カシオ計算機株式会社

カシオ計算機株式会社の企業情報

東証

カシオ計算機株式会社

【精密機器|通信機器・コンピューター・オフィス機器|家電・AV機器】

斬新なアイデアと独自の技術力で、世界中の人々に満足を超えた驚きと感動を提供する・・・
 
CASIOの原動力は「ゼロから1を生む」発明の精神、そして社員一人ひとりの挑戦への強い意志と実現へのあくなき情熱です! あなたも一緒に、CASIOで世界を舞台に活躍しませんか?

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

私たちの魅力

事業内容
世界が気づいていない、世界へ

【事業内容】
時計、電卓、電子辞書、電子楽器、電子文具、電子レジスター、ハンディターミナル等の開発・営業


「独創的でなければ、カシオ製品ではない」
この言葉は、カシオの原点であり、社員が活動する上での礎となるものです。これまでカシオは、単に今あるものを良くするのではなく、常識の枠を捨て去り、これまでにない斬新な機能を持った製品を作り出し提供することで、人々の生活に新たな驚きと喜びをもたらしてきました。

そしてこれからも、独創的なアイデアと独自のコア技術力で新たな商品を創造し、さらに世界中に新たな文化を創造することを目指して活動していきます。

私たちの仕事

カシオは世界中に、生活をより便利に・楽しくする製品を幅広く送り出しています。

また、壊れないという価値を時計に装備したG-SHOCKも、今では電波ソーラームーブメントを搭載したモデルに進化いたしました。また次に弾く鍵盤を光がナビゲートする電子楽器など、「これは便利だな」と思うカシオの製品が皆さんの身近にあるのではないでしょうか。

カシオは、機能・デザイン・素材等に独創・最新技術を取込み、機能プラス「より小さく・薄く・軽い」究極の使いやすさを実現しています。

はたらく環境

社風
「0→1」

カシオではこの言葉をよく耳にします。

思い切ったアイデアから、全く新しい物事を生み出すという社風の現われです。

この実現には、社員個々のWILL(意思)が不可欠。
カシオがここまで成長した原動力は、世界初、日本初にトライするWILL(意思)があったからこそです。勿論、若手含め誰もが堂々と発言できる社内環境があります。

失敗を恐れず何にでもチャレンジしたい方にとって、やりがいある仕事ができます。

考えなければ意見は出ない、行動しなければWILL(意思)は実現しない。

「CASIOスピリットを貫き、次の1を生み出す」
そんな挑戦の意思を自分の言葉で語って下さる方を心からお待ちしています!

企業概要

創業/設立 設立1957(昭和32)年6月1日
本社所在地 東京都渋谷区本町1-6-2
代表者 取締役社長 樫尾 和宏
資本金 485億9200万円(2020年3月31日現在)
売上高 (単体)2121億6700万円 
(連結)2807億5000万円  
(2019年度通期)
従業員数 (単体)2702名 
(連結)11193名 (2020年03月現在)
事業所 <本社>初台本社(東京都渋谷区) 
<主要開発拠点>羽村技術センター(東京都羽村市) 
        八王子技術センター(東京都八王子市) 
<主要営業所処点>全国主要都市 
<主要営業拠点>全国主要都市
関連会社 山形カシオ(株)、カシオテクノ(株)、カシオヒューマンシステムズ(株)、(株)カシオコミュニケーションブレインズ、カシオヨーロッパ(@ドイツ)、カシオフランス、カシオイタリア、カシオロシア、カシオスカンジナビア、カシオUK、カシオインディア、カシオタイ、カシオ上海、カシオシンセン、カシオシンガポール、カシオインドネシア、カシオカナダ、カシオアメリカ、カシオメキシコ、カシオブラジル 他
気になる

108人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません