株式会社薬王堂

株式会社薬王堂の企業情報

東証

株式会社薬王堂

【専門店(ドラッグストア・調剤薬局)】

薬王堂は、東証一部上場企業の薬王堂ホールディングスの100%子会社として、東北6県に300店舗以上展開しているドラッグストアチェーンです。

日本チェーンドラッグストア協会は「2025年10兆円産業化」を目標に掲げ、ドラッグストア業界の市場規模は成長を続けていますが、当社が店舗展開している東北地方は、日本が抱える「少子高齢化」「人口減少」という大きな課題に対し、他の地域よりも先行して直面している状況にあります。
しかし、薬王堂が目指す商圏人口5,000人でも成立するビジネスモデルが確立できれば、この厳しい環境をチャンスに変えることができ、東北の課題を解決する一助にもなると考えております。

 “地域の皆様の美と健康と豊かな暮らしに貢献する”という使命のもと、『小商圏バラエティ型コンビニエンス・ドラッグストア』の店舗フォーマットで、一緒に東北の未来を変える挑戦をしていきましょう。

  • CSR活動に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 3年連続で業績アップ

  • 実力と成果を重視

私たちの魅力

事業内容
東北地区に500店舗、3000億円企業を目指して

1978年の創業で、東北のドラッグストア・チェーンの草分け的存在だと自負しております。従来のドラッグストアの枠を超えた、近くて便利な生活密着スタイルとして「小商圏バラエティ型コンビニエンス・ドラッグストア」の展開が当社の特長でもあります。地域に密着した店づくりと多様なニーズに応える充実した品ぞろえで、お客様に愛される店舗を目指しております。そのためにも、人材育成分野では、実務重視型を意識しています。

「お客様に喜んで戴ける店を作ろう」を経営理念として、目標である東北地域に500店舗体制を築き、さらには一流の証である売上高3,000億円企業の実現に向かい日々努力しています。
平成26年10月に東証1部上場を実現し、現在店舗数は東北地域に321店舗(2021年2月現在)、年間30店舗以上の新店をオープンしています。

事業・商品の特徴
えるぼし3つ星企業です!

薬王堂は、女性活躍推進への取り組みが優れているとして、全国のドラッグストアで初めて最上位の「3つ星」企業に認定されました。ひと月の平均残業時間は11.5時間、年間休日は111日、産休・育休からの復帰実績も多数あります。
女性が働きやすい企業は、男性も働きやすい企業と言えます。

これからも薬王堂は、ますます従業員が活躍できる企業をめざし、制度の充実、積極的な働き方改革を進めていきます。

ビジョン/ミッション
登録販売者 資格取得をバックアップ!

入社後は、医薬品販売・医薬品管理・接客応対が出来る登録販売者の資格を取得することができます。
登録販売者資格の取得に向けて、社内でのサポート体制が充実しているのが当社の強みと言えるでしょう。

資格を取得した後も、Web学習や集合研修を通して、お客様のご要望やお悩みを解消できる商品の紹介や、情報発信のスキルを身に付けていきます。

私たちの仕事

ドラッグストア、ならびに調剤薬局の経営 / 医薬品・健康食品・衛生用品・ベビー用品・化粧品・トイレタリー・日用雑貨・ペット用品・一般食品・菓子・酒類等の小売

青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県
東北6県で321店舗展開(2021年2月時点)

〈取扱商品〉
医薬品・健康食品・衛生用品・ベビー用品・化粧品・トイレタリー・日用雑貨・ペット用品・一般食品・菓子・酒類等

はたらく環境

オフィス紹介
矢巾SC店

広々とした通路、明るく清潔な店内で、お客様を笑顔でお迎えしています。「お客様に喜んで戴ける店」を実現するために、医薬品・化粧品の専門性高い知識を持った従業員と、食品・日用品などの生活に必要な品ぞろえで、地域になくてはならない存在を目指しています。

組織の特徴
充実した研修制度

薬王堂の教育理念は「現場主義」を重視し、常に現場で考え、現場での経験を最重要視しています。教育・研修カリキュラムは、新入社員対象の日常店舗業務に始まり、流通・経済・経営までの幅広い分野に渡って編成しています。

新入社員については、現場での教育であるOJT(実際の現場で実技を訓練する方法)により自らの体験を経験として積み重ね、数ヶ所の店舗を経験して店舗のオペレーションを学び、ストアチーフへと育成していきます。

また店舗という現場のほかに、本部の各部署やエリアをマネジメントするスーパーバイザー等で店舗と異なる視点を持って仕事の幅を広げ、新たな知識とスキルを身につけ次のステージに進んでいく、この考え方が当社の育成の根幹である『教育の配置転換』です。

充実した研修があるからこそ成長が感じられます!

働く仲間
各部署の紹介

薬王堂には様々な部署があり、活躍できるフィールドが多数あります。

社内の組織がしっかりしている所が強みと言えるでしょう。
店舗で働く従業員をサポートする本部の仕事の様子を一部ご紹介します。

社風
部署の垣根を越えた、社員同士の交流の機会

薬王堂では、部署を超えた社員同士の交流が盛んに行われています。社員の家族も参加できて、いろいろなイベントを開催しています。

薬王堂は仕事と生活のバランス(ワークライフバランス)を推奨しています。

企業概要

創業/設立 1978年4月薬王堂の前身「都南プラザドラッグ」を創業。
1991年6月株式会社薬王堂を設立。
本社所在地 岩手県紫波郡矢巾町大字広宮沢第3地割426番地
代表者 代表取締役社長  西郷 辰弘
資本金 3億円
売上高 1105億3,500万円 (2021年2月期)
従業員数 4,502名(パート含む) (2021年04月現在) 正社員866名:男性462名、女性404名
事業所 本部/岩手県紫波郡矢巾町
仙台事務所/宮城県仙台市青葉区五橋
東京事務所/東京都千代田区内神田

岩手県104店舗 (盛岡市、花巻市、北上市、奥州市、一関市、久慈市、宮古市、遠野市、釜石市、大船渡市、八幡平市、陸前高田市、二戸市、滝沢市、紫波町、矢巾町、平泉町、金ヶ崎町、岩手町、九戸村、一戸町、洋野町、軽米町、住田町、岩泉町、大槌町、山田町、葛巻町、雫石町) 
               
宮城県76店舗 (仙台市、多賀城市、富谷市、気仙沼市、石巻市、東松島市、栗原市、登米市、大崎市、名取市、岩沼市、角田市、白石市、大和町、松島町、川崎町、大郷町、美里町、加美町、利府町、涌谷町、南三陸町、村田町、丸森町、柴田町、亘理町、山元町)                

青森県47店舗 (八戸市、弘前市、十和田市、黒石市、つがる市、五所川原市、三沢市、むつ市、大鰐町、三戸町、五戸町、六戸町、七戸町、おいらせ町、野辺地町、南部町、上北郡、東北町、藤崎町、鶴田町、階上町、中泊町、六ヶ所村)

秋田県49店舗 (秋田市、横手市、大仙市、由利本荘市、大館市、能代市、湯沢市、男鹿市、仙北市、鹿角市、北秋田市、潟上市、にかほ市、井川町、羽後町、美郷町)

山形県33店舗 (山形市、天童市、東根市、尾花沢市、長井市、南陽市、鶴岡市、酒田市、新庄市、米沢市、上山市、河北町、最上町、白鷹町、中山町、朝日町、高畠町、川西町、真室川町、西川町、庄内町、遊佐町) 
               
福島県12店舗 (福島市、郡山市、伊達市、田村市、二本松市、本宮市)     

           
合計321店舗(2021年2月現在) 
※うち調剤併設店3店舗・調剤専門薬局2店舗
売上高の推移 1105億3,500万円 (2021年2月期)
1017億8400万円(2020年2月期)
918億1000万円(2019年2月期)
831億0000万円(2018年2月期)
749億1000万円(2017年2月期)
669億3700万円(2016年2月期)
575億9600万円(2015年2月期)
520億1100万円(2014年2月期)
478億4000万円(2013年2月期)
455億7000万円(2012年2月期)
421億5939万円(2011年2月期)
392億円(2010年2月期)
375億円(2009年2月期)
341億円(2008年2月期)
301億円(2007年2月期)
264億円(2006年2月期)
223億円(2005年2月期)
196億円(2004年2月期)
165億円(2003年2月期)
130億円(2002年2月期)
112億円(2001年2月期)
気になる

142人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません