タリーズコーヒージャパン株式会社

タリーズコーヒージャパン株式会社の企業情報

タリーズコーヒージャパン株式会社

【フードサービス】

一杯のコーヒーを通じて、「お客様」「フェロー(従業員)」、「社会」に新しい価値を創造し、ともに成長する
を経営理念として、ドリンクを一杯一杯手作りしてお客様へ提供しています。

「お客様に満足していただけるためには何をしたら良いのか」
これをタリーズのフェロー一人ひとりが考えて日々仕事に励んでいます。

・自分自身を成長させたい方
・人を喜ばせるのが好きな方
・チームワークを持って仕事に取り組みたい方

そんな皆さんと一緒に働けるのを楽しみにしております!

  • 顧客視点のサービス

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • 3年連続で業績アップ

  • 女性の従業員比率が50%以上

私たちの魅力

事業内容
一杯一杯心を込めて淹れるこだわりのコーヒーで、お客様を笑顔に。

タリーズコーヒーは1992年にシアトルで誕生したコーヒーショップです。
日本では1997年銀座で1号店をオープンし、現在では約730店舗を日本全国で展開しています。
コーヒー豆は世界各国から厳選した高品質な豆を使用し、「バリスタの手で淹れる一杯」へのこだわりから、オーダーを受けてから一杯一杯、手作りでカフェラテやカプチーノを提供しております。また、居心地の良い空間で過ごしていただくため、明るい挨拶やお声がけなど、お客様との接点も大切にしています。

私たちの仕事

ストアマネージャーの仕事は「リサーチ力」「人を巻き込む力」「経営視点」が必要とされる仕事です。
お店を「運営」するだけではなく、常に「お客様のニーズに応える」ことを意識し、販売計画を立てます。
取り扱う商品は同じでも、「どう販売するか」はお店ごとに任せられています。また、販売計画の実行にはフェロー(従業員)の協力が不可欠です。周りが気持ちよく働ける環境をつくり、地域に、お客様に愛されるお店をつくること、それがタリーズコーヒーの仕事です。

はたらく環境

働く仲間
一人一人の可能性が広がる職場づくり

タリーズコーヒーので働く従業員のことを「フェロー」とよびます。「フェロー」には仲間という意味があります。

お客様に喜んでいただくことはもちろん、フェロー同士が共に成長できるよう、一人一人が毎日目標を持って仕事に取り組んでいます。

フェロー同士で”ありがとう”を伝え合う「サンキューカード」の取り組みも、店舗で働く社員のアイデアから生まれたものです。

企業概要

創業/設立 創業1997年8月/設立1998年5月
本社所在地 東京都新宿区箪笥町22番地
代表者 代表取締役社長   小林義雄
資本金 1億円
売上高 325億円(2018年4月期)
従業員数 847名 (2018年11月現在)
子会社・関連会社 株式会社伊藤園
事業所 日本全国 約730店舗(直営店約320店舗)
気になる

62人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません