アリオス株式会社

アリオス株式会社の企業情報

アリオス株式会社

【機械|電気・電子|精密機器】

ARIOS=空気の精 ARIEL+太陽神 HELIOS
「真空」と「プラズマ」のエキスパート集団です。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
最先端の研究開発をサポートする専門メーカー

「真空」というと何を思い浮かべますか?宇宙?
実は真空技術は私たちの生活に密接に関わる身近なもの。
掃除機や水筒(魔法瓶)は真空技術がないと性能を発揮できないですし、即席麺、薬、スマホは真空技術をつかって製造されています。
それと同時に、真空技術は「最先端の研究開発」には不可欠な存在です。近年のノーベル物理学賞は真空技術を土台にした研究成果ばかりなのです。これだけ幅広い産業をカバーした技術はそう多くはありません。
アリオスは1972年の創業以来、「真空」「プラズマ」を核とし研究開発用のオーダーメイド装置の設計・製造・販売を手掛けてきました。
現在では研究開発用装置にとどまらず生産装置まで一貫した開発体制を整えており、省エネ化や効率化といったお客様の目前の課題解決にも貢献しています。
まだ発売はおろか発表もされていない車のコアパーツの開発に携わったり、自分が設計・組み立てた装置が、宇宙飛行士が宇宙に持って行く実験グッズの事前評価装置として採用されたり、国の研究機関の一般公開されていない奥の部屋に入れてもらったり、、、
そんなプライスレスな体験の連続です。

科学技術の発展とともに当社が携わるプロジェクトも進化しています。
お客様のハイレベルなご要望にお応えするべく、
アリオスも新しいことにチャレンジし続けています。

【研究開発用装置・機器の設計製造、研究開発の受託】 
真空技術・プラズマ技術・マイクロ波技術を基盤に、
研究開発用オーダーメイド装置・機器を設計製造します。 
 ○真空装置、プラズマ応用装置、マイクロ波応用機器、
  各種実験・計測用機器の設計製造 
 ○生産技術開発、生産用装置開発、
  制御機器・システム開発の受託

事業・商品の特徴
「こんな装置・技術があったら!」を具現化します。

お客様の「こんな装置・技術があったら!」を具現化するため、お客様と一体となって一つ一つ丁寧にゼロから開発するので、当社には“一品一様”の製品が数多くあります。
そして、お客様の時々のニーズに応じてこの装置・機器を改造していくこともあります。
先日は、改造を繰り返しながらずっとお使いいただき、かれこれ25年目という装置がまた改造のために当社に一時帰国ならぬ「一時帰社」をしていました。
お客様とのお付き合いも自然と長く深くなり、共通の大きな目標に向かって突き進む同志のようにもなります。

機械設計・回路設計・ソフト開発など多様な技術を持つ社員一人一人の力で、マニアックなご要望にも質の高い製品・技術でお応えし続けています。
大学の研究室の様な現場なので、モノづくりが好きな方には最高の環境だと感じて頂けると思います。

私たちの仕事

アリオスは現在、宇宙開発関連から医療、自動車、半導体まで幅広い分野のお客様(企業・大学・国の研究機関等)の研究開発をサポートしています。
例えば、情報通信研究機構(NICT)にある日本標準時(時報)の基となる原子時計では、当社が製造した機材が約40年前から時を刻むお手伝いをしています。
最近では月面資源調査用の装置や、次世代のパワーデバイスとして究極の高性能が期待されるダイヤモンド半導体の製造技術を大学や国の機関、大手企業と一緒に開発しています。 
その他にも、最先端科学の世界に身を置いているが故にここでは語ることができないマル秘プロジェクトや大学との共同研究や民間企業との共同開発が数多くあります。
そしてお客様の業種が多岐にわたることから、世の中の様々な分野の奥深いところを学ぶ機会が多く、いつの間にか物知りになったりスキルアップしています。
そして私たちの生活を一変させるような「未来の道具」を先行して知ることもありとてもワクワクします!
(もちろんお客様からの信頼を裏切らないよう機密保持はきちんと遵守しています。)
アリオスは今日も、数年後、数十年後の未来のために日々精進しています!

はたらく環境

職場の雰囲気
和気あいあいと。

アリオス社内は「最先端」という言葉が似つかわしくないほど自由でほんわかしています。
当社では毎朝朝礼を行っていますが、全員の当番制になっており1.5~2ヶ月に1回、自分の番がやってきます。
当番の人は朝礼の最後に、「最近の自分について」や「気になってること」等を話します。
最近も、
2020年夏のビッグイベントの観戦チケットに当選した、
富士山を登頂し達成感があった、
遺伝子検査をして自分がごく平凡な日本人だとわかった、
台風で傷ついた地元の梨が驚きの安値で売られていた、
消費税率アップ前に他国の消費税を調べてみた等、
様々な話題がありました。
お互いの新たな一面を垣間見ることもあり、
社員同士のコミュニケーションがさらに闊達になります。

オフィス紹介
カオス?なデスク

社員各々の趣味が反映された個性豊かなデスクも魅力の一つ。
大企業のフリーアドレス制ではあり得ません。
(学生さんの見学時にもありのままを見て頂いています。)
一見、雑然としている?カオス?のようにも感じられるのでが、こうした雰囲気こそが社員一人一人の発想力を存分に引き出し「新技術を生み出す原動力」となっています。

社風
やるときはやる!

もちろん、のんびりばかりもしていません。
メリハリを大切にし、お客様とのお約束と納期を守るべく
「やるときはやる!」というのも当社の伝統的な社風です。

企業概要

創業/設立 1972年8月
本社所在地 東京都昭島市武蔵野3-2-20
代表者 代表取締役 有屋田 修(工学博士)
資本金 1500万円
従業員数 37名 (2019年04月現在) 正社員35名、アルバイト2名
株主 オーエスジー株式会社(東証一部上場) 100%
事業所 ◇本社
  東京都昭島市武蔵野3-2-20
◇東海営業所
  愛知県豊川市一宮町宮前149
社名の意味とは?! 「ARIOS」は空気の精「ARIEL」と太陽神「HELIOS」を組み合わせた名前ですが、なぜ空気の精と太陽神なのでしょうか。

「ARIEL(アリエル)」は某アニメ映画の主人公として有名です。
人魚=水のイメージが強いかもしれませんが、元々ヨーロッパではARIELは“空気の精”として古くから語り継がれ、原作のアンデルセンの童話「人魚姫」では、主人公は空気、つまり泡となって消えていくという悲しい最後を迎えます。

シェイクスピアの『テンペスト』にも空気の精として登場します。
『エアリエル』(多くはそのように和訳されています)は魔法使いで、主人の命令で嵐(=テンペスト)を引き起こします。
実はこのエアリエル、雷も起こせるし火の玉に化けて水夫を怖がらせたりもする“プラズマ使い”でもあるのです。
アリオスとしては非常に近い存在といえます。

アリオスでは、真空=空気を科学するというイメージから空気の精ARIEL(アリエル)の「ARI」を拝借しました。

一方「HELIOS(ヘリオス)」はギリシャ神話の太陽神です。
なぜ太陽神なのか?と思われるかもしれませんが、実は太陽が「究極のプラズマ」と言われていることに由来します。
太陽は地球と同じ固体と思われるかもしれませんが、実は「電気を帯びた粒子がガス状に集まったプラズマ」。
中心に向かうほど、高温で密度が高く、中心部の温度は約1500万度で、水の約150倍もの密度になっていると言われています。 
このため、中心部では水素4個が集まりヘリウムになる「核融合反応」が盛んにおきています。この核融合反応が、じつは太陽のエネルギーの源であり、その結果表面から熱や光を出し続けることができます。
(プラズマ・核融合学会HPより) 

アリオスは空気の精と太陽神の力を借りて、今日も科学技術の発展に貢献をしています。
気になる

7人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません