社会福祉法人サンライズ【旧社名:社会福祉法人芳洋会】

社会福祉法人サンライズ【旧社名:社会福祉法人芳洋会】(サンライズ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

社会福祉法人サンライズ【旧社名:社会福祉法人芳洋会】

【介護・福祉サービス】

先輩情報

A・N(2012年入社)

ひのでホーム 入居サービス部  

職種 ケアワーカー・介護士・社会福祉士
出身校 東京福祉大学
出身学部 社会福祉学部
専攻分野 教育・心理・福祉学系

インタビュー

旅行が趣味です!47都道府県全制覇が目標です!

  • 私が中学生の頃、祖父が認知症になりました。食事や排せつの手助けや徘徊があり、介護をする家族は非常に困っていました。そこでケアマネジャー、ソーシャルワーカー、介護士、地域の方などに支えられているのを目の当たりにしました。そこで初めてそのような仕事があることを知り、“介護は本人への支援だけではなく家族の安心にもつながっている”と感じ、私にはこれしかない!と直感で感じたと共に、やるからにはプロフェッショナルになってやる!と決意しました。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    明るさが一番の決め手でした

    建物内の明るさはもちろんですが、働く職員がとにかく明るく声を掛けてくれたのがとても印象的でした。就職活動をするにあたっていくつかこだわりがあったのですが(ここだけの話、他に魅力的だなと思う施設もありましたが…笑)最終的に決めたポイントはどことも比べようのない位の明るさでした!

  • 思い出に残る仕事

    仕事のやりがいや印象に残っているエピソード

    日常の介護でお困りの方からの電話を受けておりますが、どうしたら良いかわからない、このままでは介護が必要な本人もそれを支える家族も安心した生活が送れない、といった相談を受けることがあります。実際に当施設に入所されなくても、お話を聞く中で今利用できるサービスや必要な手続き等をお伝えすることで「助かりました、ありがとう」「これで家族の生活も守れます」「お互いに安心できます」といったお言葉を頂くことがあります。また、当施設に入所されたご本人やご家族と「その人らしい生活や最期」についてお話を何度も繰り返し伺い、それが介護士をはじめとする多職種との連携の上で実現できた時には、この仕事の尊さや楽しさ、やりがいを感じます。

  • 思い出に残る仕事

    新人当時のエピソード

    いろんな失敗をしましたし、ご入居者に怒られることもたくさんありました。「チームなんだからもっと頼っていいんだよ」と周りに声を掛けてもらい「あ、頼っていいんだ」と心が軽くなりました。またご入居者に「もっと上手にできる人に代わって」と言われたこともありましたが、そう言われないようにもっと上手くなってやる!と練習をし、その方から「上手になったね」と褒めて頂けたときはとても嬉しかったです。

  • 今後の目標・将来の夢

    これからこんな仕事をしてみたい!!

    「こうしたい!」という思いに寄り添い、施設だからできない、高齢だからできないと思われていることでも、実現させていきたいです!

仕事の特徴

  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 周りの人をサポートする仕事
  • 人生の節目をサポートする仕事
  • 医療・福祉に貢献する仕事
  • 暮らしに豊かさを提供する仕事