株式会社北海道新聞社

株式会社北海道新聞社の企業情報

株式会社北海道新聞社

【新聞】

1942年(昭和17年)に創刊した北海道新聞。新聞業界にとってたとえ困難な時代であっても、北海道新聞は地域に根差した「日本一の地方紙」「最強の郷土紙」を目指しています。ぜひ一緒に北海道を盛り上げていきましょう。

  • 地域に密着した事業展開

  • シェアNo.1サービスあり

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
今日もどこかで、北海道のために

原点は「地域密着の新聞」。長年「道新(どうしん)」の愛称で親しまれ、地域とともに歩み、時代を刻み続けてきました。
 道新の最大の特徴は地域に密着した紙面の充実ぶり。地域面は朝・夕刊合わせて59カ面にも上ります。道内外に張り巡らせたネットワークで信頼される新聞を作り、読者へお届けし続けるとともに、暮らしに役立つ広告で、主催イベントで、北海道を元気にすること、そしてこれまで以上に「必要とされる新聞」へと進化していくことが、北海道新聞社の使命です。
「日本一の地方紙」「最強の郷土紙」を目指し日々奮闘しています。

私たちの仕事

北海道新聞社にはいろいろな「現場」があります。
情報の源となるニュースを取材し記事を書く現場、クライアントへ企画を提案し広告スペースを買ってもらう現場、全道各地にある販売所と一緒に新聞の維持・増紙に知恵を絞る現場、北海道マラソンや美術展などを企画・実施し、教養、娯楽、文化を提供する現場、北海道新聞社ならではの本作りを行う現場など-。
どの現場にも道民がいます。
また、北海道の未来を真剣に考え、少しでも明るく楽しく暮らせるよう、日々難題に挑み続けている社員がいます。
「職種のデパート」と言われる新聞社で、皆さんのやりたい仕事が実現できるかもしれません!

はたらく環境

社風
色々な仕事を経験できます

北海道新聞社は、職種も勤務地も多種多様な会社です。
だからこそ、入社1年目であっても色々な仕事を経験できます。
その分、責任感もより強く持たなければいけませんが、先輩に支えられながら成長していける環境があります。

働く仲間
ダイバーシティの取り組み

北海道新聞社は、道民に信頼され、北海道と共に歩む総合メディア企業であるために、すべての社員がさらにやりがいを持って働くことができる、魅力と活力にあふれる組織づくりに全力を挙げています。
社員の仕事と生活の両立を支援するため、育児や介護をはじめとした各種制度を整えています。また、ダイバーシティの取り組みが評価され、2017年10月、「札幌市LGBTフレンドリー企業」に登録されました。

企業概要

創業/設立 創業 1887年
創刊 1942年11月1日
本社所在地 北海道札幌市中央区大通西3-6
代表者 代表取締役社長 宮口 宏夫
資本金 3億4650万円
売上高 407億円 (2021年3月期)
従業員数 社員数 1293人 (2021年07月現在)
子会社・関連会社 北海道文化放送、エフエム北海道、北海道新聞HotMedia、道新サービスセンター、道新文化事業社、道新販売センター、道新アクティ、道新文化センター、道新プロセス、北日本広告社、道新総合印刷、道新ロジスティクス、道新デジタルメディア、道新インタラクティブ
事業所 本社/札幌
支社/函館・旭川・釧路・東京・小樽・室蘭・帯広・北見・苫小牧・大阪
総局・支局/岩見沢など道内39ヵ所
海外駐在/ワシントンなど6ヵ国7ヵ所