株式会社HARP

株式会社HARPの企業情報

株式会社HARP

【情報処理|ソフトウエア】

市町村等自治体向けクラウドサービス専門の第三セクター。全国の自治体に提供するサービスを札幌で企画・開発・運用しています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • 実力と成果を重視

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
「電子自治体」で、地域の発展に貢献する

当社は北海道庁が提唱する「HARP構想」のもとに設立されました。
HARP構想とは、ITを行政のあらゆる分野に活用する「電子自治体」の推進を目的としたものです。電子自治体を推進することで、行政の効率化や住民サービスの向上等の効果が期待されます。
当社では自治体向けのクラウドサービスを開発・運用。
現在道庁様始め道内全179市町村様に加えて道外にもサービスを提供しています。

ビジョン/ミッション
すべては自治体のために 時代の潮流を常にリードしつづける会社へ

HARPの価値基準は、「自治体にとってプラスになるかどうか」。
そして目指すところは、「時代の流れを見極め、常に最前線に立ち続ける会社」であること。
日々の業務一つひとつに自治体のためになるのかを考えて取り組み、
社員一人ひとりが新たなチャレンジをしつづけ、
自治体の側に立った事業推進ができるよう努めています。

私たちの仕事

■アプリケーションエンジニア 
自治体職員や地域住民にご利用いただく自治体向けクラウドサービスについて、企画から運用・保守まで行います。 
担当するサービスに一貫して携わって責任を持ち、新たなサービスの企画・設計・開発から稼働中サービスの運用保守、お客様からの問い合わせ対応まで幅広い業務です。 
社内はもちろん、お客様である自治体と打合せを重ねて仕事を進めます。 

■インフラエンジニア 
道内の自治体や学校のIT基盤を支えるプラットフォームサービス、当社で提供するクラウドサービス、また社内ネットワークのシステム基盤の企画・設計・構築・運用を行います。 
サーバやネットワークの設計・構築から自治体職員等お客様からの問い合わせ対応まで幅広い業務です。 
社内はもちろん、お客様である自治体や国内外の大手セキュリティベンダー、通信事業者等と連携して仕事を進めます。 

■ITコンサルタント 
自治体の課題を把握し、パートナーとして、課題解決の提案を行います。 
自治体の立場で共に課題について考え、当社でお手伝いできることがあればITによる解決策をご提案します。 
該当業務の現状分析からシステムの仕様書の作成、各種調整まで自治体の希望に合わせたコンサルティング内容を提供します。 
社内はもちろん、お客様である自治体や協力ベンダーと打合せを重ねて仕事を進めます。

はたらく環境

組織の特徴
社員の活躍を支える「働きやすい環境作り」に努める

HARPの勤務地は札幌市内のみ。転居を伴う異動や長期出張等はありません。
本社は札幌市駅前地下歩行空間から地下通路でつながるビルに入っており、アクセスも良好です。
全ての部門の職員が、Webラジオの洋楽チャンネルをBGMに流すオフィスで一緒に働いています。
また、2018年には札幌市ワーク・ライフ・バランスplus企業に登録されました。
1時間単位で取得可能な有給休暇の取得奨励、残業時間削減、社員の目標設定と成長を意識した業務分担の取り組みを推進するなど、「働きやすい環境作り」に努めています。

企業概要

創業/設立 2004年9月21日
本社所在地 札幌市中央区北1条西6丁目1-2 アーバンネット札幌ビル3階
代表者 代表取締役 駒崎征明(工学博士)
資本金 4億7100万円
売上高 14億4247万円 (2018年3月期)
従業員数 44名 (2019年05月現在)
主要取引先 北海道庁、道内市町村、全国の自治体
事業所 札幌市
交通手段 ■本社アクセス
地下鉄大通駅下車 徒歩5分
JR札幌駅下車 徒歩10分
※北1条地下駐車場連絡通路(札幌駅前地下歩行空間直結)直結
株主 北海道庁、NTT東日本、北海道電力、北海道ガス、北洋銀行
平均年齢 37.4歳
新卒離職率 0%(過去に新卒入社社員の離職なし)
気になる

9人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません