株式会社友和

株式会社友和の企業情報

株式会社友和

【商社(家具・インテリア・日用品)|家具・インテリア|倉庫】

【雑貨の情報発信基地!~from NAKANO~】
スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア、専門店、ネット通販等皆さんが利用される各種小売業の売場で目にする生活用品を約10万アイテム取り揃えています。生活用品の流通を通じて、皆様の暮らしに、快適さ・便利さ・楽しさを提供し、個々に合ったライフスタイルの創造をサポートする、例えるならば「雑貨の情報発信基地」です!

  • 顧客視点のサービス

  • 安定した顧客基盤

  • 販売・調達ルートが自慢

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
豊富な品揃えと総合機能で人の暮らしを”カタチづくる”

当社は、グループ全体で総合機能をより一層強化するため、各事業の内容を明確化し、機能別に事業を分割いたしました。それに伴い募集要項が変更となります。

【生活用品の専門商社】
■各小売業への提案型営業
リテールサポート業務。小売業の特色や課題に合わせた企画提案型営業による課題解決。日々の暮らしに欠かすことのできない生活必需品から、暮らしを彩るトレンド商品、社会的課題に対応する介護用品まで、生活用品全般を市場に供給し続けることで、社会インフラのような役割を果たしています。

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 
私たち友和は提案力を軸に、同YuwaGroup内のグループ会社と連携を図り、YuwaGroup全体としてシナジー効果を発揮しています。
以下は、YuwaGroup内の開発機能・供給機能を担うグループ会社となります。

<株式会社ストリックスデザイン>
ニーズに合わせた商品の企画開発。小売業のプライベートブランド商品、メーカーとのタイアップ商品の共同開発。オリジナル商品の企画開発。

<株式会社ストリックスコンサルティング>
コンピューターによるシステム開発・販売、およびそのコンサルティング業務。物流センター運営請負およびコンサルティング業務。

ビジョン/ミッション
”お客様に喜ばれる仕事をする”―従来の卸売のその先へ

私達は「より良い商品をより安く安定供給し、生活文化の向上に役立ち、社会に貢献する」という創業理念の元、“お客様に喜ばれる仕事”を追求してまいりました。ライフスタイルが多様化する現代において、これまでのモノを届けるという「卸売」機能にとどまることなく、モノを使った人がどのような暮らしをデザインしていくのか、モノの先にある価値を見据えてご提案していくことが必要であると考えております。その時代に合った、私達なりの“お客様に喜ばれる仕事”を定義し、実現し続けることで、社会に必要とされる企業を目指してまいります。

事業・商品の特徴
生活用品の流通をリードする“雑貨の情報発信基地!”

友和は、時代の変化を機敏にキャッチし、独自の提案力で新たな市場を開拓し続け、生活用品業界のリーディングカンパニーまでに成長してまいりました。店舗・カタログ販売・ネット販売など、どのお客様に対しても提案することができるノウハウと商材があることが友和の最大の強みです!暮らしに欠かせない生活必需品を中心とした豊富な品揃えで小売業の個性にフィットする奥行きのある商品提案を可能にしています。現状に満足することなく「お客様に喜ばれる仕事をする」という理念のもと、生活用品の流通をリードし、個々に合ったライフスタイルの創造を実現する―それが“雑貨の情報発信基地”友和です。

私たちの仕事

<企画営業職>
スーパーマーケット・ホームセンター・ドラッグストア・専門店・無店舗販売(EC)といった各種小売業に対し、生活用品を提案していくルートセールスです。トレンドや消費者ニーズを捉え、各小売業の特性や課題に合った売場企画の立案や商品選定、売場づくりに至るまでの課題解決型提案を行い、小売業をトータルサポートします。また、トレンドやニーズにあった商品を市場に提供するために、新規メーカーや新商品情報の発掘・収集・発信、生活用品関連の調査・分析、販売促進方法の立案など、企画機能も担います。最終的には、消費者のより良い個々のライフスタイルの実現を目指します。

はたらく環境

組織の特徴
人が育つ環境がある

友和の武器はなんといっても”人”です。商品を全国に安定供給するために一から拠点を作り、販路拡大のために新たな市場を開拓し、市場にない新しい商品を普及させるために海外から商品を調達し…そうやって、友和の事業は全て”人”が作ってきたといっても過言ではありません。友和には“ライフスタイルを創造する生活用品のプロフェッショナル”を育成する為の独自の教育研修プログラムがあります。研修や仕事を通じて成長し、お客様のニーズや課題に対し、自分の新たな発想で立ち向かう。自身の仕事に誇りをもち、他の誰でもない“自分にしかできない仕事をしたい”そんな熱い想いをもった皆さんの成長を後押しする環境があります。

社風
コミュニケーションが活発なチームで働く組織

社員に友和の好きなところを聞くと「人がイイところ!」と口を揃えて返ってきます。入社後の研修では、研修生同士が切磋琢磨できる環境となっており、また、業務においては、組織横断的なプロジェクトが多い為、部署間の垣根が低くコミュニケーションが活発な組織となっています。プライベートにおいても、あちらこちらで社員同士が自発的なコミュニティをつくる為、自然と社員同士のコミュニケーションが促進され、チームで働く風土が醸成されています。

企業概要

創業/設立 1965年9月8日
本社所在地 東京都中野区中央5-7-1
代表者 代表取締役社長 小林 敬一
資本金 3億5千万円(資本準備金含む)
売上高 単体:674億円/グループ全体:722億円(2020年8月実績)
従業員数 単体:288名/グループ全体:516名 (2020年08月現在)
主要取引先 総合スーパー
スーパーマーケット
ホームセンター
コンビニエンスストア
ドラッグストア
ディスカウントストア
専門店
ネット通販
カタログ通販
事業所 全国のYDC(友和ディストリビューションセンター)、SO(サテライトオフィス)
※2020年2月現在

YDC千歳:北海道千歳市
YDC青森:青森県青森市
YDC秋田:秋田県秋田市
YDC宮城:宮城県柴田郡川崎町
YDC郡山:福島県本宮市
YDC伊勢原:神奈川県伊勢原市
YDC千葉:千葉県八街市
YDC入間:埼玉県入間市
YDC佐野:栃木県佐野市
YDC長野:長野県長野市
YDC新潟:新潟県燕市
YDC大阪:大阪府茨木市
YDC岸和田:大阪府岸和田市
YDC金沢:石川県野々市市
YDCさぬき:香川県さぬき市
YDC広島:広島県三原市
YDC朝倉:福岡県朝倉市
YDC鹿児島:鹿児島県鹿児島市
八戸SO:青森県八戸市
名古屋SO:愛知県春日井市
富士SO:静岡県富士市
松山SO:愛媛県松山市
取扱商品 キッチン用品、ダイニング用品、サニタリー用品、アウトドア・レジャー用品、インテリア用品、ガーデニング用品、介護用品、業務用品など約10万アイテム以上
沿革 1965年 株式会社友和商会として創業
1967年 雑貨類の輸入販売業務を開始
1969年 株式会社友和に社名変更
    九州地区に進出
1970年 厚木物流センター完成
1973年 札幌、秋田、長野、名古屋、鹿児島などに営業所を順次開設
1975年 コンピュータによる近代管理システムを確立
1977年 本社社屋を東京都中野区に移転
1982年 埼玉県岩槻市に物流センターを新築
    オンラインによる物流管理システムを確立
1985年 受発注データをオンライン化
    社内オンラインシステム導入
1990年 台湾に現地法人を設立
1992年 福岡県朝倉市に物流センターを開設
    各センターをYDC(友和ディストリビューションセンター)と改称
1997年 中国大連市に現地法人を設立
2000年 新社長就任
    YDC岸和田を開設
2001年 「QC室」設置
2004年 「環境委員会」設置
2005年 創業40周年
    YDCさぬきを開設
    環境省チームマイナス6%運動に加盟
2006年 危機管理体制を強化
2007年 大連友和10周年記念イベント実施
2009年 友和グループ創業45年目を迎え
    「Change for Gain」~発展のための改革~を提唱
2010年 創業45周年
2011年 環境省チャレンジ25キャンペーン参画
    クオリティーコントロール本部を新設
2012年 社内外のネットワーク環境を再構築
          50周年に向けて「Back to Basics」を提唱
2013年 「E.C.O.はたらく環境改善プロジェクト」発足
          全国QCマネジャー会議初開催
2014年 創業50周年記念事業スタート
2015年 創業50周年
2016年 2016年製品安全対策優良企業特別賞受賞
2018年 2018年製品安全対策優良企業特別賞受賞
気になる

118人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません