福島県庁

福島県庁(フクシマケンチョウ)の新卒採用・企業情報

正社員

福島県庁

【官公庁】

福島県庁では、県民の安全・安心な生活を守るため、地域振興、生活環境、危機管理、保健福祉、商工労働、農林水産、土木など様々な分野ごとに担当の部局を設置し、業務に当たっています。

各部局では、地域づくりや各種産業の振興、インフラの整備・管理、環境保全、地域医療の整備、将来を担う人材の確保、県産品の販路拡大など、県づくりに関わるあらゆる事業を行っています。

  • 地域に密着した事業展開

私たちの魅力

事業内容
「県づくり」に関わる、多種多様な業務を行っています!

福島県庁では、県民の安全・安心な生活を守るため、地域振興、生活環境、危機管理、保健福祉、商工労働、農林水産、土木など様々な分野ごとに担当の部局を設置し、業務に当たっています。
各部局では、地域づくりや各種産業の振興、インフラの整備・管理、環境保全、地域医療の整備、将来を担う人材の確保、県産品の販路拡大など、県づくりに関わるあらゆる事業を行っています。

ビジョン/ミッション
2022年4月より新たな福島県総合計画がスタート

県が目指す将来の姿をイメージし、県づくりを進める上での指針となる、新たな「福島県総合計画」が2022年4月よりスタートしました。計画では、「ひと」「暮らし」「しごと」を3本の軸とし、主要施策や成果の目標を定めています。複雑化する復興課題や人口減少対策、特に重要な行政課題を「避難地域等復興加速化プロジェクト」など8つの重点プロジェクトとして展開し、取り組んでいます。

私たちの仕事

例えば、次のような仕事があります。

○被災者の支援、被災地域の復旧・復興

○地域づくりの総合的な支援、文化・スポーツの振興

○国際交流、環境保全活動、男女共同参画社会の推進

○医療・福祉提供体制の整備、子育て支援

○観光誘客・二地域居住の促進、県産品の流通促進、商工業の振興

○農林水産業の基盤整備、農林水産物の消費拡大及び流通促進

○道路・河川等の整備、港湾の整備及び利活用促進 など

はたらく環境

組織の特徴
「多様な経験を通じて成長できる」 だから県職員は面白い!

福島県庁では、環境、県民活動の支援、産業の振興、秩序維持、環境保全のための許認可、県民生活を支えるインフラの整備・管理など数え切れないほどの業務を行っています。「人の役に立ちたい」「地域づくりに取り組みたい」「社会貢献したい」「福島の良さを広めたい」20種類を超える職種からなる福島県職員には、いろいろな考えや経験、背景を持った職員がいますが、共通するのは、「福島をより良くしたい」という思いです。幅広い業務や多様な経験を通じて、自分自身が成長し、福島の復興・地方創生に直接携われるこの仕事は、働いている人の数だけ、やりがいがあります。

企業概要

創業/設立 設立 1876年
本社所在地 〒960-8681 福島市杉妻町2-16
代表者 福島県知事 内堀 雅雄
職員数 約5400名(知事部局のみ) (2022年04月現在) 
事業所 福島県庁、福島県内及び福島県外(札幌、東京、名古屋、大阪)の出先機関等

採用連絡先

福島県人事委員会事務局採用給与課
〒960-8681 福島市杉妻町2-16 
TEL:024-521-7590(直通)
URL:https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/saiyou/