タカラスタンダード株式会社

タカラスタンダード株式会社の企業情報

東証

タカラスタンダード株式会社

【設備|住宅|建材・エクステリア】

システムキッチン、バス、洗面化粧台、トイレ等、総合住宅設備機器の製造・販売をしています。
ホーロー製住宅設備機器の提供が当社の柱であり、パイオニア企業としての地位を確立しています。
私たちはホーローの可能性を広げ、新しい住文化を提案していく企業です。

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
他社にない独自のホーロー製品で、人々の暮らしを支えています!

住宅の一部でもある住宅設備は「一生に一度の買い物」さらには、毎日使うものだからこそこだわりが強く、お客様の要望も高いものとなります。私たちタカラスタンダードは100年以上にわたって世界最高水準のホーロー素材による商品と、業界No.1設置数を誇るショールームでの提案によりお客様の要望にお応えしてきました。2015年にはインクジェット印刷技術を取り入れたホーロー建材を開発。ホーローの持つ機能性にデザイン性を加えることで、住宅のみならず人々の暮らしに新たな展開も始めています。

事業・商品の特徴
無限の可能性を秘めた素材、ホーローの未来は暮らしの未来

ホーローとは、金属の表面にガラス質のうわぐすりを高温で焼き付けたもの。金属の強さとガラスの美しさを結合させ、両者の持つ特性を最大限にいかした魔法の素材です。現在では、当社のホーロー素材は住宅設備だけでなく、建材、その他の領域での活用に新たな可能性を見出すため日々研究を重ねています。家庭の水まわりから、ビルや地下鉄構内などの建造物、さらには最先端機器まで。人々の暮らしを彩るホーローの将来性は今後も広がっていきます。

ビジョン/ミッション
100年の歴史に誇りを持ち、新しい時代を切り拓いていく

住宅ストックの余剰や少子高齢化、人口減少等により、新築住宅の需要は縮小傾向ですが、生活スタイルは刻々と変化しており、住環境改善を求めるリフォーム需要は堅調に推移しています。当社は今まで培ってきた技術力とノウハウを活かして、住宅設備機器に適した「ホーロー」を中心とした商品戦略を推し進め、さらに広い分野で挑戦をしていきます。また現在、多様化する市場ニーズに対応するために、商品のバリエーション強化や新製品の発売も進めています。私たちは、次なる100年を目指して、挑み続けています。

私たちの仕事

世界最高水準のホーロー技術を駆使し、住宅設備機器の製造・販売をおこなっています。
販売体制については全国約170ヵ所の事業所網で、徹底した地域密着型営業を展開。
特に、当社が注力をしているショールームは業界最多の設置数を誇り、商品を「見せて売る」を基本姿勢として、キメの細かな販売戦略を推進しています。

はたらく環境

社風
若いうちから仕事を任せてもらえる環境!!

若いうちから責任ある仕事に挑戦したい、自ら勝ちとった達成感を感じたい、
人との関わりの中で自分を高めていきたい・・・。
タカラの仕事や職場には、そんな「アツい想い」を注ぎ込むことができるフィールドがたくさんあります。
人々の生活に役立つ仕事に喜びを感じながら、自らの飛躍、そして成長を通して、
共に会社の発展に貢献していくことができる方からのチャレンジをお待ちしています。

企業概要

創業/設立 1912年
本社所在地 大阪府大阪市城東区鴫野東1-2-1
代表者 代表取締役社長 渡辺 岳夫
資本金 263億5,600万円
売上高 1,932億8,200万円(2019年3月)
従業員数 6,186名 (2019年03月現在) 男性:4,450名、女性:1,736名
事業所 本社/大阪

支社/東京、大阪、福岡、首都圏特販、関西特販、関東直需、関西直需

支店/北海道、青森、秋田、仙台、郡山、水戸、宇都宮、群馬、埼玉、千葉、横浜、新潟、甲府、長野、静岡、岐阜、名古屋、三重、北陸、京都、神戸、和歌山、米子、岡山、広島、四国、熊本、鹿児島、沖縄、中部特販、九州特販、東北直需、中部直需、中四国直需、九州直需 営業所含め計169ヵ所

工場/鹿島、千葉、埼玉、新潟、トナミ、岐阜、岐阜第2、北陸、三島、名古屋、知多、滋賀、びわこ、大阪、和歌山、福岡、鞍手、タカラ化工(関係会社) 工場計18ヵ所

ショールーム/全国各地171ヵ所、海外2ヵ所
気になる

187人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません