ENEOS株式会社

ENEOS株式会社の企業情報

東証

ENEOS株式会社

【石油|化学|電力】

ENEOSでは、海外から資源を調達する上流工程から、精製・生産を行う中流工程、エネルギーや製品の販売を行う下流工程まで、すべての工程を手がけています。また扱うものも、石油・石炭・天然ガスから、電力・水素・化学品・潤滑油・機能材といった新事業への挑戦まで幅広いのも特徴です。

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 安定した顧客基盤

  • SDGsへの取り組みに積極的

私たちの魅力

事業内容
エネルギー業界のリーディングカンパニーとして

今日、そして未来の世界を動かす原動力となる、エネルギー。ENEOSは、石油、電力、石炭、ガス、化学品など多岐にわたる事業を通じ、資源調達から、精製・生産、物流・販売に至るすべてのプロセスを担い、エネルギーを供給しています。また、水素、風力、太陽光をはじめとする、環境に配慮した新エネルギーの開発・普及など、幅広く事業を展開しています。人々の生活や経済を支える「生命線」ともいえるエネルギーの安定的な供給を確保しながら、社会のニーズや課題に向き合い、新たな価値を創り出すことで、社会の発展と活力ある未来づくりに貢献します。
エネルギー業界のリーディングカンパニーとして、ENEOSは挑み続けます。

私たちの仕事

石油製品(ガソリン・灯油・潤滑油等)の精製および販売
ガス・石炭の輸入および販売
石油化学製品等の製造および販売
電気・水素の供給

はたらく環境

組織の特徴
多様性を受け入れる土壌と文化

多くの企業の強みを結集して事業の拡大と多角化を図ってきたのが、ENEOSという企業の歩みです。
これまでの歴史の中で多様な人材を受け入れ、一人ひとりの個性を尊重しその挑戦を後押しして事業を展開してきたからこそ、業界NO.1の総合エネルギー企業へと成長できたのであり、多様性を受け入れる土壌と文化がENEOSには根付いています。

企業概要

創業/設立 1888年5月
本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
代表者 代表取締役社長 大田 勝幸
資本金 300億円(ENEOSホールディングス(株)100%出資)
売上高 8兆4,194億円 ※2019年度単体決算
従業員数 9,206人 (2020年04月現在)
事業所 本社 :東京(大手町)
研究所:中央技術研究所(横浜)
製油所:仙台、千葉(大阪国際石油精製(株))、川崎、根岸、堺、和歌山、水島、
 麻里布、大分、鹿島(鹿島石油(株))
製造所:横浜、知多
支店 :北海道、東北、関東第1、関東第2、関東第3、東京、中部、
    大阪第1、大阪第2、中国、九州、沖縄
事業所:室蘭、船川、新潟、川崎、日立、千鳥ほか
海外:ロンドン、シンガポール、アメリカ現地法人等18カ国40拠点
気になる

107人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません