株式会社NYK Business Systems

この企業を「予約リスト」に追加しよう!「予約リスト」に追加すると3/1に自動的にエントリーできます。

株式会社NYK Business Systemsのキャリタス限定情報

株式会社NYK Business Systems

【情報処理|ソフトウエア】

NYK GROUP

IT x LOGISTICS

日本郵船グループの国際物流をITで支える
日本郵船グループは、海・陸・空に広がる世界最大級の物流ネットワークを駆使して、安全・確実、グローバルな「モノ運び」を提供しています。私たちNYK Business Systemsは、日本郵船(NYK)の情報システム部門が分社独立して生まれたユーザー系IT企業で、東京本社を軸とし、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの拠点と共に、日本郵船グループの国際物流をITで支えています。業務システムの企画・開発・保守・運用だけでなく、ITをベースとした情報戦略の策定・推進にも取り組んでいます。
2分でわかる 事業紹介動画 は こちら

事業紹介 ITと物流のビジネススキルを併せ持つ稀有な存在

私たちは、ITと物流のビジネススキルを併せ持ち、日本郵船グループの国際物流を支え、最適なソリューションを提案していきます。ビッグデータの活用、船上業務の電子化など、日本郵船グループの積極的なITの取り組みに貢献しています。

  • グローバルなITインフラストラクチャーの企画・構築・導入
  • 基幹業務系グローバルシステムの企画・開発・保守・運用
  • お客様のSCMをサポートするロジスティックス関連ビジネスのIT支援
  • 規制・コンプライアンス強化に対するIT面での対応・取り組み
  • 当社の現地法人およびアジア各拠点の統轄・連携による グローバルなIT支援
  • 日本郵船グループ会社に対する各種のコンピューターサービスの提供

NBSの強み グローバルな環境で力を発揮できる背景

IT企業の中でもグローバルな案件に携われ、自身が世界規模のビジネスの一端を担うことができます。また、海外拠点とも協力して取り組む案件もあるため、国際的な感覚が自然と身に付くとともに、自身のキャリアを高めることができる環境です。

成長できる環境 国際的な感覚を持ちビジネスとITの両方がわかる人財を育成

新入社員研修(約3カ月)ではマナーやIT技術、業務知識を基本から学ぶカリキュラムを用意し、業務を遂行するための土台づくりを行っています。配属後は社内外の研修や勉強会、OJTなどにより必要なスキルを習得できる機会を設けています。事業部門のビジネスを理解しグローバルな環境で力を発揮するシステムエンジニアとして一人ひとりが成長できるよう、人財交流制度や各種研修制度に力を入れています。

社員の本音Q&A 入社の決め手は?

もともと海運業界を志望しており、NBSの説明会に参加しました。そこで、IT技術者として海運業に携わるという選択肢を初めて知り、スキルを身に付けながら海運のダイナミズムを感じられる仕事に魅力を感じました。選考が進んでいく中で、穏やかな人が多い社風が自分に合っていると感じたことが入社の決め手になりました。

就職活動当初、物流業界を中心に調べていた中で「プログラミング」の科目が小学校で必修化するニュースを聞きました。そこでIT業界は絶対になくならない職業であることと、将来自分の子どもにプログラミングの科目を教えられたらという想いがあり、IT業界にも興味を持つようになりました。その過程で「IT+物流」というキーワードを掲げるNBSを知り、志望するようになりました。選考の過程で、人事の方が親身になって相談に乗ってくれたことで、社風や社員の皆さんの人柄の良さを感じ、入社を決めました。また、福利厚生が充実しており長く働ける環境であると感じました。

大学では情報学を学んでいたので、IT業界を中心に就職活動をしていました。国内中心のサービスを提供しているIT企業が多い中、海運業界のITを支えているというNBSに出会いました。グローバルに活躍できる環境であったことと、日常生活に必要な海運業という仕事にITで携わることができるという点にとても魅力を感じ、NBSへ入社を決めました。

就活エージェントに紹介していただいたのがきっかけでした。福利厚生、勤務地に関しては申し分なく、海外を相手にした物流というものは、常に一定の需要があるため安定していると思い興味を持ちました。その後、先輩社員や人事担当者とお話しする機会があり、皆さん良い人だったためNBSに就職することを決めました。

仕事で大変なことは?うれしいことは?

大変なことは日々新しい知識を習得する必要があることです。これは楽しいことでもあります。ただ決まった業務をするより、自らの成長が実感できるというやりがいにつながっています。うれしいことは自分が関わったシステムが実際にユーザーに使われることです。約700隻の船に搭載されるシステムが無事リリースできたときには、安堵と大きな喜びがありました。

新しい技術の勉強が大変です。中には社内で知見がないものもあり、独学では技術の取得が難しいこともあります。しかし、NBSでは手厚い研修サポートがあり、IT系の研修はもちろん、ツールや、ビジネススキルの研修も自由に受講することができるので、新しいプロジェクトに参画するときはこの制度を使っています。

時間のやりくりが学生のときと比べて大変です。今の部署では、複数のバラエティーに富んだ開発案件(データ分析、php開発、ローコード開発など)を並行して進めています。限られた業務時間の中で成果を出そうと一生懸命取り込む分、自身の成長が早い気がします。

技術力の向上に苦戦しています。毎日といっていいほど、新しい知識に触れています。そのため、整理しきれず混乱することも多々あります。昨今はリモートワークが続き、側に先輩社員がいないこともあるので、積極的にコミュニケーションツール(Teams)を活用して相談したり、自ら調べることを心掛け、毎日の業務に取り組んでいます。

研修や福利厚生は充実している?

研修は自分に必要なものを自由に受けています。どの世代の方も研修に参加しているので、研修を受けやすい雰囲気です。働き方としては、有給休暇が取りやすい環境で、さまざまな働き方に対応してくれます。社内イベントの郵船グループ対抗ボート大会は、いい経験になって楽しかったです。

業務に関係する研修は、社内、部内、チーム内にしっかり案内されるので、必要なときに必要なものを受講できています。また業務に関係する研修だけでなく、自分の関心が高い技術に関する研修の受講もできるので、常に意欲的に学習ができる環境だと感じます。

研修も福利厚生も充実していると思います。研修に関しては、新規案件に関わる際、必ず案件で必要とされる技術要素の研修が用意されます。もちろん、案件に関係なく、興味のある分野の研修も自由に受講できています。福利厚生に関しては、コロナ禍の状況で、原則在宅勤務となっているので、通勤のストレスもなくありがたいです。

研修は業務に直接関係ないものでも受講可能なため、自身のキャリアプランに合わせて柔軟に選ぶことができます。有給休暇・夏季休暇・冬季休暇もしっかり用意されており、かつ、休暇を取得しやすいです。また資格の補助制度も充実しており、資格取得に興味のある方にとっても良い環境です。
コミュニケーション力、好奇心、聞く力。私たちが求めている人財のキーワードです。
詳しくはこちら
気になる

1,901人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません