公益財団法人横浜市緑の協会

公益財団法人横浜市緑の協会の企業情報

公益財団法人横浜市緑の協会

【公団・公社・公益|一般(その他)サービス|一般(その他)サービス】

企業概要

事業内容 公益財団法人横浜市緑の協会は、昭和51年7月に任意団体「横浜市公園協会」として発足し、昭和59年「よこはま緑の街づくり基金」の設置に伴い、「財団法人横浜市緑の協会」に名称を変更しました。
平成24年4月に神奈川県から公益認定を受け、「公益財団法人横浜市緑の協会」となりました。
現在では、市民等の寄附からなる「よこはま緑の街づくり基金」の運用益を普及啓発事業・緑化推進事業・緑の街づくり事業等に活用し、都市緑化関連事業の推進を支援しています。
また、市内3つの動物園、横浜山手西洋館、三ツ沢公園等の公園・施設の指定管理者として、各公園・施設を管理するとともに、イベントの実施など、施設の積極的な活用や環境教育の推進などを行っています。
創業/設立 1976年07月
本社所在地1 神奈川県横浜市中区日本大通58日本大通ビル2階
電話番号 045-228-9420
事業所 横浜山手西洋館、俣野公園、俣野別邸庭園、海の公園、野島公園、長浜公園、富岡総合公園、岸根公園、馬場花木園、こども植物園、三ツ沢公園、よこはま動物園ズーラシア、野毛山動物園、金沢動物園など(2021年4月時点)
代表者 理事長 福山 一男
基本財産 1,500万円
事業収入 51億1,661万円(2021年03月現在)
職員数 484名(2021年06月現在)(パートタイマー含む)
上場区分 非上場