株式会社日本総研情報サービス

株式会社日本総研情報サービスの企業情報

株式会社日本総研情報サービス

【情報処理】

日本総研情報サービスは、SMBCグループの一員である日本総合研究所のグループ会社として、
SMBCグループ各社の金融システムのシステム運用、システム開発を提供しています。

  • 安定した顧客基盤

  • 無借金経営

  • 実力と成果を重視

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
日本最大級の金融システムを動かす

私たち日本総研情報サービスは、三井住友銀行の金融業務・戦略を支える会社です。
企画の段階から三井住友銀行、日本総合研究所と一体となって、付加価値の向上に挑戦しています。

24時間365日止まることが許されない重要な社会インフラとして機能する金融システムを支えるためには、高い信頼性と耐障害性が不可欠であり、最高品質の技術が必要となります。そのため、ITスキルはもちろんのこと、金融業務にも精通した人材を多く擁しており、高度・大規模なシステムの安定稼動を実現しています。

事業戦略
SMBCグループ各社の事業発展に寄与し社会に貢献

三井住友銀行のみならず、SMBCグループ各社の金融業務・戦略を支えています。
これらグループ各社のシステム運用において貢献するのも重要なミッションです。

グループ各社の事業価値の向上のため、さらにはその先にいるお客様の満足度向上のために何ができるのかを、システム運用の立場から常に考え、日々取り組んでいます。
このようなグループ各社の高度・大規模なシステム運用で培った高効率性、耐障害性などの豊富な運用ノウハウは私たちの強みです。この強みをさらに高め、活用する事で、引き続きグループの事業の発展に寄与し、社会に貢献していきます。

私たちの仕事

日本総研情報サービスは、『金融とITで社会インフラを支え』金融機関の心臓部を担っています。
 当社では、三井住友銀行の基幹システムをはじめとしたSMBCグループの大規模システムの運用全般やシステム開発への参画など、様々な仕事を経験し、成長することができます。

はたらく環境

組織の特徴
人材育成や支援制度も充実

システム運用と聞くと、理系という印象を抱かれるかもしれません。しかしながら当社では理系・文系を問わず幅広い人材が活躍しています。ITに関する知識が少なくても、充実した研修制度やOJTを通じて、システム運用業務や金融システム、金融商品に関する知識とノウハウを得て、みな着実に成長してくれています。

どんな困難なことにも、自分自身がしっかりと考え行動し、そしてそれを乗り越える度に大きく成長していくものです。やる気さえあれば、相応のチャンスと大きなやりがいを得られるフィールドが当社には広がっており、モチベーションの高い職場です。

また、安心して働ける福利厚生や企業文化、社員一人ひとりに合わせたキャリアアップが実現できる人事制度など、さまざまな環境が整っているのも当社の特徴です。

企業概要

創業/設立 1990年10月16日
本社所在地 東京都世田谷区用賀4-5-16
代表者 山田忠広
資本金 4億5千万円
売上高 135億5000万円(2020年3月期)
従業員数 1107名 (2021年03月現在)
事業所 東京・神奈川・大阪
気になる

634人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません