青森県民生活協同組合

青森県民生活協同組合(アオモリケンミンセイカツキヨウドウクミアイ)の新卒採用・企業情報

正社員

青森県民生活協同組合

【生活協同組合】

青森県民生協は、地域の皆様のご要望とご支援により1988年に創業、“地域の皆さまと共に暮らしをより良いものにする”を企業理念に30年以上に渡り営業しています。協同組合で運営するのは“地域の皆さまと助け合う組織であり続ける”ため。時代とともに地域の暮らしは変化しつつありますが、生活に欠かすことのできない「食」を通じ、“より良い暮らし”の実現を目指し続けます。

  • CSR活動に積極的

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

私たちの魅力

事業内容
【暮らしをより良いものにしたい】が生協の願いです。

〇「生協」って?
 正式には、生活協同組合といいます。「協同組合」とは、同じ目的を持つ人々の結びつきによって生まれた、非営利組織のことです。わたしたち”生活”協同組合は、「暮らしをより良いものにしたい」と願う人々が、協力して生まれた組織と言えるでしょう。
〇青森県民生協の魅力
 現在、当組合の組合員は10万人を超えておりますが、ただのお客様ではありません。生協に出資する共同所有者であり、より良い暮らしを実現するという目的を持った、仲間なのです。
 このように地域にお住まいの一人ひとりが参加できる組織であることが生協の魅力であり、事業の強みです。

私たちの仕事

食品の「安全・安心」を追求するという目的のもと、地域に根差し、地域に暮らす組合員(お客様)の期待に応え、組合員の暮らしを支え貢献するのが、私たちの仕事です。

はたらく環境

オフィス紹介
“地域に根差し”様々な事業を展開!!

青森県民生協は、店舗(スーパー)事業が主力の事業となりますが、この他にコロナ禍で注目されたネットスーパー事業をはじめとした様々な事業展開をし、地域に根差した堅実な経営を行なっております。今後も時代の変化や地域のニーズに対するアンテナを高くし、皆さまの暮らしが少しでも良くなるよう、取り組んで参ります。

企業概要

創業/設立 1988年3月23日設立
本社所在地 青森県青森市浜館3丁目7-7
代表者 理事長 工藤 勝保
出資金 11億8千万円(2022年3月20日現在)
売上高 174億円9千万円(2022年3月20日現在)
従業員数 正規職員204名・パート職員393名・アルバイト職員488名 (2022年04月現在) 
事業所 青森市内に11店舗
 ・つくだ店
 ・金沢店
 ・八重田店
 ・新城店
 ・はまなす館
 ・コスモス館
 ・ひまわり館
 ・あじさい館
 ・さくら館
 ・アカシア館
 ・あやめ館 
おいらせ町に1店舗
 ・おいらせ店

採用連絡先

青森県青森市浜館3丁目7-7
TEL:017-742-8686 
採用担当:竹中
Eメール:takenaka@aomoriken-coop.or.jp