株式会社伊藤園

株式会社伊藤園の企業情報

株式会社伊藤園

【食品|商社(食品)】

今、みなさんが当たり前のように手に取っている緑茶飲料。
実は、1984年に伊藤園が世界で初めて開発に成功した製品です。
当時は、家庭で急須を使って飲むことが当たり前だった緑茶を、いつでもどこでもおいしく飲めるように「缶入り煎茶(現・「お~いお茶」)」を開発し、無糖飲料市場を開拓してきました。
この背景にあるのは、お客様からいただくご意見やご要望と向き合い、 お客様のニーズにお応えしたいという思いです。

私たちの魅力

事業内容
グループ経営理念「お客様第一主義」の実践

■伊藤園の事業
伊藤園は、お客様に健康で豊かな生活の提案を行うことを目指し、「茶葉関連事業」「飲料関連事業」を中心に展開しています。「茶葉関連事業」では、緑茶、ウーロン茶、紅茶、麦茶、ほうじ茶などのリーフ商品をはじめ、ティーバッグ、インスタント商品の開発、原料の仕入れ、加工、包装、販売までを手掛けています。「飲料関連事業」では、茶系飲料でNo.1の販売量を誇る「お~いお茶」をはじめ、ノンカフェイン飲料の「健康ミネラル麦茶」、「1日分の野菜」などの野菜飲料、「TULLY’S COFFEE」などのコーヒー飲料、「TEAs’TEA NEW AUTHENTIC」などの紅茶飲料の商品開発、原料の仕入れ、加工、包装、販売までを手掛けています。

■地域密着型の営業
伊藤園の営業の基本は「ルートセールス」です。営業担当一人ひとりが担当エリア内のお客様(一般小売店・自動販売機設置など)を直接訪問して、納品、陳列や新商品導入の商談、キャンペーンなどの提案を行います。ルートセールスは、営業担当が商談、物流、フォローまでを行うことから、お客様との信頼関係を構築できる営業スタイルです。日々お客様とコミュニケーションを取るなかでお客様の声を受け止め、それを活かすことができます。

私たちの仕事

清涼飲料(緑茶・麦茶・烏龍茶・紅茶・コーヒー・野菜・果実・その他)の製造・販売、茶葉の製造・販売、烏龍茶および紅茶の輸入・販売、健康食品の製造・販売

はたらく環境

職場の雰囲気
人に対する考え方

経営は人なり
「人材」とは、「人財」である。


伊藤園では人事制度の考え方に「実力主義」を掲げています。
学歴や性別・国籍・年齢などが、業務に関わる機会や教育を受ける機会、業績などの評価に関係することは一切ありません。
チャンスは社員一人ひとりに平等にあり、そして評価は公正に行うこと、これを基本としています。

また、社員にはチャレンジすることを恐れないでほしいと考えています。

伊藤園では、前向きなチャレンジに対して、失敗をしても減点することはありません。失敗を恐れてチャレンジをしない、行動しないことが一番良くないと考えています。みなさんのように若い感性で、ぜひ色々な事に興味を持って行動し、良い失敗をしてほしいと思います。

ただ、前向きなチャレンジをする根底には「学び」があると私は考えています。
社員一人ひとりが勉強をしなければ、会社として変化も成長もありません。
伊藤園には社員の「学びたい」という意欲に対して、「伊藤園大学・大学院」などの自己啓発の場を提供しています。
それは、企業にとって一番の強みが「人」であると考えているからです。モノを作るのも、売るのも、全て「人」です。
「人材」という言葉がありますが、伊藤園では「人財」だと考えています。
人は会社にとって財(タカラ)となるべきであり、この財(タカラ)をどのように磨いていくかは、伊藤園の使命でもあります。

今、伊藤園にはさまざまな多くの方が働いています。伊藤園で働く全ての人が、より良い環境で、少しでも長く幸せに働いていただけるよう、精一杯努力をしてまいります。一人の100歩より、100人の一歩を積み重ね、良い会社を作って行きましょう。

企業概要

創業/設立 1966(昭和41)年8月22日
本社所在地 東京都渋谷区本町3丁目47番10号
代表者 代表取締役社長 執行役員 本庄 大介
資本金 199億1,230万円
売上高 【連結】4,833億6,000万円 
【単体】3,777億8,700万円
※2020年4月期実績
従業員数 5,403名 (2020年04月現在) 男性4,793名、女性610名
事業所 営業拠点:196拠点
店舗:122店舗
工場:5カ所(静岡県(相良、浜岡)、兵庫県、福島県、沖縄県)
研究所:1カ所(静岡県)など
※2020年4月30日現在
気になる

1,739人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません