大成建設株式会社

大成建設株式会社の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

東証 名証

大成建設株式会社

【建設|設計|不動産】

先輩情報

守屋 有紀(2017年入社)

東京支店 管理部事務センター  

職種 総務・業務
   
出身学部 社会学部
専攻分野 その他文系

インタビュー

関係者と作業所をつなぐ

  •  担当する作業所において業績管理とリスクマネジメントを行い、経理・会計、法務、総務、人事など、あらゆる面でプロジェクトの進行を支えるのが、作業所事務の仕事です。作業所を取り巻く多くの関係者との折衝を行い、関係者と作業所をつなぐ立場として、様々な面から工事をサポートすることが求められます。
     直接的にものづくりをしませんが、作業所事務は、現場の先頭に立つ作業所長と共にプロジェクトを進める、責任ある仕事です。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    ものづくりの最前線で仕事ができる

     就職活動では「1つの目標に向かってチームで成し遂げる仕事」を軸にしていました。業界研究を進めるうちに、この世でただひとつの建物をつくるために多くの人が関わっている建設業界を知り、まさに自分がやりたい仕事だと直感しました。
     大成建設を選んだ理由は、事務社員でも、ものづくりの最前線である工事現場の一員として仕事ができると思ったからです。また、出会った先輩達が自分の仕事に誇りを持っていると感じたことも決め手でした。
     実際に働いてみて、現場が上棟や竣工といった節目を迎える時に一緒に仕事をしている仲間達と共に達成感を味わうことができるのが、この仕事の何よりの魅力だと思っています。

  • 仕事のやりがいは・・・

    年齢に関係なく事務の責任者として働くことができる

     作業所事務の仕事は、その現場を取り巻く社内外の様々な関係者に囲まれています。だからこそ、一つひとつの出来事についてしっかり「報・連・相」することが非常に重要です。最初の頃は、報連相がうまくできず、トラブルに発展してしまうこともありましたが、些細なことでも報連相を徹底することで、周囲の関係者とも信頼関係を築くことができました。
     そのおかげで、事務の視点で判断が必要な場面(収支管理、労災対応、近隣トラブル等)については、一回り以上年齢が離れた方でも、自分に意見を求めてくれますので、そのプロジェクトの事務の責任者として仕事ができるところにやりがいを感じます。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 周りの人をサポートする仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 若いうちからマネジメントできる仕事