株式会社ゼンショーホールディングス

株式会社ゼンショーホールディングスの企業情報

東証

株式会社ゼンショーホールディングス

【フードサービス|食品|商社(食品)】

◆世界中に安全でおいしい食を手軽な価格で届けることが私たちの使命です◆

 人類の長い歴史の中で、生命の根幹である「食」が世界中の人々に安定して供給されたことは、かつて一度もありません。飢餓と貧困をボランティアではなくビジネスの力で解決しようとしているのがゼンショーホールディングスです。
 
 安全でおいしい食を手軽な価格で提供するために、原材料の調達から、製造・加工、物流、店舗での販売までを、一貫して企画・設計、運営しています。
 ゼンショーホールディングスのビジネスモデル、それがMMD(マス・マーチャンダイジング・システム)です。経営の根幹であり躍進の原動力です。
 
MMDを全地球規模に広げ、「食のインフラ」を築いていくことがゼンショーの大切な使命です。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 実力と成果を重視

私たちの魅力

事業内容
◆食に関わる様々なシーンで事業を展開しています◆

【国内外食】 
日本を代表する牛丼チェーン「すき家」をはじめ、100円寿司、うどん、ラーメンなどのファストフード店と、ハンバーグ、パスタ、カフェ、和食、焼肉などバラエティ豊かなレストランを展開しています。

 【海外外食】 
牛丼の「すき家」、お寿司のテイクアウトやチキンライス業態など、グローバル展開を積極的に進めています。安全で安心な食のインフラを構築し、その国や地域の人々の生活を豊かにすることが私たちの使命です。

 【小売】
仕入、物流、人財、資金などあらゆる面でグループシナジーを最大限に活用しながら、安全・品質・価格にこだわり抜いたスーパーマーケットチェーンを展開しています。 

 【介護】
サービス付高齢者向け住宅、有料老人ホームを運営しています。施設をご利用の方々が、楽しく安心して生活していただけるよう、安全でおいしい食と快適な住環境を提供しています。 

【調達】 
店舗で使用される安全な食材を、安定価格で世界中から調達しています。店舗における安全でおいしい食の提供を支えています。(商品本部) 

【製造】 
食材の加工や外販製品を製造する工場を運営しています。経営管理体制を強化し、安全で品質の良い製品を安定価格で提供しています。(GFF) 

【技術】
店舗や工場の生産性向上を目指し、ゼンショー独自の機器開発をしています。
これまで100以上の技術を独自開発してきました。(グループIT技術本部)

【建築】
グループ店舗や施設の企画・設計・施工から維持管理までを一貫して総合的にサポートしています。建築資材の販売もしています。(テクノ建設)

【物流】 
物流機能会社として、24時間365日、工場で製造された食材を、徹底された温度管理のもとで新鮮さと安全性を保ち、ムダ・ムラ・ムリなく効率的に各店舗へ配送しています。(グローバルフレッシュサプライ)

企業理念
◆世界から飢餓と貧困を撲滅する◆

『世界から飢餓と貧困を撲滅する』
世界の飢餓貧困問題について、誰もが一度は気になったことがあるのではないでしょうか?
その問題を、一時的なボランティアではなく、持続可能なビジネスの力で解決しようとしているのがゼンショーホールディングスです。
世界には、すべての人が食べることができる十分な食料があるにもかかわらず、食料供給が過剰な国と不足している国とのアンバランスが一部地域での飢餓を生んでいると言われています。
ゼンショ―グループは、世界の食事情を変えることのできるシステムと資本力を持った「フード業世界一」企業となり、世界から飢餓と貧困を撲滅することを目指します。

私たちの仕事

●すべての人に安全でおいしい食を手軽な価格で提供できるチェーンストアの創造
●世界各国で機能する食のインフラ「MMD(マス・マーチャンダイジング・システム)」の構築

論理的・科学的な思考を土台とし、技術革新によって商品・サービスを持続的に進化させていきます。
若手社員であっても自ら起案し実行していく企業風土があり、食というフィールドで創意と挑戦心を持って新たな価値を生み出していく仕事です。

はたらく環境

組織の特徴
新たな価値を生み出す組織

多様性や主体性、独創性を尊重し「世界から飢餓と貧困を撲滅する」というひとつの目的達成のために有機的に調和している組織です。
セクショナリズムを排除して年次やポジションに関係なく、全員が経営者の視点を持ち、現状を否定しながら改善、改革を重ねることを重視します。
そのため組織横断プロジェクトが生まれやすく、新たな価値を創造していくことができるといえます。
また、若い社員も新規事業や責任あるポストを経験することで、大きく成長できる組織です。

企業概要

創業/設立 1982年6月
本社所在地 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
代表者 代表取締役会長 兼 社長 小川 賢太郎
資本金 269億9,600万円(2020年3月末)
売上高 6,304億3,500万円(2020年3月期)
従業員数 正社員 :14,402名
パート・アルバイト:50,148名 (2020年03月現在)
子会社・関連会社 【国内】
・(株) すき家
・(株) なか卯
・(株) ココスジャパン
・(株) ビッグボーイジャパン
・(株) 華屋与兵衛
・(株) ジョリーパスタ
・(株) はま寿司
・(株) エイ・ダイニング
・(株) 久兵衛屋
・(株) 瀬戸うどん
・(株) TAG-1
・(株) 善祥カフェ
・(株) ユナイテッドベジーズ
・(株) マルヤ
・(株) マルエイ
・(株) 尾張屋
・(株) フレッシュコーポレーション
・(株) 輝
・(株) ロイヤルハウス石岡
・シニアライフサポート (株)
・(株) エンネルグ
・(株) サンビシ
・(株) トロナジャパン 
・(株) TRファクトリー 
・(株) GFF 
・(株) ゼンショー商事
・(株) テクノ建設
・(株) グローバルテーブルサプライ 
・(株) グローバルフレッシュサプライ
・(株) グローバルITサービス
・(株) ゼンショーベストクルー
・(株) ゼンショービジネスサービス
・(株) ゼンショーライス
・(株) 日本アグリネットワーク
・(株) 善祥園
・(株) かがやき保育園
・(株) ゼンショー・インシュアランス・サービス

【海外】
≪中国≫     泉膳(中国)投資有限公司
≪ブラジル≫   Zensho do Brasil Comercio de Alimentos Ltda.
≪タイ≫     Zensho(Thailand)Co.,Ltd.
≪マレーシア≫  Zensho Foods Malaysia Sdn. Bhd.
≪メキシコ≫   Zensho Food de Mexico S.A. DE C.V.
≪台湾≫     台湾善商股分※有限公司 ※字体は人偏(にんべん)に「分」
≪インドネシア≫ PT. Zensho Indonesia
≪ベトナム≫   Zensho Vietnam Co.,Ltd.
≪香港≫     Zensho Hong Kong Co., Ltd.
≪アメリカ・カナダ・オーストラリア≫ Advanced Fresh Concepts Corp.
≪マレーシア≫  TCRS Restaurants Sdn. Bhd.
事業所 ◆本部:東京都港区 
◆店舗数:9,870店舗(2020年9月末時点)
◆工場:27カ所 
◆物流拠点:27カ所
◆展開国:日本・中国・ブラジル・タイ・マレーシア・メキシコ・台湾・インドネシア・ベトナム・香港・アメリカ・カナダ・オーストラリア等
気になる

745人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません