株式会社豊通マシナリー

株式会社豊通マシナリーの企業情報

株式会社豊通マシナリー

【商社(機械・精密)|商社(電子・電機・情報機器)】

日本が誇るモノ作り。品質、パフォーマンス、環境面などに配慮しながら、
生産設備を一括で担うのが私たち豊通マシナリーです。担当領域は、提案から納品後のメンテナンスに至るまで。
私たちは、トヨタ自動車の系列企業の一つとして、数十年に渡り日本の輸出品目No.1である自動車業界を支えます。

  • 顧客視点のサービス

  • 海外事業展開に積極的

  • 安定した顧客基盤

  • 3年連続で業績アップ

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
豊通マシナリーとは何か ~自動車産業を支える価値~

2015年に75兆円となった輸出総額。その15%は自動車です。この業界が傾けば日本経済が傾きます。中でも、トヨタ自動車は国内第一位、世界でもトップクラスの生産台数を持つ企業です。豊田通商はトヨタグループの商社機能を持ち、その豊田通商グループの中でも機械製品に特化しているのが、私たち豊通マシナリーです。設計図があっても生産設備がなければ自動車は生まれません。国内外の工場に向けた生産設備の導入を通して、モノ作りを実現するのが私たちの仕事です。一方、トヨタグループだけでなく重工や家電メーカーなどとの取引や、機械にとどまらず繊維や電機などへの他分野進出。私たちは、トヨタの安定性に甘んじず挑み続けています。

事業戦略
専門商社とは何か ~総合商社と比べた価値~

商社は大きく分けて2種類あります。まず、豊田通商といった総合商社です。機械から繊維、鉄鋼から食料に至るまで、あらゆる事業を一つの企業で担います。金額的ダイナミズムがあるものの、必ずしも自分の担当したい部署に配属されるとは限りません。一方、私たち豊通マシナリーのような専門商社は、一般的に、特定分野や少額のビジネスも担う機動性に強みを持つとされています。また、自分の担当したい領域の専門商社を選ぶことで、配属への不安を無くすことが可能です。当社の場合、海外工場の立ち上げや工場内のラインの受発注、高価な機械の導入など、億単位の取引が実現可能です。専門商社でありながら、ダイナミックさを持つ仕事です。

ビジョン/ミッション
商社とは何か ~日本における商社の価値~

加工貿易立国日本。つまり、海外から原材料や資源を輸入し、国内で加工した上で、輸出をしていく。戦後の日本の産業形態は現在に至るまで変わっていません。国内に資源がない以上、必要とされるのが、私たち商社です。商社の持つ【商取引機能】も価値の一つ。世界中の企業と無数の関係性を持っているからこそ、世界中の国々にモノを販売し、逆に購買することができます。また、【物流機能】も持っているため、安全・確実・低コストでモノを運ぶための、関税手続き、輸送会社の選択なども可能です。その他、【金融機能】(支払いの立て替え)や【情報機能】(海外の企業情報、政治情勢の把握)を持ち、海外と日本の窓口として価値を持っています。

私たちの仕事

数多くの機械メーカーの中から最適なメーカーを選び、お客様の課題解決に貢献できる提案力が当社の強み。単に機械を販売するだけではなく、お客様のニーズに応じた機械のカスタマイズや、保守・メンテンナスなど、安心して機械を使っていただくための総合的なサポートを行っています。また、当社は自動車産業のグローバル展開に対応し、海外での営業活動を強化。若手社員を対象に「海外研修」を実施するなど、海外で活躍できる人材育成にも力を注いでいます。

はたらく環境

組織の特徴
~be the next Bridge for the future~

自動車業界は今、100年に1度の変革期を迎えています。EV化、自動運転、シェアリング等、テクノロジーが進化するスピードは、我々の想像以上をはるかに超えています。こうした中で、お客様に選ばれ続けるために何ができるかを考え、成長の機会として取り組むことは、豊通マシナリーの将来にとって重要な課題です。
この課題に向き合い、組織一丸となって“あるべき姿”を実現するために、新たなビジョンを策定しました。

ビジョンで掲げる“Bridge” には、2つの意味を込めています。

● モノづくりの現場から次世代へ技術をつなぐ架け橋になる。
● 豊かな社会と未来を実現するために、次世代への橋を架ける。

2つの架け橋を実現することで、豊通マシナリーは、機械商社業界をリードする会社を目指していきます。
さらなる高みを目指しながら、私たちは常に基本に立ち返ることを忘れることなく歩み続けたいと考えております。ものづくりの現場に資する存在であり続けること、当たり前と言われることを誰にも負けないほどの努力で打ち込むこと、こうした意識が私たちのDNAであると自負しております。

豊通マシナリーが介入することで繋がる「人」・「モノ」・「想い」によって、この世に生まれる「商品」・「技術」・「価値」があります。これは私たちにとって最大のやりがいであり、使命であると考えています。
お客様、そして社会にとってなくてはならない“橋”となり、より多くの可能性を形にするために、豊通マシナリーは挑戦を続けます。私たちと共に、ここでしかできない仕事と向き合ってくださる方、そして、進化を楽しみながら挑戦できる方をお待ちしています。

企業概要

創業/設立 1978年 2月23日
本社所在地 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅四丁目11番27号 シンフォニー豊田ビル
代表者 濱本 裕二
資本金 3億2500万円  (豊田通商100%出資)
売上高 2213億円(2020年3月期)
従業員数 713名 (2021年04月現在)
子会社・関連会社 ■北米:Industrial Tech Services Inc 
■中国:天津豊通汽車設備有限公司 
■東南アジア:TOYOTA TSUSHO M&E (THAILAND) CO LTD
事業所 ■本社:愛知県名古屋市
■堤支店:愛知県豊田市 
■東京支店:東京都港区 
■豊田支店:愛知県豊田市 
■大阪支店:大阪府大阪市 
■浜松支店:静岡県浜松市 
■九州支店:福岡県宮若市 
■日野営業所:東京都日野市 
■三島営業所:静岡県三島市 
■北陸営業所:福井県越前市
■東北営業所:宮城県黒川郡大和町 
■北海道営業所:北海道苫小牧市
■太田出張所:群馬県太田市
■鷲津出張所:静岡県湖西市 
■田原分室:愛知県田原市 
■北陸分室:富山県富山市
■広島分室:広島県広島市
■福岡分室:福岡県福岡市 
■高松分室:香川県高松市
■3D造形工房:愛知県刈谷市
主な取引先 アイシン・エィ・ダブリュ(株)/アイシン・エーアイ(株)/アイシン精機(株)/愛知製鋼(株)/関東自動車工業(株)/京セラ(株)/JFEスチール(株)/(株)ジェイテクト/住友精密工業(株)/大日本印刷(株)/ダイハツ工業(株)/(株)デンソー/東洋紡績(株)/トヨタ自動車(株)/(株)豊田自動織機/トヨタ車体(株)/トヨタ紡織(株)/日本ガイシ(株)/日本特殊陶業(株)/日立金属(株)/日野自動車(株)/プライムアースEVエナジー(株)/三菱電機(株)/三菱レイヨン・エンジニアリング(株)/豊田通商(株)/他(順不同 敬称略)
主な仕入先 (株)IHI/アイシン精機(株)/オークマ(株)/関東冶金工業(株)/(株)キ-エンス/小池酸素工業(株)/(株)小松製作所
/(株)ジェイテクト/(株)豊田自動織機/日清紡メカトロニクス(株)/日本ガイシ(株)/(株)ノリタケカンパニ-リミテド/ヤマハ発動機(株)/豊田通商(株)/他(順不同 敬称略)
気になる

772人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません