株式会社ミキモト装身具

株式会社ミキモト装身具の企業情報

株式会社ミキモト装身具

【その他製造|商社(宝飾)|専門店(宝飾・メガネ)】

創業は明治40年(1907年)、主に真珠を配した宝飾品を造り続け、海外の一流ブランドと肩を並べる株式会社ミキモトの専属メーカーです。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 安定した顧客基盤

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
貴金属装身具及び宝飾品の製造、卸販売

■世界中の女性を真珠で飾りたい
1893年、創業者である御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。それまで偶然の産物でしかなかった真珠は、この偉業によって世界の隅々にまで広まることとなりました。以来「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた創始者の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を「美」に捧げています。真珠を通して「美」を追求し、豊かな生活文化に貢献していくことを私たちの企業理念としています。

事業・商品の特徴
宝飾品加工企業のリーディングカンパニー

■真珠に真心を吹き込む
当社の事業である宝飾品づくりの仕事は、今から100年以上前の明治40年(1907年)4月、東京・築地に創設された「御木本金細工工場」に始まります。それに先立つ明治26年(1893年)、創業者である御木本幸吉は半円真珠の養殖に成功し、英虞湾(三重県志摩市)で本格的な真珠生産に取り組む一方、この丹精込めてつくられた美しい真珠を世に送り出すため真珠装身具加工工場を創設しました。まだ日本にジュエリー文化の無かった時代に、真珠を配する宝飾品を制作する会社が誕生しました。これが私たち「株式会社ミキモト装身具」の前身となります。
その後、関東大震災や世界大戦、戦後の混乱期など、事業存続が危ぶまれる幾多の困難に直面しましたが、創造の精神を受け継ぐ多くの先輩方が守り抜いた装身具加工技術をもとに、私たちは一世紀以上にも亘って、世界に誇るMIKIMOTOのジュエリーを造り続けています。

私たちの仕事

ひとつのジュエリーを完成させるには、様々な役割があります。ジュエリーを造るための高度な技術や生産設備、工程ひとつひとつを繋いでいく生産管理、完成した商品を厳しく検査する品質管理、ゴールドやプラチナなどの地金を購入管理する資材部門、真珠やダイアモンドを買い付ける貴石調達、そしてジュエリーの魅力を多くの方へ伝える営業部門~。どれも欠かすことの出来ない重要な役割です。全ての部門が一体となって初めて、完成度の高い美しいジュエリーを世に送り出すことができるのです。

■ 生産管理・工程管理
当社では毎月、数百~数千点ものジュエリーが生産されています。これだけ数多くの高品質なジュエリーを世に送り出すためには、技術部門だけでなく、生産をサポートする生産管理という役割が重要となります。製造部門や営業部門の仕事内容は学生の皆さんも思い描くことができるかと思いますので、ここでは当社の生産管理部門(総合職)を簡単に解説します。

◆ 業務部
受注全体を把握し、納期厳守での生産スケジュールや工程の管理、進捗管理、また、完成したジュエリーの品質検査を行います。受注からデザイン・仕様の確定、各工程への受発注、納品、売上処理に至るまで、つまり、技術以外の部分となります。
当社が長い年月をかけて積み重ねてきた生産ノウハウ・生産システムをもとに、生産全体をコントロールする役割を担っています。

◆ 資材調達部
ジュエリー制作に必要な金・銀・プラチナなどの地金調達と在庫管理、部材の調達管理、また、ダイアモンドや真珠といった素材の買付け・在庫管理、払出を行います。

◆ 経営管理部
総務人事課、財務経理課、情報システム課など、組織運営に必要な業務を行う部門です。こちらは生産管理とは異なりますが、総合職に含まれます。

はたらく環境

オフィス紹介
中目黒という街の魅力

当社が本社を構えるのは、住みたい街ランキングでも常に上位に入る「中目黒」です。目黒区でも中央部に位置する中目黒駅の周辺は、商業施設や商店街でいつも賑わっています。渋谷や代官山へは徒歩圏内(電車では3分)、都心へのアクセスはとても便利な場所であると同時に、東京はもちろんのこと、神奈川・千葉・埼玉の多くの都市が通勤圏内に入るかと思います。
そんな中目黒には、山手通りという大きな道路と並行して「目黒川」が緩やかに流れており、川沿いには、民家を改装した複合店舗や雑貨屋さん、また、おしゃれなカフェなども多く立ち並び、華やかなロケーションが広がっています。
今や春の風物詩となった目黒川の桜並木は、4月になると800本以上の満開の桜で彩られ、多くの人で賑わいます。庶民的で心が落ち着くエリアと都会的でハイセンスなエリア、程よく混在する日常と非日常を気軽に行き来できるのも「中目黒」という街ならでは。このような環境の中に本社を構えていることも当社の魅力のひとつです。

職場の雰囲気
社員食堂のご紹介

ミキモト装身具には、月額3960円で利用できる社員食堂があります。メニューは毎日3種類あり、「定食(2種類)」もしくは「麺(ラーメン・そば・うどん)」を選ぶことができます。定食の中でも人気メニューは「からあげ」「とんかつ」、麺では「カレーうどん」や「担担麺」。毎日あたたかいランチを楽しみに仕事を頑張っている社員も多いと思います。
もし社員食堂がなかったら・・・、寒い日も、雨の日も、夏の暑い日だって毎日~外に出て食べに行かなくてはなりません。今日はどこのお店のどんなメニューにしようかな?・・・、そんなことを楽しめるのはせいぜい最初の1ヶ月くらい。安くて・美味しくて・お昼どきにすぐに座れるお店なんてありません。人気のお店はどこも混雑していますから、きっと待たされたあげくに知らない人と相席なんてことも多いはず。しかもお昼休みは60分しかありませんから、急いで食べて会社に戻ったらすぐに仕事・・・、このように社員食堂のない日常を想像しただけでも大変です。
お弁当を作る手間もかけずに、安くてバランスの摂れたランチが食べられるので、私たちは社員食堂があることの幸せを毎日実感しています。土日を除いて月に20~22日間の利用と考えると、「一食あたり200円以下」という破格の値段です。入社したらもうお昼の心配はいりません。

企業概要

創業/設立 創業:明治40年4月1日
設立:昭和36年8月1日
本社所在地 東京都目黒区青葉台3-20-8
代表者 代表取締役社長 下倉 隆
資本金 1億5320万円
売上高 67億3280万円 2018年8月決算期
従業員数 199名(男112名・女87名) (2018年08月現在)
子会社・関連会社 ■ 株式会社 ミキモト
<業務内容>
真珠及び真珠製品、貴金属及び貴金属製品、その他貴金属の国内販売、輸出、生産、加工、卸販売、

■ MIKIMOTO(AMERICA)CO.,LTD(アメリカ)
<業務内容>
ミキモト製品のアメリカ国内における卸売、小売

■ 御木本真珠寶有限公司 
MIKIMOTO PEARL JEWELLERY (HONG KONG)LIMITED(香港)
<業務内容>
ミキモト製品の香港における製造および卸売、小売

■ 株式会社 御木本真珠島
<業務内容>
観光事業

■ 御木本製薬株式会社
<業務内容>
医薬品、医薬部外品、化粧品、工業薬品、栄養食品の製造販売

■ 株式会社ジェムインターナショナル(子会社)
<業務内容>
真珠・貴石素材及び貴金属装身具の販売卸業
事業所 【本社・工場】
東京都目黒区青葉台 3-20-8
事業所 【本社・工場】
東京都目黒区青葉台3-20-8

【営業本部】
東京都目黒区東山1-4-4 目黒東山ビル7F

【営業本部 神戸支店】
兵庫県神戸市中央区山本通4-20-1 ミキモト神戸支店ビル
■ミキモトクオリティを支える確かな技術と生産管理システム 信頼される高品質のジュエリーを造り続けるには、もちろん宝飾品の加工技術だけでなく、その品質・生産管理システムが重要になります。受注からデザイン仕様の確定、各工程の受発注、真珠・ダイアモンド等の素材手配、部材の購入管理など、当社には長い年月を経て積み上げてきたジュエリーの生産ノウハウがあり、それらを凝縮した独自の生産管理システムがあります。
ブランド品質を支えるのは技術力だけでなく、その技術力を最大限に活かすための品質管理・生産管理システムが確立されていることが当社の強みでもあります。
■匠の技 世界に誇ることのできる私達の財産、それは類まれなるクラフトマンシップです。
創業以来、一時も停滞することなく磨き続けられてきた確かな技を継承する匠。 それがミキモト装身具のクラフトマンです。 私達は、地金のカッティング、ロウ付け、研磨、そして宝石のセッティングに至る工程のすべてにその卓越した技を駆使し、選び抜かれた素材からクリエイティブな美の世界を創り出し、製品の一つ一つに時代を超えて生き続ける命を吹き込んでいます。
さらに、個人の技倆だけに頼るのではなく、企業としてトータルなレベルアップを図り、常に高次元で完成度の高い製品を生み出すことに全力を傾けています。
卓越した技術「匠の技」の根底にあるものは、妥協を許さぬ厳しさと最上級であることの誇り、これこそが私たちミキモト装身具の財産です。
気になる

83人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません