社会福祉法人大山特別養護老人ホームときわの杜

社会福祉法人大山特別養護老人ホームときわの杜の企業情報

社会福祉法人大山特別養護老人ホームときわの杜

【介護・福祉サービス】

私たちは、ユニット型の特別養護老人ホームとして、『みんな家族』を合言葉に起きてから眠るまでその人らしく過ごせるよう入居者様ひとりひとりに寄り添い、生活の中で欠かせない楽しみの部分ではレクリエーションや行事を頻繁に企画し、職員も一緒に楽しむ姿勢で取り組んでいます。

  • 設立10年以内の企業

  • 女性の従業員比率が50%以上

私たちの魅力

事業内容
異動がなく、慣れ親しんだ環境でお仕事が出来ます!

法人内に施設が1つの為、他施設への異動がなく、慣れ親しんだ環境でお仕事が出来ます。
ユニット型の特別養護老人ホームの為、配属先もユニット固定となり、入居者様と顔なじみの関係を築くことが出来ます。
顔なじみの関係になる事でその方の好みや性格を理解し、温かみあるケアの提供に繋がります。

企業理念
共に成長します!

私たちの職場では『学び』の機会を大切にしており、年間計画に沿って毎月、勉強会を開催したり、外部から講師を招き入居者様のケアに必要な知識や技術を学び、実際のケアに生かす事で入居者様の状態が安定すると職員のやる気にもつながります。
新入職員に対する教育体制も整っており、教育担当を中心に入職後3か月かけて座学や実技を学んでいただきます。ユニットにもエルダーが付いているため、一日でも早く職場に溶け込めるようにフォローします。
又、資格取得支援制度があり、介護福祉士取得の為の実務者研修受講の費用を施設で負担したり、勤務扱いで研修に参加していただくことが可能です。

私たちの仕事

私たちの仕事は入居者様の生活を支えることです。
食事や排泄を通して、健康管理を行い、状態の悪化にも早めに気付き対応する事で重度化しない事を目標に日々観察を行っています。楽しみとなる部分では春はお花見や買い物、夏はかき氷や花火、秋は紅葉狩りや運動会、冬は鍋パーティーやクリスマス会等、入居者様の日々の声を聞きながら好みに合わせ職員が企画しています。外出行事では一緒にレストランで食事したり、一緒に楽しむことが大切です。

はたらく環境

社風
食べるもので身体がつくられる!

ときわの杜では、普段食べているものが私たちの身体をつくっているという考えから『食事』をとても大切なものと捉えています。厨房スタッフは委託ではなく、直接雇用のスタッフで管理栄養士2名を中心に栄養管理を行うことはもちろん、体に優しい食材を使うよう心がけています。たとえば、砂糖は上白糖ではなく、ミネラル分を含んだ素焚糖を用いたり、果物も缶詰めは極力使わず、旬の果物を提供しています。
又、入居者様の身体状況に合わせて食べやすく安全な食事を提供できるよう誤嚥の危険性が高いキザミ食やミキサー食を廃止し、ソフト食というひと手間かけた食事形態を用意しています。
入居者様だけではなく、職員食として、入居者様と同じ体に優しい食材を用いた食事を頼む事もでき、職員の健康管理にも一役かっています。

働く仲間
いろんな年代の方がいます

ときわの杜では、18歳~60歳台の方まで幅広い年齢層の職員がいます。主婦層の職員はキッチン周りをキレイにしたり、手早く洗濯物を片したり、年齢の若い職員はフットワークの軽さを生かし、業務にあたったりそれぞれの年代の方が得意な事を生かし合い、又、苦手な事を補い合いながらお仕事をしています。

企業概要

創業/設立 平成22年  7月 社会福祉法人 大山(だいせん)  設立
平成23年 10月 特別養護老人ホーム ときわの杜 開設
     11月 ときわの杜デイサービスセンター 開設
平成28年  8月 ときわの杜ケアプランセンター   開設
本社所在地 〒285-0813
千葉県佐倉市石川556
代表者 理事長 山根 晃
職員数 90名 (2018年03月現在)
事業所 本社と同じ
気になる

7人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません