株式会社クリエイト エス・ディー

株式会社クリエイト エス・ディーの企業情報

株式会社クリエイト エス・ディー

【専門店(ドラッグストア・調剤薬局)】

「極めて感じの良い応対で、お客様とのふれ合いを大切にする」という理念のもと、
関東・東海地域で659店舗を展開。
東京、神奈川県下ではドラッグストア店舗数NO.1(※)を誇り、
売上高では31年連続で対前年比を更新しています。
※(株)日本ホームセンター研究所/HCIドラックストア名鑑2020

一人ひとりが目標達成に向けて何をすれば良いかを考え取り組むことで、
いち早く成長を取り入れるカギとなり、会社の成長に繋がると考えています。
『すべては地域の方々の健康と幸せのために。』
お客様を第一に考えた接客や行動ができる人材を育成し、安心・信頼のお店づくりをこれからも行っていきます。

  • CSR活動に積極的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 3年連続で業績アップ

私たちの魅力

事業内容
創業当初から変わらぬ“住宅街”を中心に店舗展開の理由

住宅街立地に店舗を構えているからこそ、お客様がお客様を連れてきてくださる。
これが最良のお客様づくりです。

そしてそれを支えるのは、
『今、自分ができる最大限のことを目の前のお客様のために』
と考え行動する「 クリエイト文化 」です。

ちょっとした優しさと、温かみのある行動を自然にとれる、そのような心を創業当初から大切にし続けてきました。
その結果、お客様にご支持をいただきここまで成長することができました。

今後も、この「 クリエイト文化 」を継承し、身近で、いつでも相談できる
“地域の相談窓口”として地域の方の相談しやすい環境づくりに取り組んでまいります。

ビジョン/ミッション
お客様に「感動」と「感激」を

「極めて感じの良い応対で、お客様とのふれ合いを大切にする」という理念のもと、関東、東海地域で659店舗を展開。
31年連続で対前年比で売上を更新し続け、経常利益も業界の中でトップクラスを誇ります。
『すべては地域の方々の健康と幸せのために。』
お客様を第一に考えた接客や行動ができる人材を育成し、安心、信頼のお店づくりをこれからも行っていきます。

私たちの仕事

●総合コース(マネジメント業務)
ドラッグストアの店舗運営、接客販売、栄養相談等を経験し、
店長、エリアマネジャー、バイヤー、管理部門のスタッフを目指していただきます。
※拠点から通勤可能範囲内での店舗勤務になる地域社員制度もあります。

●薬剤師コース (調剤、在宅医療、OTC)
処方箋による調剤、訪問服薬、OTCカウンセリング等。
患者様にとって身近で信頼される存在として活躍して頂きます。

――『極めて感じの良い応対』を合言葉に地域のお客様に1番愛され、
              頼られる地域密着な店舗づくりを目指します。――

【ドラッグストア事業】
自分の健康は自分で管理、予防するという意味の「セルフメディケーション」。
高齢者人口の割合増加などを背景に国の財政を圧迫している医療費が問題となっています。
2017年1月の「セルフメディケーション税制」の導入により、
国民の健康管理、維持に対するサポート体制は整備され、
今後さらにドラッグストアへの期待が高まると予想されます。

●ヘルスケア部門
弊社では常に最新の医薬品や健康食品の情報収集を行い、
より多くのお客様の意見や要望をいち早く反映した品揃え、
売り場づくりを心掛けています。
お客様一人ひとりに的確な商品をお勧めできる医療知識や商品知識を常に高め、
地域のお客様の健康に関するご相談にいつでも笑顔で対応いたします。

●ビューティーケア、日用品、食品、ベビー用品、ペット用品など
食品から日用品まで幅広く取り揃えています。
利便性を兼ね備え、豊富な品揃えときめ細やかなサービスを提供することで
地域の方々の生活を力強くサポートしています。

【新業態(Cremo)の展開】
“来て見て触って楽しい”店舗を展開。話題の新商品からブランド商品を取り扱っています。
ヘルスケアや圧倒的な品揃えのビューティケアに加え、ショッピングに楽しさを与える
おしゃれ雑貨で構成した空間を展開しています。

【神奈川県清川村との包括協定を締結】
清川村では、近年若年世代の就労等に伴う人口流出が加速しており、
人口減少、少子高齢化が最大の課題となっています。
また、村内には食料品や日常生活用品を販売する商業施設は1店舗もなく、
村の魅力創出面で大きな課題となっています。
そこで、当社との連携を強化し、清川村内における地域の一層の活性化と
村民サービスの向上に資するため、包括協定を締結しました。
ヘルスケア&ビューティーケアステーション施設を整備し、
村民の皆様に向けた様々な取り組みをスタートしています。

【調剤事業】
●処方調剤
医薬分業化とともに、ドラッグストアの処方調剤は患者様、お客様にとってより身近なものとなってきました。
毎日の生活に密着したドラッグストアで、安心して相談される存在として、地域の患者様、お客様の日々の健康をサポートしています。

●在宅医療
「通院は困難だけど、入院ではなく住み慣れた家や居室で生活したい…」
高齢化社会における在宅医療や在宅介護のニーズは年々高まっています。
薬剤師が老人ホーム等の施設へお伺いし、ドクターらと連携を取りながら医薬品の管理、服薬指導や問題点の解決を行います。

はたらく環境

社風
一人ひとりが主体的に取り組み、やりがいや成長を実感

店舗では売り場づくりをはじめ、一人ひとりが目標達成に向けて何をすればよいかを考え取り組んでいます。
これがいち早く成長を手に入れるカギであり、会社の成長にも繋がると考えています。
また健康相談会など一年を通じて様々なイベントを実施しています。
セルフメディケーションが推進される中で登録販売者や管理栄養士が役割を果たすことも重要です。
お客様や患者様によってより身近な相談窓口となれるよう、
常にスタッフ全員が自分たちのアイデアと行動力でサポートし続けています。

働く仲間
成長中だから多くのチャンスやポジションがある

入社後は、充実した研修やOJTを通じて仕事の進め方を一から丁寧に学んでいきます。
また、店長研修やマネジメント研修、コーチング研修など、スキルアップの機会もあり、
総合職、薬剤師問わず主体的に取り組める方には様々な方向で活躍できる環境です。
20代で管理職として活躍している先輩も数多くいます。
このように人材の育成に力を入れているのは、地域貢献や社会貢献のため。
これからも多くのプロフェッショナルを育成していきます。

企業概要

創業/設立 1983年(昭和58年)5月
本社所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田西2-3-2
代表者 代表取締役会長 山本久雄 
代表取締役社長 廣瀬泰三
資本金 13億574万円
売上高 ●31年連続で売上高UPを続けている成長企業です。
2020年5月実績3,162億円
2019年5月実績2,842億円
2018年5月実績2,662億円
2017年5月実績2,454億円
2016年5月実績2,301億円
2015年5月実績2,122億円
2014年5月実績1,958億円
2013年5月実績1,807億円
2012年5月実績1,687億円
2011年5月実績1,540億円
2010年5月実績1,483億円
従業員数 10,067名 (2020年05月現在)
事業所 本社/横浜市青葉区
経常利益 171億円(2020年5月期実績)
※業界でトップクラスの経常利益率を誇ります
店舗 神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、静岡県、愛知県に659店舗(2020年5月末)
出店戦略について 神奈川・東京・静岡を中心に、関東・東海圏にドミナント展開し、 
トップレベルのシェアを確保していきます。 
中長期的には毎年40~50店舗ほどの出店を計画、 
競争力のある250坪タイプの大型ドラッグストアを中心に展開していきます。 

また調剤事業についても、医療モールへの出店に加え、 
ドラッグストア併設型も積極的に展開していきます。 
介護施設とタイアップした「訪問服薬」への取組みも早期より開始しており、 
地域のお客様の「美と健康」について一貫してサポートできる、 
地域にとってなくてはならない存在でありたいと考えています。
担当者からのメッセージ ●当社の心がけ 

地域密着型ドラッグストア・調剤薬局として多くの人々に 
愛される店舗づくりを心がけてきましたが、特に「ヘルスケア」 
「ビューティケア」など、医療や化粧、健康に関わる品揃えを 
中心にお客様の期待に応えられるよう努めています。 

今後、調剤とOTCの併設店を増やし、在宅医療の拡大も目指します。 
地域の方々のセルフメディケーションに今まで以上に貢献していきたいと考えています。
気になる

206人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません