西田精機株式会社

西田精機株式会社の企業情報

西田精機株式会社

【医療関連|精密機器|医療用機器】

先端医療を支える「0.05mm」の微細加工!

世界NO.1の“もの創り企業”へ

私たちの魅力

事業内容
【事業内容】

私たちは医療機器に使用される精密部品の加工を行っています。特に微細加工を得意としています。医療にも使われる製品ということで、高い精度が求められる仕事です。 当社の製品の特徴はその小ささです。なんと、最小で0.05mmの製品を加工しています。精度も非常に高く1000分台まで公差を抑えた製品もあります。
西田精機の製品は非常に小さいモノですが、それらは世界の医療現場をいう広いステージで利用されています。
材料はステンレスやアルミなどの金属から樹脂材(プラスチック)まで取り扱っており、量産品だけでなく試作の加工にも柔軟に対応しています。
メインの取引先は内視鏡の世界的メーカーであるオリンパスグループです。月だけで300~400万個の納品に対応しています。
先端の加工機械「NC自動旋盤」と創業以来培った匠の技術により、精度と量産を両立した生産体制です。

企業理念
経営理念

「高い技術力によりこれまでなかった製品やサービスを提供し、世界No.1の“もの創り企業”を目指します。」

“もの創り企業”…「もの」とは
「者:真面目で真剣に仕事に取り組む想像力豊かな人」
「物:これまでなかった製品やサービスを創造」

今日に至るまで、多くの人たちの支えによって技術を高めてきました。この高い技術力を活かし世界No.1の“もの創り企業”になり、社会貢献する事で世の中に必要な企業であることを認めて頂ける様な企業でありたいと思っています。

私たちの仕事

人と技術を育てる西田精機の”もの創り”

1972年(昭和47年)の東京本社にて現相談役会長 西田次郎が会津オリンパス様と取引を開始しました。1977年昭和52年 東京本社6名、西会津7名、合計13名により西田精機(株)を創立しました。震災の直後の2012年頃より福島県の復興には雇用が絶対に必要であることを会津若松市長様に伺いました。その後、会津若松市からの新工場設立に関してのアドバイスを受け、河東工業団地内に2013年4月に会津若松工場を操業しました。今後は、『人』の能力とIoTを駆使し、社員一人ひとりのやりがいのある仕事が出来る環境の整備を進め、より内容を充実して中身の濃い会社にして行きたいと思っています。

会社が成長していくのと同様に、人材や地域も変化し変わってきていると感じます。現在の地方における課題は、少子高齢化や県外への人口流出により人材が減少している事です。当社が安定した成長と取引先様からの信頼を得られている要因は、弊社は離職率が低いことがあります。古くからある西会津工場では退職される方の殆どが定年退職です。弊社の社員は勤勉で真面目な方が多く会社の成長に社員一人ひとりが大きくかかわってくれたと思います。さらに2014年に新設された会津若松工場では、多くの若い人材が活躍しています。「真面目な人材」は第1条件ですが、真面目だけではなくその次の段階を持っている人材を求めています。そのためには社内教育による人材育成も大変大事になると思います。

創立から40年以上が経過し、経営理念を新たに掲げました。『高い技術により、これまでなかった製品やサービスを提供し世界NO.1の“もの創り企業”を目指します。』としました。“創る“とは世の中にない新しいものを送り出すことの意味です。新たなものを作る人材とは、お客様のためならどのような事にもためらわず「力を出し切る」ことができ、「初心を忘れず」、「経営理念を生かし」、既存の枠組みや制度にとらわれることなく柔軟に対応する...西田精機の従業員としてプライドをもって働くことのできる人です。その様な”もの創り“ができる人たちと西田ブランドを未来に向けて充実発展して行きたいと思っています。

はたらく環境

組織の特徴
【部署紹介】

◆生産技術課
加工プログラムの作成や、工程改善などを行っています。

◆製造1課
NC自動旋盤による加工や機械のメンテナンスを行っています。

◆製造2課
主に顕微鏡を使用し、すべての製品の検査を丁寧に行います。

◆品質課
作業マニュアルの作成や、製品の品質データの管理を行っています。

◆管理課
独自開発した生産管理システムを活用し、製品の加工計画を立てます。

◆総務課
経理・人事を担当し、製造現場をバックアップしています。

各職場の社員インタビューをHPに掲載しているので、ご覧になってください!

働く仲間
若手社員がとっても多いです!

若手社員が多く、和気あいあいとした職場です。会津若松工場の平均年齢は29歳となっており、様々な部署で若い力が活躍しております!

企業概要

創業/設立 1949年
本社所在地 福島県会津若松市河東工業団地2-5
資本金 5000万円
売上高 14億円(2019年実績)
従業員数 183名 (2020年06月現在)
事業所 会津若松工場
〒969-3564 福島県会津若松市河東工業団地2-5
沿革 1949年
東京都板橋区に金属挽物業として西田製作所を創業 創業者 西田忠次郎
1972年
会津オリンパス(株)様と西田製作所にて挽物部品のお取引開始 社長 西田次郎
1974年
西会津町野沢の借家にて会津オリンパス(株)様と鉗子組立のお取引開始 従業員7名
1977年
西田精機(株)として創立、資本金100万円 社長 西田次郎 従業員数13名
1990年
4月西会津工業団地内に新築移転し操業 常務取締役 西田高 就任
2002年
代表取締役会長 西田次郎 就任、代表取締役社長 西田高 就任
2014年
4月 会津若松新工場操業
2015年
7月 会津若松工場増築
2019年
4月 会津若松工場増築
2020年
4月 本社機能を東京から西会津工場へ移管 従業員数177名
気になる

3人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません