株式会社協和企画の企業情報

株式会社協和企画

【広告|調査・研究・シンクタンク|コンサルタント】

協和企画は市場価値の高い「知識」と「経験」を獲得できる企業の一つです
1 医師・学会等への強固なパイプ
日本医師会、医師、学会、関係当局等に強固なパイプを持ち、KOL(Key opinion Leader)とのパイプを持たない顧客の要望に付加価値のある提案が可能となります。
2 医療領域におけるフルライン事業展開
 企画制作、メディア、コンベンションに加え、医薬出版、ITソリューション、リアルワールドデータ・ソリューションなど、医療領域においては日本で唯一のフルライン事業展開で、ワンストップのソリューションを提供。これにより顧客の要望に幅広い提案が可能となります。
3 インテージ・グループ・バリューチェーン
「インテージヘルスケア」の100%出資グループ会社で、「インテージ」のリソースも含めたバリューチェーンにより、データ起点のソリューション提供が大きな強みとなっています。

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • シェアNo.1サービスあり

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
フルライン事業を持つ医療専門の総合広告会社

医療専門の総合広告会社として、大きく5つのソリューションをご提供しています。

1. マーケティング:日本最大級の「院外処方箋データベース」「健保組合レセプトデータベース」を活用した顧客のマーケティングに関するリサーチ、データソリューションの提案、コンサルティング

2. エデュケーション:オンライン・プラットフォームを活用した医師の生涯教育支援(教育コンテンツ編集、診療ガイドライン出版、eラーニング実装)機能。
一般社団法人 医薬教育倫理協会(AMEE)においては医師向けの継続教育事業を単独で提供しています。

3. プロモーション:広告会社としての機能(医薬、製薬、ヘルスケアに関して企業と社会をつなぐクリエイティブワーク) 
クリエイティブワーク、製品情報概要、キービジュアル/コピー、各種製品パンフレット、定期情報誌など協力会社とともに広く手掛けています。

4. コンベンション:日本医師会生涯教育協力講座、企業セミナーの主催/共催、学会運営、各種イベント・展示会、WEBセミナー/プレスセミナーなどを企画、設計、運営する機能

5. コミュニケーション:広告会社として各種メディア機能(日本医師会専属代理店、関係当局、各団体専属取り扱い、マス媒体、医学専門媒体など)

各種学会・団体から製薬企業、ヘルスケア関連企業などのお客様の抱える課題に対し、協和企画とインテージグループのリソースを最大限に活かし総合的に解決策を提案しています。

この全ては患者様とそのご家族、そして健康な生活者様のために社会的なイノベーションを起こし続けていくのが私たちの使命です。

ビジョン/ミッション
ヘルスケア・マーケティングに 革命を起こそう!

ヘルスケア・コミュニケーション・エージェンシーとして国内トップレベルの協和企画は、医療に携わる全ての人々、そして健康な生活者様を情報で結ぶことを使命としています。

そのために、

1 データ起点の付加価値の高い提案
2 学術的専門性
3 60年もの間に医療系広告会社として培ってきた医師、学会・団体、関係当局との強力なネットワーク力

を以て、集積されてきたノウハウとコミュニケーションの知見を提供し、医療に携わるすべての団体・企業のコミュニケーション活動をサポート。お客様の課題を解決し、信頼されるパートナーとして最善の提案をしていきます。

事業戦略
「インテージグループ」とのバリューチェーン

協和企画は2018年からマーケティングリサーチのリーディングカンパニーである「インテージグループ」の一員になりました。
インテージグループには医療専門のマーケティングリサーチ領域を担う「インテージヘルスケア」があり、協和企画は2018年からインテージヘルスケアの子会社として活動しています。
その結果、メディカル、情報、という共通のリソースを今まで以上に有効活用したビジネス展開が可能になりました。
協和企画はインテージグループのビジネスのカバー範囲外を補完し、そのバリューチェーンをより完全なものにしていきます。
医療を取り巻く環境は今後ますます激変していきます。
変化とはチャンスです。
インテージグループの体制と協和企画の担う役割はの中で仕事ができることは社会人としての大きな成長に繋がると確信しています。

私たちの仕事

協和企画は総合広告会社のすべての機能を持つ国内唯一の会社です。

●マーケティング:日本最大級の「院外処方箋データベース」「健保組合レセプトデータベース」を活用した顧客のマーケティングに関するリサーチ、データソリューションの提案、コンサルティングを行う機能
データに裏打ちされた的確且つ効果的なソリューション提案により顧客の意思決定に大きな影響を与える仕事です。
データ単体では何の役にも立ちません。私たちの仕事はそのデータからどんな示唆があるのか?本質的な問題解決に必要なインサイトは何か?を導き出し、顧客の要望を越えるアイデアを提案していく仕事です。
●エデュケーション:オンライン・プラットフォームを活用した医師の生涯教育支援(教育コンテンツ編集、診療ガイドライン出版、eラーニング実装)機能
一般社団法人 医薬教育倫理協会(AMEE)においては医師向けの継続教育事業を単独で提供しています。
協和企画が長年発行している「診療ガイドライン」は「医師の治療の教科書」(科学的根拠に基づき、系統的な手法により作成された推奨を含む診療の手引き)です。患者と医療者を支援する目的で作成されており、臨床現場における意思決定の際に、判断材料の一つとして利用されます。ガイドライン制作は、学会、研究会との強固な信頼関係が不可欠となります。
その過程で築いた各治療領域のKOLと呼ばれる影響力の強い医師との強固なパイプは協和企画の貴重な財産であり、診療ガイドライン無くして、医師の生涯教育には携わることはできません。
●プロモーション:広告会社としてのメイン機能(医薬、製薬、ヘルスケアに関して企業と社会をつなぐクリエイティブワーク) 
広告会社としてはその手腕が問われる仕事の一つです。
協和企画では、医療従事者、製薬会社のMR(医薬情報担当者)・製薬卸のMS(医薬営業担当者)・患者様など、あらゆる生活者向けへの的確な情報発信のため、医薬品情報のコミュニケーションツールの企画・構成・取材・原稿執筆まで一貫した制作体制を社内に敷いています。
キービジュアル(媒体において中心となるイメージ画像のこと)やコピーなどのクリエイティブワークや製品情報概要、各種製品パンフレット、定期情報誌、座談会/記録集、文献要約など具体的な販促資材全般の制作を協力会社様と二人三脚で手掛けています。
この仕事も単純にモノを作るのではなく、題材に対する本質的な提案が求められるため、論理的に物事を考える力が必要になります。知的好奇心旺盛で一般の人には出せないアイデアを実現する力が必要です。
●コンベンション:医学・医療に関連するイベントの企画・制作・運営を行う専門集団です。
ワンストップで多様なイベントの企画が可能なのが協和企画のコンベンション事業の強みです。
業界ルール・コンプライアンスを考慮した対応、各種学会・団体・領域KOLとの強いネットワークも長年の経験から培った強みです。
コンベンション事業は日本全国で開催されるため、出張も多く、ある意味それも仕事の醍醐味とも言えます。
ゴールが明確なため終わった時の達成感がやりがいです。
企画立案から当日運営までの事前準備が仕事の80%を占めるため、イベントを企画するプロデュース能力やプロジェクトマネジメント能力が必要な仕事です。
●コミュニケーション:広告会社として各種メディア機能(日本医師会専属代理店、関係当局、各団体専属取り扱い、マス媒体、医学専門媒体など)
日本医師会専属の代理店で、医学専門媒体やTV、ラジオ、新聞、WEB等の広告枠を取り扱います。
医療業界には業界団体の自主規制や当局の省令など厳しい制約が課されるため、ある意味緻密な仕事です。広告主様とのコミュニケーションという点では渉外能力が必要な仕事です。

はたらく環境

働く仲間
風通しの良さが自慢です

30代~40代を中心とした経験豊富な先輩社員に囲まれ、日々、学ぶことがたくさんあるはずです。社内はとてもオープンな雰囲気なので積極的に意見をできる環境にあり、気持ちよく仕事ができると思います。
また、専門的な領域の仕事のためかプロフェッショナルな先輩社員が丁寧に指導してくれることも良い点です。

組織の特徴
フルフレックス勤務、テレワークなど多様な働き方

午前中は予定がなく、スケジュールが午後に偏っている日は朝一から出社するのが合理的でしょうか? 仕事内容によっては出社しなくてもできるものもあるはず。そんな時、通勤時間は無駄だと感じませんか?
もちろんやろうと思えば仕事はいくらでもありますが、質の高い仕事を効率よく行うために、会社はそれを実現できる環境を用意しています。
個人的な様々なライフイベントによって、通常の勤務が困難になってしまった時、大切な共に働く仲間を失うことなくサポートできる制度が充実しています。
出勤時間に縛られない。家でもカフェでも仕事ができる。
プロフェッショナルとして自己管理ができるならそんな柔軟な働き方のほうが実は高いアウトプットが出せるのです。

職場の雰囲気
充実のIT環境とグループ全体のナレッジワーク

フレックス勤務やテレワークなどを支える仕組みはもちろんの事、社外で働く仲間が多いこともあり、仲間同士のコミュニケーションが取りにくいのでは?という疑問もあるかと思います。そのため制度による不具合をIT環境が解決しています。離れていても情報共有が可能な環境のため不安になることはありません。
また、インテージグループ全体の取り組みとしして働き方改革でテレワークの制度を導入してから現在に至るまで、テレワークを活用した様々なTipsを全社で共有する取り組みも行っています。勿論今後もずっと続いていきます。

企業概要

創業/設立 設立 1959年3月1日
本社所在地 〒170-8630 東京都豊島区東池袋三丁目1番3号 ワールドインポートマートビル8階
代表者 代表取締役社長  高橋 直武
資本金 4070万円
従業員数 97名(内、薬剤師5名、獣医師1名) (2019年06月現在)
株主 株式会社インテージヘルスケア(インテージグループ)100%出資子会社
事業所 ●本社
〒170-8630 東京都豊島区東池袋三丁目1番3号 ワールドインポートマートビル8階
●大阪支社
〒541-0042 大阪市中央区今橋2-3-16 MID今橋ビル
気になる

249人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません