株式会社梓設計

株式会社梓設計の企業情報

株式会社梓設計

【コンサルタント】

街に思いを巡らせたか。人と暮らしを考え抜いたか。
社会の未来を想像したか。常識を乗り越えたか。
建築は、人と社会と生きていくから。
企画に、ロマンを。設計に、提案を。 実施に、実直さを。監理に、徹底を。
今日も、この世にたったひとつしかないデザインを実現する。
つくり手の温度を伝えながら。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • CSR活動に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • 設立50年以上の企業

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
「お客様の満足」と「環境保全」が梓設計の建築デザインの基本です。

<事業内容>
■調査・企画・コンサルタント
■都市計画・地域計画
■設計・監理
■プロジェクトマネジメント

企業理念
質実優美

“梓”たる“質実優美”な建築を顧客の共感とともに実現し社会に貢献する。梓設計が作り出すすべての建築物には、[強靭かつ良質で、堅実に社会を支え、環境や人々への優しさを持ち、美しい由来を感じる形]が追求されています。“質実優美”たるこのスタンスこそ、私たちの誇り……『梓スタイル』です。ルーツは、創業者・清田文永が、凛と立つ《梓》の木に合わせ見た、設計に対する熱き想いにあり、建築に向き合う設計者の“作法”として、現在まで受け継がれています。

私たちの仕事

梓設計の競争力を牽引する「交通インフラ」「スポーツ・エンターテインメント」「都市・商業」「ヘルスケア」「ワークプレイス」「物流・生活インフラ」の6つのドメインは本社・支社・海外の間の垣根のない横断的なチームとして活動し、いつどこにおいてもクライアントへ最高水準のサービスを提供するとともに、日々専門性を磨き、ブランド力をさらに高めていく役割を担います。

◎交通インフラドメイン
長年にわたり、日本の空港施設設計を手掛けてきた梓設計。交通インフラドメインは、航空分野の設計ノウハウを最大限活かし、港湾・鉄道、さらに陸送の分野にも日本並びに世界に向けて設計活動を展開していきます。
※主な実績:東京国際空港国際線旅客ターミナル、成田国際空港第1旅客ターミナルビル、新高岡駅

◎スポーツ・エンターテインメントドメイン
私たちは、スポーツの持つ多様性を活かした、様々なプラスαの価値を生むスタジアム・アリーナの実現に向け、運用も視野に入れたプロジェクトマネジメントによる施設づくりを行います。
※主な実績:新国立競技場整備事業、北九州スタジアム、横浜文化体育館再整備事業

◎都市・商業ドメイン
都市デザインにおいては、都市環境にふさわしい建築のあり方、そこに暮らす人々の姿、コミュニケーションの理想のかたちを追求します。商業デザインにおいては、その場所へ訪れた人々が、いつでも主役となれるような、居心地のいい居場所づくりを目指します。
※主な実績:白金一丁目東地区市街地再開発事業、羽田空港国内線POWER LOUNGE、ダイワロイネットホテル東京有明

◎ヘルスケアドメイン
ヘルスケアドメインは「お客様の期待に誠実に応えるデザイン」という基本的な考えのもと、福祉・保健・医療の分野で国内外の施設設計に携わっています。
※主な実績:奈良県総合医療センター、唐津赤十字病院、中部徳洲会病院

◎ワークプレイスドメイン
庁舎やオフィスの機能・内容は多岐にわたります。ワークプレイスドメインは、働き方の見直しやマイナンバー制度の導入など、常に変化する社会のニーズや制度に応え、お客様と共に最適解を導き出します。
※主な実績:京三製作所本社工場事務所棟、小野薬品工業東京ビル、燕市庁舎

◎物流・生活インフラドメイン
暮らしのあり様が多様化する現代において、システム、プログラム、ソフトからの要請により、望まれる建築の姿、価値は日々進化しています。
特に、社会基盤といえる生活インフラ施設は、建築物として稼働を開始した後も長期にわたりその変化に追従できるものでなくてはなりません。
私たちは、長年の設計で培った経験と品質力を軸に、望まれる多様性には組織設計事務所の情報力、総合力を生かし社会要請に応えてまいります。
※主な実績:ヨコレイ東京羽田物流センター、秩父広域火斎場、山崎製パン神戸工場

はたらく環境

オフィス紹介
日経ニューオフィス推進賞・経済産業大臣賞受賞

2019年8月に本社移転。羽田空港を直下にあり、明るく開放的なオフィスを実現。役員室も固定席もない完全フリーアドレス制を導入。打ち合わせやプレゼンテーションなどアクティビティーが表出する場を形成。エントランスからカフェテリアをつなぐ全長100mのランウェイは、同社を象徴する空間となっている。カフェテリアでは毎日健康的なメニューが提供されています。2020年の日経ニューオフィス推進賞を受賞いたしました。

https://www.azusasekkei.co.jp/information/topics/view/93

社風
ワークライフバランス良好

残業時間は20~30時間程度とワークライフバランスを保ちながらの就業が可能です。また業界でイチ早くプレミアムフライデーを導入し月末金曜日は15時に終業や年次有給休暇の計画付与によりGWを長期連休にするなどの社員のワークライフバランスの充実に積極的に取り組んでいます。

職場の雰囲気
協力し合う風土

協力し合う風土で社員同士仲が良く穏やかな社風です。
またベテランも多数在籍しており、わからないことがあれば何でも聞ける環境です。

働く仲間
国内初、Apple Watch Series6導入で健康経営を推進

アップルが販売する最新型のApple Watch S6を希望社員全員へ貸与し、健康経営とワークプレイスの環境分析を推進しています。働き方改革、業務効率化とテレワーク推進の一環でノー トPC、iPhone、iPadを全社員へ導入しており、今回新たに国内では初となるApple Watch S6の社員導入となります。
本社オフィスにおける、WELL認証(米・IWBI認証)version2・プラチナランク取得後も、空間デザインのみならず、ウェルネス、快適性などの視点から、社員の健康の維持・増進と生産性向上を目指した健康経営を推進しています。今回はその活動の一環として、社員の健康への意識向上を図り、各自の健康管理の一助としてApple Watch S6を希望社員約400人へ貸与するもの です。Apple Watch S6を導入し、運動促進のアドバイス、便利機能のレクチャーも行い、業務効率化を促進。また、アクティビティリングの数値を米国Lose It!社の専用アプリ「Callenge App」により集計、その運動データをチームで競い合う社内大会も実施し、チームビルディングにも有効活用します。Challenge Appの導入も国内初の試みです。
さらに、事前に同意を得た社員のアクティビティ集計データを、ワークプレイスにおける環境分析に活用することで、社員の健康増進のみならず、今後の設計提案活動へフィードバックし、お客様への更なる付加価値を提供してまいります。

企業概要

創業/設立 創立1946年10月10日
本社所在地 〒144-0042 東京都大田区羽田旭町10-11 MFIP3F
代表者 代表取締役社長 杉谷 文彦
資本金 9000万円
従業員数 650名 (2021年04月現在)
事業所 〒144-0042 東京都大田区羽田旭町10-11 MFIP3F
1946年 梓建築事務所の開設 創業者である清田文永は逓信省入省後、日本航空の前身となる大日本航空勤務の後、戦後まもない1946年に梓設計を創業し、初代社長に就任しました。戦後の混乱の中、清田をはじめとする7人の有志が集まり、東京中野区の清田宅に、合資会社梓 建築事務所を開設しました。「梓」という社名には、「大らか」にして「雅び」、しかも強く貫く「力」があり、凛と立つ「梓の木」に合わせ見た、創業者清田の建築に対する熱き想いが込められています。事務所名に個人名称を使わなかったのは建築物に対する社会的責任を社会の公器として永続的に果たしていくことに組織設計 事務所の存在意義を創業時より見出したからです。この創業者の想いは、建築に向き合う私たちに現在も受け継がれています。
資格者数 一級建築士:317名/構造設計一級建築士:16名/設備設計一級建築士:15名/技術士:7名/再開発プランナー:10名/建築設備士:60名/インテリアプランナー:15名 以上、記載情報は2019年4月現在のものです
認証 ISO9001品質マネジメントシステム登録
ISO14001環境マネジメントシステム登録
認証範囲:建築物の設計業務、監理業務並びに関連する周辺業務
(海外事務所を除く)

くるみん認定:2021年3月3日
「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定:2021年3月4日
気になる

63人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません