福島県庁

福島県庁(フクシマケンチョウ)の採用情報・募集要項

正社員

福島県庁

【官公庁】

福島県をより良くしたい、という思いのある皆さま、私たちと一緒に福島県の復興と創生をひとつひとつ実現していきましょう。皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

  • 完全週休2日制

私たちの採用について

求める人物像
ひとつひとつ、実現に向けた挑戦を

福島県は東日本大震災からの復興・地方創生を更に加速させるため、様々なプロジェクトを推進しています。県民の皆様と協力しながら、複雑・多様な課題に取り組んでいくため、福島県では(1)仕事や自らの行動の向こう側には「いつも県民がいる」ことを意識できる人、(2)失敗を恐れずにチャレンジできる人、(3)よく聴き、よく考え、わかりやすく伝えることができる人を求めています。そして何より「福島県をより良くしたいという熱い思いのある人」。福島県の復興・創生に果敢に挑んでいく熱意と使命感を持った方をお待ちしています。

募集する職種

令和5年度福島県職員採用候補者試験の募集職種等は4月中旬に公開予定です。

【福島県職員(大学卒程度)採用候補者試験】

■行政事務
 各種施策の企画立案や事業推進、庶務・経理、県税の賦課徴収等の警察事務以外の一般行政の事務に従事します。
■警察事務
 警察本部、警察署等において、庶務・経理、施設・装備品の管理、各種申請の受理等の警察に関する一般行政の事務に従事します。
■農業
 農業の振興、農業改良普及、担い手の育成、試験研究、営農再開の支援等の業務に従事します。
■農業土木
 ほ場整備、農道・かんがい排水設備整備、被災農地復旧、農村環境整備に関する工事の設計・監督等の業務に従事します。
■林業
 林業の振興、森林の利活用、担い手の育成、林道・治山事業に関する工事の設計・監督、試験研究等の業務に従事します。
■土木
 道路・河川・港湾・空港等の整備に関する工事の設計・監督、維持管理、都市計画等の業務に従事します。
■建築  
 県営住宅の管理、建築指導、県有建築物の整備等の業務に従事します。
■化学
 原子力安全対策、環境保全、廃棄物対策、除染対策、試験研究等の業務に従事します。
■農芸化学 
 食品衛生に関する監視・指導、食の安全対策、農業改良普及、試験研究等の業務に従事します。
■薬学
 医薬品等の安全対策、薬事監視・指導、薬務関係許認可、県立病院における調剤、試験研究等の業務に従事します。
■畜産
 家畜の生産・改良、畜産環境の整備、経営指導、試験研究等の業務に従事します。
■水産
 水産業の振興・基盤整備、水産資源の管理、漁業調整、水産物の流通・消費の拡大、試験研究等の業務に従事します。  
■機械
 県有施設の機械設備の設計・工事監督・保守管理、試験研究等の業務に従事します。
■心理
 児童相談所、精神保健福祉センター等において、児童等への心理診断、心理療法等の業務に従事します。
■福祉
 児童や家庭に関する相談・調査指導、生活支援等の業務に従事します。

【福島県職員(資格免許職)採用候補者試験】

■司書
 県立図書館、県立学校において、資料の収集・整理・保存等の蔵書管理、貸出・閲覧・調査相談、利用者への情報提供等の業務に従事します。
■栄養士
 県立学校等において、学校給食の献立作成、子どもたちの栄養管理・指導、食育の推進、保健福祉事務所、県立病院等において、県民の食生活改善、生活習慣病予防等の業務に従事します。

ーーーー
※主な配属先は、福島県職員募集パンフレットに掲載しています。
   福島県人事委員会HP「パンフレット」
   https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/saiyou/pamphlet.html

※福島県人事委員会のHPでは職員インタビュー情報を掲載しています。
    職種ごとの主な仕事内容についてご参考にしてください。
  福島県人事委員会HP「職員紹介」
   https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/saiyou/syokuinsyoukai.html

※ 上記に記載している職種のほか、保健師、獣医師など、各任命権者か
 らの選考により採用される職種もあります。
  令和4年度(2022年度)の選考採用による職種は以下の「選考採用 
 の募集状況」をご覧ください。
    なお、令和4年度(2022年度)の実施は、令和5年度(2023年度)
 の実施を保証するものではありません。
  各職種についての詳細は、募集状況に記載の各所管機関にお問い合
 わせください。
    福島県人事委員会HP「選考採用の募集状況」
  https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/saiyou/senkousiken.html

研修・社内制度

研修制度
スキルアップのための各種研修

■基本研修
「新規採用職員研修」(前期・後期)など、職位に応じた能力を身に付けるための研修。ふくしま自治研修センターで、県内市町村職員と一緒に受講します。[選択研修の(一部)も同じ]
■選択研修
職員の自発性や挑戦意欲に応じた、政策形成能力や業務遂行能力の開発・向上のための研修
■専門研修
個別の業務に直接必要となる、各種法令・制度などの専門的知識や技能を身に付けるための研修
■派遣研修
大学院、自治大学校や中央省、民間企業などへの派遣による、高度な能力養成のための研修

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 電子申請(インターネット)/競争試験
選考方法と重視点 受験申込⇒第一次試験⇒第二次試験⇒採用候補者名簿登載(採用内定)
提出書類 受験資格の有無を確認するため、大学の科目履修証明書等の提出を求める場合があります。
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、大学院 卒業見込みの方
一部の職種を除いて学歴条件はなし。
(詳しくは、4月中旬に公表予定の受験案内をご確認ください。)

募集要項

初任給 2023年4月に採用された新卒者の初任給の基準
■福島県職員(大学卒程度)薬学以外
   大卒 月給196,100円

■福島県職員(大学卒程度)薬学
   大学6卒 月給226,000円
 
■福島県職員(資格免許職)司書
   短大卒 月給176,000円

※上位の学歴や、採用前に職歴を有する場合は、一定の基準により額が加算されます。
昇給・賞与・諸手当 ■昇給:年1回
■賞与:年2回(6月、12月)
■諸手当
扶養手当、住居手当、通勤手当、単身赴任手当、超過勤務(残業)手当、特殊勤務手当などの諸手当が、それぞれの条件に応じて支給されます。
勤務地

福島県内:福島県庁(福島市)、出先機関等
福島県外:北海道事務所、東京事務所、名古屋事務所、大阪事務所

勤務時間 原則 8:30~17:15
福利厚生 ■共済・共助制度等
 病気、ケガ、入院、結婚、出産時などに、給付金や手当金が給付
■住居
 県内各地に職員公舎あり
■健康管理
 職員の健康管理のため、定期健康診断・人間ドックなどの各種健診や健康相談等を実施
休日休暇 完全週休2日制(土日)、祝日、年次有給休暇(年20日間)、夏季休暇、結婚休暇、出産休暇、病気休暇、子育て休暇、介護休暇、ボランティア休暇 など
採用実績校 全国の大学・大学院 等
採用予定学部学科 全学部全学科
今年度採用予定数 未定
昨年度採用実績(見込)数 101~200名
試用期間 あり
6ヵ月間
本採用時と変更なし

職場データ

平均勤続年数 19.6年
(行政職) (行政職の平均勤続年数)
平均年齢 41.8歳
平均残業時間(月間) 18.4時間
平均有給休暇取得日数(年間) 11.9日
育児休業取得者数(男女別) 男性:取得者81名(対象者137名)
女性:取得者59名(対象者59名)
役員および管理職に占める
女性の割合
役員 : 0%
管理職: 11.2%
受動喫煙対策 あり(屋内の受動喫煙対策 禁煙)
※敷地内禁煙(学校を除き、屋外に喫煙所設置の場合あり)

採用連絡先

福島県人事委員会事務局採用給与課
〒960-8681 福島市杉妻町2-16 
TEL:024-521-7590(直通)
URL:https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/saiyou/