食品などを、おトクに販売しています。
さらに、売上の一部を環境保護・災害支援などに取り組むさまざまな社会貢献団体への寄付やクラダシ基金として活用し、SDGs17の目標を横断して支援しています。

楽しくておトクなお買い物が、社会に良いことにつながる。そんな、全く新しいソーシャルグッドマーケットを創出しています。

ビジョン/ミッション
ソーシャルビジネスの前例を創るために、アクセル全開で、明るく楽しく周囲を巻き込んでいく

クラダシは、世の中に山積する社会課題の解決を、凸と凹のマッチングにより解決していきます。

そのためには、前例がないビジネスにも果敢に挑戦し、圧倒的なスピードで解決していく力が必要欠です。さらに言うと、自社だけではなく、周囲を巻き込む力が必要不可欠です。

クラダシは自社だけではなく、メンバー・協賛企業・消費者・社会といった複数周囲を巻き込みながら、社会課題の解決を推進していきます。

私たちの仕事

・総合食品ECサイト・常設店舗『楽しいお買い物で、みんなトクするソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」』の運営
・企業の総合食品EC支援マーケティング・コンサルティング
・クラダシ基金の運営
・食のサステナビリティフォーラムの開催

はたらく環境

組織の特徴
代表メッセージ

クラダシは「ソーシャルグッドのハブになる」
ビジネスと社会構造の循環の間に入り、社会の課題を解決したい

商社時代に知った、フードロスの現状。
大きな社会課題であるこの現実を放っておけないという使命感が原動力です。
しかし、どれだけ想いが強くても、一人の力では成し遂げられないことがあるということも、阪神大震災の経験を通して身をもって知っています。

だからこそ、ビジネスの力で、より多くの人を巻き込んで使命を成し遂げようと考えました。
社会課題の根本解決には持続可能な仕組みづくりが必要です。

そんな想いから、2014年にクラダシを創業しました。
楽しいお買い物で、みんなトクするソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」を通じて、フードロスの削減や、誰もが気軽に社会貢献に参加できる仕組みを育てていけるよう日々取り組んでいます。

フードロス問題や、それを取り巻く気候変動、飢餓や食料サプライチェーンリスクといったさまざまな課題。
クラダシは、「ソーシャルグッドのハブ」としてビジネスと社会構造の循環の間に入り、ステークホルダーの皆さまとの共創によって、社会課題の解決を実現します。

企業概要

創業/設立 設立 2014年7月
本社所在地 東京都品川区上大崎3-2-1 目黒センタービル 5F
代表者 代表取締役社長 関藤 竜也
資本金 310,080千円
従業員数 60名 (2023年10月現在) 
事業所 本社:東京都品川区上大崎3-2-1 目黒センタービル 5F
支社:岩手県一関市駅前38番地1 テラス石橋2階 事務所3
『1.5次流通』 1次流通:商品が新品の状態で消費者の手に渡ること。
1.5次流通:廃棄の可能性があった商品を価値あるものに生まれ変わらせ市場に提供すること。
2次流通:一度市場に出た商品が再び販売されること。
社会貢献型インターンシップ「クラダシチャレンジ」 社会貢献型インターンシップ「クラダシチャレンジ」(以下、クラチャレ)とは、フードロス問題や地方創生に興味関心のある学生が日本全国の地域・農家へインターンとして訪れ、作物の収穫支援や現地での交流を通して一次産業や地域経済の活性化について考える取り組みです。

クラチャレを通じて、地域の関係人口の創出・拡大、地域の魅力発信、学生への実体験を通しての学びの場の提供を目指します。

採用連絡先

■新卒採用に関するお問い合わせはこちら
recruit@kuradashi.jp
人事部(野中・川嶋)宛
※選考基準・選考結果に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。