オートリブ株式会社の企業情報

海外

オートリブ株式会社

【自動車|機械|輸送用機器】

エアバッグとシートベルト生産で世界No.1の当社は、これまで多くの『世界初』の安全装置を開発。
世界中の人とクルマの安全を支え、世界をリードする、自動車安全システムメーカーです。 
最高水準の技術力と、グローバルな拠点網は、世界中の自動車メーカーに選ばれています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 外資系企業

私たちの魅力

事業内容
~自動車事故から人命を守るのは、オートリブの最先端技術。~

自動車安全部品等の設計開発および製造・販売 
・エアバッグ(運転席・助手席・サイド・カーテンエアバッグ等) 
・シートベルト(プリテンショナー、ロードリミッター等) 
・ステアリングホイール 

■□■ 世界最大手の自動車安全システムサプライヤー ■□■
常に革新的な最高技術水準の製品を開発。
TOYOTA、日産、HONDAなど、あらゆる自動車メーカーの開発パートナーとして新車開発に参加し、
安全システムの提案をしています。

企業理念
より多くの命を守る

オートリブの持つ揺るぎない使命と価値基準、そして事業戦略は、 私たちが目指す 「お客様にとっての First Choice サプライヤー」 となる道へと導きます。 
そして、ビジョンを現実にしようとする私たち一人一人の熱意が、 目標達成には欠かせないものとなっています。

――Vision <目標>
「より多くの命を守る」 

――Mission <使命>
「モビリティと社会に世界最高レベルの人命保護ソリューションを提供する」 

――Our Values <価値基準>
One Autoliv
私たちはいつも、顧客にもたらす価値、そして当社全体への影響を考慮してビジネスを行います。
優れた成果を生み出すために、互いに、そしてすべての利害関係者に敬意を払い、助け合います
当社の命を守ることへの情熱が、新しいソリューションの追求、既存製品やプロセスの改善、独自のセールスポイントの創造へと私たちを常に動かします。
 私たちは異なる考え方に興味をもち、受け入れます。当社の全ての業務において、現状を疑い、改善の機会を見つけることを歓迎します。
 私たちは未来に焦点を合わせて業界をリードし、学びと成長の機会を逃しません。

Transparent 透明性 
私たちの行動や振る舞いは、インテグリティ、オープンであること、そして当社、顧客、従業員、株主、社会にとって何が一番の利益かということから決定されます。 

Innovative 革新的 
当社の命を守ることへの情熱が、新しいソリューションの追求、既存製品やプロセスの改善、独自のセールスポイントの創造へと私たちを常に動かします。 
 私たちは異なる考え方に興味をもち、受け入れます。当社の全ての業務において、現状を疑い、改善の機会を見つけることを歓迎します。 
 私たちは未来に焦点を合わせて業界をリードし、学びと成長の機会を逃しません。 

Agile 敏捷性 
私たちは常に、フレキシブルにかつ賢く変化を予測し、素早く適応し、優れた成果をあげる方法を見つけます。

事業・商品の特徴
世界シェアNo.1

日本の自動車安全部品(エアバッグ、シートベルト、ステアリングホイール)のマーケットにおいて33%のトップシェアを獲得(自社調べ)

私たちの仕事

【先行開発⇒技術提案(営業)⇒設計⇒製造】 というフローで、自動車メーカーに安全システムを提供しています。
みなさんには、
◆先行開発・設計開発(エアバッグ、シートベルト、ステアリングホイール)
◆実験評価・解析
◆品質管理、生産管理、生産技術
などの分野で活躍していただきたいと考えています。

人命を救うことこそ、私たちにできる社会貢献と企業としての存在意義。一緒にその使命に取り組みませんか。

はたらく環境

社風
私が感じるAutolivの社風

1)安全製品として、品質と安全性は何よりも重要です。より安全性を高めていく為、自分で率先して動いていく、社内外のメンバーを巻き込んでいく実行力が必要だと思います。「教えて貰わないと出来ない」だと厳しいかも知れません。実行力が必要だと思います。「教えて貰わないと出来ない」だと厳しいかも知れません。

2)英語力が非常に重要です。社内文書等は日本語に翻訳されていないものが大多数、かつ、海外との会議が多いです。英語力が弱いと活躍出来る幅が狭まるので、その点は注意した方が良いです。もちろん、一朝一夕で身につくようなものではないので、日頃、着実に身に着けるよう心構えましょう。

3)フレックス制度により、海外との会議や私的都合に対し、就業時間を調整しやすいです。ただし、プロジェクトの状況によっては瞬間的に残業が必要になることもあります。その点は事前にある程度理解しておいた方が良いと思います。

企業概要

創業/設立 創業1953年
オートリブは、世界の自動車メーカーへ安全製品やシステムを供給してきた長い伝統を持っています。

設立1987年(日本法人)
オートリブは1987年5月に日系自動車メーカー向けに日本法人を設立。その後、生産・開発拠点となる4事業所を設立し、日本でのビジネスを積極的に進めてきました。
本社所在地1 本社
神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6 イノテックビル
本社所在地2 筑波事業所
茨城県かすみがうら市上稲吉1764-12

ジャパンテクニカルセンターつくば
茨城県つくば市吾妻1-11-1 L.Bizつくば4階
代表者 社長  コリン・ノックトン
資本金 4億9900万円
売上高 810億円 (2020年度)
従業員数 2188名 (2019年12月現在)
主要取引先 トヨタ自動車 
日産自動車 
本田技研工業 
マツダ 
三菱自動車工業 
スズキ 
ダイハツ工業 
SUBARU 
いすゞ自動車 
事業所 本  社 / 神奈川県横浜市 【神奈川・横浜エリア】
事業所 / 筑波事業所(茨城県かすみがうら市) 【茨城・県南エリア】
             ジャパンテクニカルセンターつくば(茨城県つくば市)【茨城・県南エリア】
      厚木事業所(神奈川県厚木市) 【神奈川・県央エリア】
      愛知事業所(愛知県知多郡) 【愛知・尾張/知多エリア】
      広島事業所(広島県東広島市) 【広島・呉/東広島エリア】
営業所 / 横浜営業所(神奈川県横浜市)
      名古屋営業所(愛知県名古屋市)
      広島営業所(広島県広島市)
海  外 / 自動車生産国27カ国に64の技術設備と生産設備の拠点
株主構成 Autoliv Holding Inc.(100%)
Autoliv in the World 本社 / ストックホルム市(スウェーデン) 
創立 / 1953年 
総従業員数 / 約67000名 
2018年連結売上 / 87億米ドル
世界の自動車安全部品(エアバッグ、シートベルト、ステアリングホイール)のマーケットにおいて38%のトップシェアを獲得(自社調べ)
グローバル拠点 / 27カ国に64の技術設備と生産設備の拠点
世界各国に14カ所のテストセンター、19の衝突試験装置を保有
オートリブの世界初 当社の安全関連特許保有率は、自動車部品業界トップクラスです!
 
■□■ オートリブが生み出した「世界初」の安全技術 ■□■
1956年 シートベルトを生産開始
1980年 エアバッグ生産開始
1989年 シートベルト用バックルプリテンショナー
1994年 胸部保護用サイドエアバッグ
1995年 ニーエアバッグ
1998年 カーテンエアバッグ
2002年 可変式ロードリミッター付シートベルト
2005年 歩行者保護システム
2006年 セーフティベントバッグ
2012年 歩行者保護用エアバッグ
企業ホームページ http://www.autoliv.jp/
気になる

33人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません