三井物産ケミカル株式会社

三井物産ケミカル株式会社の企業情報

三井物産ケミカル株式会社

【商社(化学)|商社(医薬品)|商社(化粧品)】

今、当社は大きな変わり目です。
三井物産グループのネットワークを活かして海外マーケットを大きく開拓し貿易商社としての機能をさらに強めています。また、新規事業領域でのビジネス創出にも積極的に取り組んでいます。そのような大きな飛躍を目指す変わり目となる環境に「挑戦したい」という熱い想いを持った方とお会いできるのを楽しみにしています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • シェアNo.1サービスあり

私たちの魅力

事業内容
AIには代替できない、付加価値の高い仕事を「人の知恵」と「人間力」で創り出していく

・旺盛な好奇心を持ち、知恵を吸収し、考える集団が生み出す「人の知恵」
・「正しいことを楽しく」という当社の行動指針のもと生まれる「人間力」
商社である当社は、製造施設を持っておらず『人の知恵』と『人間力』で勝負している会社です。そこにAIが代替しうる仕事はありません。そのような「知恵」と「人間力」により勝ち得た「お客様からの信頼」に裏打ちされた付加価値の高い仕事を創っていくこと、それこそが当社の在るべき姿です。

私たちの仕事

営業本部は取扱品目別に大きく4つに分かれ、顧客との関係の基にビジネスを展開しています。また時代の先を見据え、化学品のトレーディングだけにとどまらない新規事業を開拓していく部署を2つ立ち上げました。既存のビジネスをより深めつつ、その枠を越えたチャレンジをすることで、新しい時代を作る商社としての価値を高めていきます。

<溶剤部>
石油化学産業を支える主力商品であり、世界各国とのグローバルトレーディングを展開

<化成品部>
生活に身近なプラスチック原料から工業薬品まであらゆる場面に存在する化学品の元を支える

<ウレタン材料部>
生活から建築まで幅広い分野で使用されているポリウレタンの原料を販売

<機能材料部>
耐熱性や耐候性、耐久性が求められる物に使われる、高い機能性を備えた原料を取り扱う

<ライフ&ヘルスケア事業開発部>
医薬、農薬、化粧品、健康食品という4つの事業領域に特化した部として、石油に依存しないビジネスへのチャレンジを掲げ、これまでにないものを生み出していく

<新規事業開拓部>
食や環境保全をキーワードに新しい分野に挑戦。社会的課題に化学の力を通じて機能と解決策を提供することを掲げる

はたらく環境

組織の特徴
貿易商社としての機能をさらに強め、新規事業領域でのビジネス創出にも挑戦していく

現在当社の海外事業は過渡期と言えます。もともと国内100%の商売から始まった当社ですが、現在ではアジア圏はもとより、北南米、欧州、中東諸国まで幅広い国々と取引を行っています。今後は、駐在先を増やすことはもちろん、三井物産グループの「アセット・リソース・ネットワーク」 と専門商社の強みを組み合わせ、既存メーカーの海外展開支援や、新規商売の獲得を通じ、貿易商社としても更なる発展を目指します。

企業概要

創業/設立 設立1991年3月
本社所在地 〒100-6811 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル11階
代表者 代表取締役社長 柳澤誠一
資本金 8億円
売上高 1507億円(2019年3月31日)
従業員数 225名 (2019年08月現在)
子会社・関連会社 海外/タイ(バンコク)・インドネシア(ジャカルタ)
事業所 国内/本店(東京)・支店(名古屋・大阪・九州)
海外/タイ(バンコク)・インドネシア(ジャカルタ)
株主構成 三井物産(株)100%
気になる

102人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません