柊野福祉会グループ

柊野福祉会グループの企業情報

柊野福祉会グループ

【介護・福祉サービス】

京都市内で10分野23事業所の高齢者のための特別養護老人ホーム、ケアハウス、デイサービスセンター、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、小規模多機能型事業所、グループホーム、介護付有料老人ホームの運営をしています。

2021年2月、グループ会社の「アーバンスタイルケア株式会社」から、50床の介護付有料老人ホーム「アーバンヴィラ京都神山クラシック」をオープンいたしました。

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • アットホームな社風

  • 女性の管理職実績

  • 女性の従業員比率が50%以上

私たちの魅力

事業内容
誰でもが自分らしく暮らしていける環境や社会の仕組みを創る

柊野福祉会は、京都市内で、特別養護老人ホーム、グループホーム、小規模多機能型、デイサービスなどの施設運営や居宅・相談サービス等の10分野23事業所の高齢者福祉サービスを運営し、社会のニーズに応え続けてきました。
まもなく到来する超高齢社会の“受け皿”となるため今後も拡充を図ります。

『“長生きして良かった”と、心から喜んでいただける日が、1日でも多くありますように』を法人理念に、利用者さまのそばに寄り添って“想い”を共感するのが私たちの役割だと考え、未経験の若手の教育・研修体制を拡充。
また「(介護)熟練コース」「組織コース」「マネジメントコース」とキャリアパスも多彩で、自分の希望や能力を開花させ、法人の未来を担う人財へと成長し、可能性を広げられる体制です。

企業理念
福祉を通じて地域社会に貢献する

■理念
「長生きして良かった」と、心から喜んでいただける日が、1日でも多くありますように。
■使命
人生の大先輩のために、いま私たちにできることは?
■目的
誰もが、自分らしく暮らしていける環境や社会の仕組みをみんなで創ること。

「人生の大先輩のために今私たちができることは?」という視点にたち、誰もが自分らしく暮らせる環境づくりに取り組んでいます。利用者さまに「長生きしてよかった」と喜んでいただける介護を常に目指しています。

ビジョン/ミッション
知識や技術で地域に貢献

柊野福祉会の理念でもある、「『長生きして良かった』と心から喜んでいただくための支援」こそが、我々の使命だと考えています。その為に教育研修に力を入れ、その支援を生み出す知識や技術を身に着けてもらう人財育成が大切だと考えます。
 最終ゴールはスタッフ皆が身に着けた知識や技術で、地域に貢献できること。そのために先輩スタッフが経験で培ってきた知識や技術、思いを後輩スタッフに発信しています。どの事業所へ行っても、根拠に基づいた応用力を持って対応できる、汎用性の高いスキルを持ったスタッフで構成されている法人でありたいです。様々な場面でしっかりと対応できるスタッフが、質のいいサービスを提供することで、当法人の理念である「長生きしてよかった」と思ってもらえる日が一日でも増えると考えています。

私たちの仕事

【介護職員(ケアワーカー)】
利用者さまのそばに寄り添い、「思い」を共感する
(利用者さまのご要望や身体の調子を把握し、深いかかわりを通じて利用者さまの一日を支援する)

◆特別養護老人ホーム
 ・ 起床するための着替えや洗面、排泄の介助
 ・ 食事介助、口腔ケア
 ・ 健康チェック、入浴介助
 ・ 水分補給、おやつの準備
 ・ レクリエーションの企画・提案(利用者さまに楽しんで頂く時間を作る)
 ・ イベントの企画、開催、進行
 ・ 広告・広報誌(グラフィック)の作成と印刷、掲示  
 ・ イベントポスターのデザイン

◆デイサービス
 ・ ご自宅への送り迎え、体調確認
 ・ 手作業や散歩のお付き添い
 ・ ストレッチ体操、リハビリのお手伝い
 ・ レクリエーションの企画・提案(利用者さまに楽しんで頂く時間を作る)
 ・ イベントの開催、進行

はたらく環境

組織の特徴
「福祉を通じて地域社会に貢献する」

「福祉を通じて地域社会に貢献する」を基本命題に掲げ、地域に必要とされるサービスの展開、地域に愛される施設づくり、地域交流・連携強化に力を注いでいます。健康福祉イベントの開催(年1回)、施設内でのサロンの開催(月1回)、山間地域でのサロンの開催協力(月1回)、地域の市場への出店や三世代交流会、認知症サポーター養成講座の開講等、地域のニーズに気づき応えられる強い力を養っています。施設内でのイベント開催に際しては、ボランティアとして地域の皆様にご参加いただくなど、豊かなコミュニティの発展を目指しています。
また、外国人介護士の採用による介護人材基盤の拡充を図るため、早くから外国人採用活動に取り組み、現在は、外国人技能実習生の育成にも力を注いでいます。

社会福祉法人だけでなく、グループ内の株式会社で、接客やサービス・マーケティング、営業を学ぶこともできます。
今後益々広がっていく多様なフィールドで活躍できる環境を整えて、たくさんの方々に愛される施設づくりを目指しています。

職場の雰囲気
若手にとっても子育て世代にとっても働きやすい風土づくり

当法人は平均年齢36歳、男女比率約1:2で構成されています。
現場職員の業務に対する現在の課題や提案事項を吸い上げ、職員の負担となっていることを職員全員で確認、検討し改善につなげるため、毎年職員アンケートを実施し、集計結果をPCDAサイクルで繰り返し、業務を継続的に改善しています。
また、子供を連れて社内のイベントに参加し、高齢者との交流を図るなど、子育て世代にとっても働きやすい風土を形成してきました。理事長を含め、施設長、部長ら上司と部下が気軽に相談しやすい関係性を築いているので、若手職員の意見が通りやすく思いを実現しやすい面白い職場です。

社風
やりたいことができる自由な社風

柊野福祉会グループには、若手の採用プロジェクトチームがあり、採用のプログラムやイベントを発案するなど、自由な発想とアイディアを実現しやすい風土があります。新規事業のコンセプト案やマーケティング活動も、現場の職員を入れた会議が行われ、常に新しいことへチャレンジできる楽しい職場です。新入社員の指導はOJTによって現場の若手社員に託され、自分自身の思いを届けることができるので、日々意欲的に働き、やりがいを感じることができます。

働く仲間
仲間との絆を深める・触れ合う機会を大切に

職員同士の親睦を図ることで、柊野福祉会グループの発展に寄与することを目的として、「ふれあい会」があります。ビアパーティや新年会、日帰り旅行や一泊旅行に出かけるなど、事業所以外の仲間との繋がりも大切にしています。また、趣味が合う職員同士で休日を合わせてプライベートも楽しんでいます。日頃一緒に過ごす仕事仲間と、心も体もリフレッシュすることで、心身のバランスがとれて、充実した社会人生活を送ることができます。(コロナウイルス感染拡大予防のため、2020年は全面自粛いたしました。)

企業概要

創業/設立 1984年05月
本社所在地 社会福祉法人柊野福祉会:京都市北区上賀茂中ノ河原町22-1
アーバンスタイルケア株式会社:京都市北区上賀茂馬ノ目町19-1
代表者 理事長 杉本 豊平
資本金 社会福祉法人のため資本金なし
事業収入 単独:15億2,700万円
連結:24億6,100万円
2020年3月実績
従業員数 グループ合計
402名(常勤216名・非常勤186名)
男:143名 女:259名 (2020年11月現在)
事業所 ○社会福祉法人柊野福祉会
・特別養護老人ホーム「ヴィラ上賀茂」(50名)
・京都市柊野特別養護老人ホーム(50名)
・小規模特別養護老人ホーム「ヴェルデ上賀茂」(29名)
・京都市柊野地域包括支援センター
・柊野居宅介護支援センター
・京都市柊野老人デイサービスセンター(35名)
・ケアハウス「アーバンヴィレッジ柊野」(50名)
・京都市鳳徳老人デイサービスセンター(23名)
・ガーデンハウス西賀茂(25名)
・ガーデンハウス下鴨(25名)
・ガーデンハウス上桂(29名)
・ガーデンハウス上賀茂(29名)
・居宅介護支援センター千本笹屋町
・デイサービスセンター千本笹屋町(30名)
・グループホーム千本笹屋町(9名)
・グループホーム四条大宮(9名)
・グループホーム上桂(18名)

○アーバンスタイルケア株式会社
・アーバンヴィラ京都神山クラシック(50名) ※2021年2月新規オープン
・アーバンヴィラ上賀茂プレミアム(45名)
・アーバンヴィラ西賀茂(14名)
・アーバンヴィラ千本笹屋町(26名)
・アーバンヴィラ四条大宮(29名)
・アーバンヴィラ上桂(29名)

※かっこ内は定員数
気になる

27人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません