日本道路株式会社

日本道路株式会社の企業情報

東証

日本道路株式会社

【建設】

日本道路は、創業90年を誇る道路建設会社のパイオニア的存在です。高速道路、国道、空港、港湾、橋梁等の工事等、数々の国家的プロジェクトに参画し、社会基盤整備の一翼を担ってきました。その他にもレジャー施設やテニスコート・陸上競技場等のスポーツ施設等も手がけ、「道からはじまる街づくり」を行っています。また、近年の環境対策というニーズにも応え、環境関連技術分野へ積極的に取り組み、人に・地球に優しい社会の実現にも寄与しております。
「卓越した技術力」「魅力ある商品力」「総合的事業展開」の3つを事業基盤とし、新たな需要を創出する。それが日本道路です。

  • CSR活動に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
高い技術力を背景に、高速道路・空港といった大規模インフラ工事から小規模な庭先工事まで

高速道路・主要幹線道路、テストコース、一般土木・建築工事、地域開発事業、全天候型テニスコート・陸上競技場等スポーツ・レジャー施設工事ほか

私たちの仕事

若いうちから現場を任され、自ら動かすーそんな手応えの大きさは日本道路ならでは!

■1級土木を取得。見識ある技術者として成長したい!
私が最初に担当したのは、四国での高速道路の新設プロジェクト。「道路建設の大手である当社で大きな仕事をしたい」と思って入社したら、いきなり夢が叶ってしまいました。近隣にコンビニはなし。列車は1時間に1本。そんな場所での工事でしたが、完成したときの喜びは大きかったです。

西東京営業所に異動した4年目からは、主に建物の外構工事を担当しています。病院が多いですが、世界的なコーヒーチェーンのドライブスルーも担当しました。案件によりますが、設計施工で請けることも。その場合、水がたまらないようにするための排水計画から手がけます。自分で図面を作って、本社でチェックしてもらい、お客様に提案します。完成した後、自分の仕事ぶりを評価していただき、次の現場の声をかけていただけたときは嬉しいです。

私は実務経験3年を経て、4年目で1級土木施工管理技士の資格を取りました。これで技術者として大きな一歩を踏み出せたと思います。技術力が強みの当社だからこそ、見識のある技術者として成長していきたいです。

(野村圭佑/工事課/2012年入社)

はたらく環境

社風
アットホームな社風

家族的な雰囲気の中でコミュニケーションも良好。個の力を結集し、チームワークでビッグプロジェクトに取り組んでいます!

企業概要

創業/設立 1929(昭和4)年3月10日
本社所在地 東京都港区新橋1-6-5
代表者 代表取締役社長 久松 博三
資本金 122億9026万円
売上高 1462億94百万円(連結) 2019年3月末現在
従業員数 1294名 (2019年03月現在)
子会社・関連会社 エヌディーリース・システム(株)、エヌディック(株)、
スポーツメディア(株)、環境緑化(株)、(株)レインボー・コンサルタント
海外=日本道路マレーシア(株)、タイ日本道路(株)ほか
(連結対象43社)
事業所 本社=東京
支店=東京、北関東(さいたま市)、中部(名古屋市)、関西(大阪市)、四国(高松市)、中国(広島市)、九州(福岡市)、北信越(新潟市)、東北(仙台市)、北海道(札幌市)、
営業所・出張所・工場ほか=全国に拠点
気になる

3人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません