社会福祉法人浩照会

社会福祉法人浩照会の企業情報

社会福祉法人浩照会

【医療関連|介護・福祉サービス】

社会福祉法人浩照会は「介護老人保健施設あじさいガーデン伏見」「特別養護老人ホームあじさい苑」「伏見桃山総合病院」を運営する法人になります。老健は276床のベッド数を所有し、全国的に見ても大きな施設となります。特養は個室ユニットケアを採用し生活しやすい空間となります。病院は地域に根ざし、皆様に愛され、親しまれる病院を目指しています。その他にも「居宅介護支援事業所あじさい」「訪問看護ステーションあじさい」も運営、「地域社会に貢献」をテーマに、地域になくてはならない施設を目指しております。

  • 地域に密着した事業展開

  • 女性の管理職実績

  • 女性の従業員比率が50%以上

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
新人教育体制に力を入れております!

介護や福祉に関わる学部以外の出身者も多く、新卒者を育成していく仕組みが整っています。先輩職員が付き、「介護業務到達基準表」と面談でチェックしながら、現場で実践的な介護の技術を指導し、おおむね1年程度でひと通りのことができるように成長をサポートしています。
知識や技術の振り返りを行う全体研修も実施しており、同期が集まって情報や悩みを共有する場にもなっています。

企業理念
法人理念のもと活動をしております。

「医療・介護を通じて人と地域に貢献する」
「温かく心安らぐ施設づくりを目指す」
当法人理念のもと、ご利用者様とそのご家族様、地域の方々、
そして職員のより良い関係づくりに励みたいと考えます。

私たちの仕事

社会福祉法人浩照会は、介護老人保健施設と特別養護老人ホームを主に、伏見桃山総合病院の運営も始め、地域の福祉・医療へのニーズに総合的に応えています。

はたらく環境

職場の雰囲気
若手が活躍する風通しの良い職場

20代~30代の若手の職員が活躍し、全職員が参加できる旅行などのほか、音楽などのサークル活動もあって、職種や上下を超えて風通しの良い職場環境です。

働く仲間
20代~30代の若い職員が活躍

20代~30代の若い職員が、職種を超えて協調し、より良いサービス作りに取り組んでいます。また地方出身者の方も独身寮(借上げ社宅)制度を多数利用し活躍中!

オフィス紹介
老健の入所フロア

老健は多床室・特養は個室ユニットケアにて利用者様を介護

企業概要

創業/設立 1999年(平成11年)11月
社会福祉法人浩照会 設立
本社所在地 京都市伏見区向島二ノ丸町151番81
代表者 理事長 宮脇 昭太郎
従業員数 581名 (2020年08月現在) 老健257名・特養78名・病院246名
事業所 介護老人保健施設 あじさいガーデン伏見
京都市伏見区向島二ノ丸町151番81

特別養護老人ホーム あじさい苑
京都市伏見区向島二ノ丸町151番53

伏見桃山総合病院
京都市伏見区下油掛町895

居宅介護支援事業所 あじさい
京都市伏見区向島二ノ丸町151番51

訪問看護ステーション あじさい
京都市伏見区向島二ノ丸町151番51
気になる

4人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません