株式会社一条工務店広島

株式会社一条工務店広島のキャリタス限定情報

株式会社一条工務店広島

【住宅|建設|設計】

INTERVIEW

  • 所属部署
    営業部
    出身大学・学部・学科
    摂南大学 経営学部

    島本 亮(2011年入社)

  • 広告費用を開発や性能に費やしているから営業としては大きな武器

    リーマンショック最中の就職難の時期に一番最初に内定をもらったのが一条工務店広島でした。正直その時は一条工務店をしらなかったのですが、木造住宅メーカーとしては大手だと知って驚きました。CMをながしていないので知名度は低いかもしれません。しかし広告費用を開発や性能に費やしていることはお客様から大変好評をいただいており、営業として大きな武器になっています。自分自身大雑把な性格なので、入社当初は住宅メーカーの営業としてやっていけるか不安でした。しかし経験を重ねるうちに、営業はある程度自分で仕事を仕事を調整できる。いわば個人事業主のような働き方ができる事を学び、今では逆に大雑把な性格の方が柔軟に仕事がこなせると感じるようになりました。住宅メーカーの営業はお客様と関わる時間が特に多い仕事です。一条は性能の高さからウソをついて営業をする必要がないので、気持ちの面で辛いことはありません。

  • 所属部署
    設計課
    出身大学・学部・学科
    京都女子大学

    三好 里佳(2015年入社)

  • お客様の好みを引き出すことが信頼につながる

    私が所属する設計課で主にお客様の好みに合った色やレイアウトを提案する仕事をしています。お客様に接する上で一番大切にしているのが「お客様の好みを自然に引き出す」こと。あまりこちらから積極的に「どんな色が好みですか?」と質問するよりも、お客様のお洋服や持ち物の色やブランドから好みを考察し、自然と提案することで信頼感が得られるよう努めています。一条工務店広島は資格取得報奨制度があるので勉強の励みになります。

  • 所属部署
    工事課
    出身大学・学部・学科
    近畿大学

    藤井 建吾(2017年入社)

  • 家に性能を求めるのは働く人間も同じ

    就職するにあたり色々な住宅メーカーを参考にするなかで、一番重要視したのが性能面でした。それは間取りやデザインなどは個人のスキルでクリアできる部分ですが、躯体、材質など、家の性能に関することは個人ではどうすることもできない部分だからです。一条ではお客様への値引きがないので、工事課も無理なコストダウンを迫られることなく、木材をはじめ、良質な材料を使用して家を建てることが出来ます。一条は、まさに私が求めていた『性能が優れている』住宅メーカーでした。実は入社時に希望していたのは設計課でしたが、一条工務店広島では他の部署へ移動するキャリアプランも珍しくなく、今は工事課で得た知識を財産として引継ぎ、設計課の異動も考えています。

気になる

135人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません